1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して100万円分のプレゼントをもらう

FXのテクニカル分析とは?代表的なテクニカル指標一覧や組み合わせについてまとめてみた

FX トレード テクニカル分析

今回は、FXのテクニカル分析についてです。

テクニカル分析とは、

『株価や通貨などの値動きの推移をグラフ化したチャートを読み分析すること』をといいます。

投資家の心理状態を分析し、今後の値動きを予測する手法です。

FXは主に『ファンダメンタル分析』『テクニカル分析』が存在します。

多くの方は後者であるテクニカル分析を活用してトレードを行っています。

テクニカル分析って名前を聞くだけで難しそうだ。

そんな事ないですよ!!

記事でわかりやすく説明するので、
これでテクニカル分析は完璧です!

今回はFXのテクニカル分析がどんなものかを徹底解説していきます。

FX初心者にもわかりやすく説明していきますので、

一緒にFXのテクニカル分析について学んできましょう!!

FXのテクニカル分析は意味ないのか?

FX初心者の方は、トレードで中々利益を出せずに、

FXのテクニカル分析には意味はないと感じてしまいがちです。

FXのテクニカル分析は意味ないと言われる理由の一つにランダムウォーク理論があります。

ランダムウォーク理論とは、FXや株式相場の値動きは予測不可能だと考える理論です。

ランダムウォーク理論が成立するのであれば、FXのテクニカル分析は意味がないとなります。

ランダムウォーク理論では、金融市場の値動きは常にランダムに動いており、

価格が上がる確率も下がる確率もどちらも50%だとしています。

しかし、テクニカル分析を用いて大きな利益を出しているトレーダーもかなり多く存在します。

つまり、ランダムウォーク理論が必ずしも成立するのかは分かりません。

FXのテクニカル分析はしっかりと分析できれば50%の優位性を自分で上げることができます。

FXのテクニカル分析のやり方

FXのテクニカル分析のやり方について説明します。

基本的なFXのテクニカル分析のやり方は以下のとおりです。

①価格情報を見る
②トレンド方向を見る
③相場の過熱度を見る

よく、FX初心者はインジケーターばかりに目が行きがちですが、

大切なのは価格情報を見るということです。

例えば、チャートパターンは価格情報そのものを見て分析しています。

ローソク足はある一定期間の始値・高値・安値・終値の4つの情報を一つにまとめたものです。

つまり、価格情報を加工したものです。

移動平均線というのは、ローソク足の終値を加工したものです。

FX テクニカル分析

より、価格情報から加工されて離れた情報ほどノイズや精度が低くなります。

FXのテクニカル分析は、より価格情報をベースに分析するのが重要になります。

FXのチャート

FXのチャートは罫線と呼ばれる通貨の値動きをグラフにしたもので分析するのが一般的です。

代表的なものは以下のとおりです。

・ローソク足
・平均足
・練行足

ローソク足

ローソク足とはローソクの形状をしたものです。

「ローソク足こそ最強のテクニカル分析だ」と思うわけです。

私自身もローソク足以上に信頼しているものはなく、最終的に判断するのはローソク足です。

FXのローソク足の見方・種類・分析方法やパターン一覧についてわかりやすく解説してみた
FXのテクニカル分析の基本はローソク足を分析することです。 ローソク足を正しく分析することができればトレードはグングン上達していきます。 今回はFXのローソク足の見方・種類・分析方法やパターン一覧についてわかりやすく解説してみました。

平均足

平均足は、日本古来から使用されているチャート分析手法です。

別名で『コマ足』や『平均コマ足』と呼ばれることもあります。

生糸相場で大儲けした相場師が秘密の線としてしようされたことで有名になりました。

FXの平均足のローソク足と違いや使い方・手法・組み合わせについて徹底解説してみた
平均足は、日本古来から使用されているチャート分析手法です。 現在、日本では平均足よりもローソク足でチャートを分析するのが主流となっていますが、 海外では日本の艶ーと分析システムが注目されており人気なっているのが平均足です。 今回は、FXの平均足のローソク足と違いや使い方・手法・組み合わせについて徹底解説してみました。

練行足

練行足(れんこうあし)とは、時間軸で動いているローソク足などのチャートではなく、

ボラティリティ(価格変動)によって動く非時系列チャートになります。

練行足は日本で誕生していますが、海外で根強い人気のあるチャートになります。

【FXのテクニカル分析】相場のノイズに騙されない!!日本発の非時系列チャート『練行足』について徹底解説してみた
相場のノイズに騙されない!! 日本発の非時系列チャート『練行足』について徹底解説してみました。

FXのトレンド系テクニカル指標

トレンド系のテクニカル指標とは、

現在トレンドが発生しているのか、上昇トレンドと下降トレンドなのか、

どれくらいの強さなのかを判断する分析ツールになります。

・移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・DMI
・パラボリックSAR
・エンベロープ

移動平均線

移動平均線

移動平均線とは、一定期間の平均価格を線でつなぎ、

価格トレンドの方向や強さを見るためのテクニカルチャートです。

FXの移動平均線の種類・期間・組み合わせについてわかりやすく解説してみた
移動平均線は、一定期間の価格の終値の平均値を繋ぎ合わせたテクニカル指標です。 移動平均線はFX初心者からFX上級者までテクニカル分析で活用されています。 今回は、移動平均線の種類・期間・組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線の上と下に線(バンド)を引く分析手法です。

その線の引き方に使われるのが、標準偏差という考え方です。

この標準偏差は乖離すると平均に近づく習性を持っています。

FXのボリンジャーバンドの設定や計算式や使い方や組み合わせについて徹底解説してみた
FX初心者からFX上級者まで広く愛されるテクニカル指標の一つにボリンジャーバンドがあります。 ボリンジャーバンドは1980年ころにジョン・ボリンジャー氏が考案した指標で、 移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことを言います。 価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まるという統計学を応用したテクニカル指標の一つです。 今回は、FXのボリンジャーバンドの設定や計算式や使い方や組み合わせについて徹底解説してみました。

一目均衡表

一目均衡表

一目均衡表とは、一目山人(ペンネーム)という人が、

長い年月をかけて開発した純国産のテクニカル分析手法です。

一目均衡表の考え方を一言でまとめるのであれば、

「為替レートの値動きは時間による影響を受けている」

というものになります。

チャートというのは、縦軸を為替レートの価格、横軸を時間にした2次元軸です。

しかし、横軸の時間は前に進んでいくだけではなく、過去に起こった値動きの支配下にあり、

現在の値動きは未来に大きな影響を与えます。

時間の流れというのは、一定の周期やリズムがあり、時間と為替変動の関係を日柄と呼び、

この考え方を形にしたのが一目均衡表になります。

一目均衡表が他のテクニカル分析手法と違うのは、為替レートや平均値を未来や過去にずらし

雲や遅行線を描画してトレード判断に使用することです。

FXの一目均衡表の基準線・転換線・ 先行スパン・遅行スパンや雲の使い方についてわかりやすく解説してみた
一目均衡表とは、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標です。 多くのテクニカル分析が価格の変化や相場の流れを重視して時間を二次的なものとして扱っているのに対して、 一目均衡表は時間を主体として、値段を二次的なものとして扱っている珍しいテクニカル指標です。 今回はFXの一目均衡表の基準線・転換線・ 先行スパン・遅行スパンや雲の使い方についてわかりやすく解説してみました。

DMI

DMI

DMIとは、正式名称はDirectional Movement Indexです。

相場のトレンドの有無を判断するために開発されたテクニカル指標です。

また、DMIだけではダマシが多いという点で、

ADXも組み合わせてダマシを減らすことが考えられます。

FXのDMI/ADXの期間・設定値や使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみた
DMIとは、正式名称がDirectional Movement Indexと呼ばれており、日本語では、「方向性指数」という意味を表しています。 RSIやパラボリックを考案したJ.W.ワイルダーが作成しました。 今回は、FXのDMI/ADXの期間・設定値や使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

パラボリックSAR

パラボリックSAR

パラボリックSARは、ピボットなどとともにJ・W・ワイルダー氏によって考案された、

売買ポイントを見極めるテクニカル指標です。

主に相場のトレンド転換点を探る時に有効的です。

エンベロープ

エンベロープ

エンベロープとは、移動平均線から上下に一定に乖離させた線のことで、

価格が移動平均線から、どの程度離れたかを見るために用います。

FXのオシレーター系テクニカル指標

オシレーター系のテクニカル指標とは、

価格の絶対水準とは関係なく現在の相場の買われすぎ・売られすぎを判断します。

・MACD
・RSI

・ストキャスティクス
・RCI
・ウィリアムズ%R
・Force Index

MACD

MACD

MACDとは、正式名称がMoving Average Convergence/Divergence Trading Methodです。

MACDは、移動平均を発展させより精度の高い分析をするために開発された、

比較的新しいテクニカル分析です。

MACDに用いられる移動平均は、

単純移動平均(SMA)ではなく、指数平滑移動平均(EMA)を使用します。

FXのMACDの計算式・設定値やオススメの手法についてわかりやすく解説してみた
MACDとは「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で、 日本語では移動平均収束拡散手法と言います。 MACDは2本の移動平均線を用いることで、相場の周期とタイミングを捉えることができます。 今回は、FXのMACDの計算式・設定値やオススメの手法についてわかりやすく解説してみました。

RSI

RSI

RSIとは正式名称は、Relative Strength Indexです。

RSIでは、現在の相場は上昇と下降、どちらに傾いているのか?を表した指標になります。

つまり、「買われすぎ」「売られすぎ」を数値化して、相場の強弱を教えてくれる、

オシレータ系の代表的なテクニカル指標です。

RSIはある一定期間(一般的に14日間)の変動幅の中でどれ位レートが上下しているのかを

0%から100%までの中で計るものです。

一般的には、上部70%以上のゾーンに入ると「買われすぎ」とされ、

下部30%以下のゾーンに入ると「売られすぎ」と判断されます。

FXのRSIの計算式・期間やオススメの手法についてわかりやすく解説してみた
RSIとは、Relative Strength Indexの略語で一定期間内の相対的な「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を表します。 RSIはJ.W.ワイルダーが考案したテクニカル指標になります。 今回は、FXのRSIの計算式・期間やオススメの手法についてわかりやすく解説してみました。

ストキャスティクス

FX ストキャスティクス

ストキャスティックスとは、

トレンドがない相場で売られ過ぎ、買われ過ぎを判断する逆張りのテクニカル手法です。

RSIとストキャスティクスは活用方法が似ていますが、

買いゾーン、売りゾーンで判断するのに対して、RSIは1本の線に対して、

ストキャスティクスは2本の線を用いて明確に売買シグナルが出るので、

相対的に判断しやすいテクニカル指標であると言えます。

FXのストキャスティクスの計算式・期間・使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみた
ストキャスティクスとは、ジョージ・レーン氏が1950年代に開発したテクニカル指標で、日本語では「推計統計学」と呼びます。 ストキャスティクスはオシレーター系指標の中でも非常に人気の高いテクニカル指標です。 今回は、FXのストキャスティクスの計算式・期間・使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

RCI

FX テクニカル分析 RCI

RCIとは、正式名称は、Rank Correlation Indexです。

RCIは、価格そのものを計算対象とせず、

時間と価格にそれぞれに順位をつけ、両者にどれだけの相関関係があるのかを指標化したものです。

FXのRCIの計算式・期間・使い方やオススメの手法についてわかりやすく解説してみた
RCIとは、英語でRank Correlation Indexの頭文字を取ったものです。 日本語に翻訳すると、「順位相関係数」という意味になります。 RCI(Rank Correlation Index)では、分析期間の時間と価格の順位の間にある相関性を 順位相関関係数で測り描画するインジケーターです。 今回は、FXのRCIの計算式・期間・使い方やオススメの手法についてわかりやすく解説してみました。

ウィリアムズ%R

ウィリアムズ%R

ウィリアムズ%Rは、著名なトレーダであるラリー・ウィリアムス氏によって考案された、

オシレーター系のテクニカル指標です。

ウィリアムズ%Rは、ストキャスティクスの%Kに近いです。

ウィリアムズ%Rは、一定期間の最高値と最安値からなる価格変動幅の中で、

直近の終値が相対的にどのレベルにあるのかを示したものです。

FXのウィリアムズ%Rの計算式・期間・使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみた
ウィリアムズ%Rとは、アメリカのリアルマネーコンテンストで資金を113倍まで増やした ラリー・ウィリアムズが作成したオシレーター系テクニカル指標です。 ウィリアムズ%Rは直近の価格の終値が一定期間の値幅の中で売られすぎと買われすぎを表すオシレーター系のインジケーターになります。 今回は、FXのウィリアムズ%Rの計算式・期間・使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

Force Index

FX Force Index テクニカル分析

Force Indexは勢力指数の指標になります。

具体的には相場トレンド・価格の変化の幅・出来高を組み合わせて考慮したインジケーターです。

計算式に出来高を含めているので、ダマシが少ないインジケーターになります。

FXのForce Indexの計算式・使い方・手法やオススメの組み合わせやインジケーターについて徹底解説してみた
Force Indexとは、相場のトレンドや価格の変化の幅や出来高を組み合わせたテクニカル指標です。 ロシア系アメリカ人のプロトレーダーのアレキサンダー・エルダーと言う人物が開発しました。 Force Indexは計算式に出来高を含めているので、ダマシが少なくシグナル発生が非常に早いので、 早い段階で相場を予測して仕掛けることが可能です。 FXのForce Indexの計算式・使い方・手法やオススメの組み合わせやインジケーターについて徹底解説してみました。

CCI

CCI

CCIは「Commodity Channel Index」の略語で

日本語では商品チャネル指数という名前です。

元々は商品先物市場での相場分析に用いられたテクニカル指標です。

FXのCCIの設定・期間・計算式や最強の組み合わせや手法についてわかりやすく解説してみた
CCIとは、ドナルド・M・ランバートによって考案されたテクニカル指標になります。 CCIはCommodity Channel Indexの頭文字を並べたもので、商品チャンネル指数と呼びます。 元々CCIは商品市場で使われるために開発されたテクニカル指標でしたが、 現在ではFXや株式投資などにも使用されます。 今回は、FXのCCIの設定・期間・計算式や最強の組み合わせや手法についてわかりやすく解説してみました。

RVI

FX RVI

RVIはRelative Volatility Indexの略で、

相対的なボラティリティ指数(相対的変動率指数)のことです。

FXのRVIの計算式・設定や最強の組み合わせや手法などをわかりやすく解説してみた
RVI(Relative Volatility Index)とは、相対的ボラティリティ指数(相対的変動率指数)のテクニカル指標になります。 RVIは1993年にドナルド・ドーシーによって開発されました。 RVIは相場のボラティリティ(変動率)が拡大もしくは縮小しているのかを判断に使用されます。 今回は、FXのRVIの計算式・設定や最強の組み合わせや手法などをわかりやすく解説してみました。

モメンタム

モメンタム

モメンタムは相場の勢いや方向性を判断するオシレータ系指標です。

FXのモメンタムの設定・使い方・手法についてわかりやすく解説してみた
モメンタムとは、相場の勢いや方向性を判断するためのオシレーター系指標になります。 モメンタムの意味は勢い・はずみになります。 基本的にトレードのエントリータイミングを判断するというよりも、 相場が買われ過ぎや売られ過ぎなどを捉える先行指標として利用します。 今回は、FXのモメンタムの設定・使い方・手法についてわかりやすく解説してみました。

ATR

ATR

ATRとは、Average True Rangeの略で、

特定の期間における価格の変動幅であるボラティリティを確認することができます。

【FXのテクニカル分析】リスク管理にオススメなボラティリティを把握できるテクニカル指標『ATR』について徹底解説してみた
リスク管理にオススメなボラティリティを把握できるテクニカル指標 『ATR』について徹底解説してみました。

FXのボリューム系テクニカル指標

FXのボリュームというのは、分量などの意味があり、

株やFXの世界では出来高、取引量のことを意味しています。

・MFI(Money Flow Index)

MFI(Money Flow Index)

FX MFI(Money Flow Index) テクニカル分析

MFI(Money Flow Index)は「資金流入指数」を指しており、

買いと売りどちらに向いているかを値動きと出来高から判断するテクニカル指標です。

おそらくオシレーター系指標だとRSIの方が知名度が高いですが、

RSIの場合は相場の変動幅だけを使用していますが、

MFI(Money Flow Index)の場合は値幅と出来高を考慮しているので精度が高くなります。

【FXのテクニカル分析】値動きと出来高から相場の過熱を判断するインジケーター『MFI(Money Flow Index)』について徹底解説してみた
値動きと出来高から相場の過熱を判断するインジケーター 『MFI(Money Flow Index)』について徹底解説してみました。

FXのビル・ウィリアムズ系テクニカル指標

ビル・ウィリアムズ氏は、取引心理学とカオス理論を組み合わせるという

市場へのユニークなアプローチを作成した有名なアメリカ人のトレーダーです。

テクニカル指標を数多く開発した人の中でも

ビル・ウィリアムズ博士は比較的新しい時代の指標開発者です。

・Alligator(アリゲーター)
・Fractals(フラクタル)

Alligator(アリゲーター)

Alligator(アリゲーター)

アリゲーターはワニの顔をモチーフとした分析手法です。

移動平均線を3本利用してエントリーポイントを探っていくテクニカル指標です。

FXのビルウィリアムズが考案したAlligator(アリゲーター)の設定や手法や組み合わせについて徹底解説してみた
Alligator(アリゲーター)とは、トレンドフォローのテクニカル指標になります。 Alligator(アリゲーター)の由来は、3つの移動平均線が『口・歯・顎』のワニの形から名付けられています。 今回は、FXのビルウィリアムズが考案したAlligator(アリゲーター)の設定や手法や組み合わせについて徹底解説してみました。

Fractals(フラクタル)

Fractal(フラクタル)

フラクタルは相場の山・谷をチャートに表示するインジで、トレンドラインの起点選びやトレイリングストップの置く位置などに利用できる、汎用性の高

Awesome Oscillator(オーサムオシレーター)

Awesome Oscillator(オーサムオシレーター)

Awesome Oscillator(オーサムオシレーター)は、

トレンドの転換点や勢いが簡単に読み取れるインジケーターです。

FXのAwesome Oscillator(AOオシレーター)の計算式や使い方や売買シグナルについて徹底解説してみた
Awesome Oscillator(AOオシレーター)とは、 数々のインジケーターを考案したビル・ウィリアムズ氏が作成したテクニカル指標になります。 今回は、FXのAwesome Oscillator(AOオシレーター)の計算式や使い方や売買シグナルについて徹底解説してみました。

FXのテクニカル分析の組み合わせの最強

移動平均線+RSI

移動平均線+MACD

移動平均線+ADX

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、トレンド系とオシレーター系の代表的なテクニカル分析手法についてまとめていきました。

正直これだけ抑えておけばテクニカル分析で困ることはないでしょう。

FX-EA System Projectについてはこちら

1,000人限定でFXの自動売買のEAを無料で配布中!!

FX-EA System Projectでは、

【1,000人限定で無料でFXの自動売買のEAを配布中】

です!!

・毎日チャートを見てるのに全く稼げなかった

・コンサルや塾に入ったけど全く稼げなかった

・裁量トレードは難しくて挫折した

・ツールやシステムを購入したが全く稼げなかった

・時間がなくて裁量トレードを行える時間がない

・自動で楽に稼ぎたい

という風に思っている方はこの企画はおすすめです。

フォワードテスト・バックテストを

しっかり行ったパフォーマンスの良いEAを提供中です!!

また、どんどん新しいEAも随時無料配布します!!

人数限定なので早いものがちです!!

もしFX-EA System Projectに興味があれば

是非参加してください。

masayaをフォローする
fx-ea-system-project
タイトルとURLをコピーしました