〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

さらに高みを目指す!!FXの裁量トレード上級者講座

FX-EA System project

今回は、FXの自動売買(EA)の短期集中講座から

さらに踏み込んで、より高度なFXの知識について説明していこうと思います。

FXをはじめてからどんどん知識や利益を出せるようになって

もっと知識や勉強がしたいと思ったよ!!

今回の記事はより踏み込んだ相場の原理原則や

トレードに必要な大切な知識が満載よ!

ではさっそく、FXの裁量トレード上級者講座をはじめていきたいと思います。

FXの原理原則

FX 原理原則 大衆心理

FXには原理原則が存在しています。

原理原則は『絶対的なものであり不変的なもの』です。

あなたは、FXの値動きを誰が動かしてるかご存知でしょうか?

私達個人投資家はもちろんですが、

銀行のディーラーやヘッジファンドや機関投資家なども相場を動かしています。

多くの人たちが一つの相場に参加していることがわかります。

つまり、相場は『多くの人間の心理』で動いています。

なので、FXのトレードで勝つために重要なのが、

『多くのトレーダーがどんな目線で相場を見ているか』というポイントです。

初心者のFXトレーダーが『損切りやロスカット』を食らうのは、

『多くのトレーダーの逆のポジション』を保有しているからです。

・FXには原理原則が存在している。
・相場は多くの人間の心理が絡み合ってできている。
・FX初心者トレーダーが負けるのは多くのトレーダーとは逆のポジションを保有するから。

・多くのトレーダーがどんな目線で相場を見ているかを判断することが大切。

FXの相場は多数決で動きます。

上方向に動くと思う人が多ければ上に動きますし、下方向に動くと思う人が多ければ下に動きます。

多くのトレーダーがどんな目線で相場を見ているのかを判断することが、

負けないトレードに繋がります。

多くの人はノウハウや手法に頼り切りですが、相場の原理原則こそFXでは大切な知識になります。

では、具体的なFXの相場の原理原則についてご紹介します。

・ダウ理論
・エリオット波動
・グランビルの法則
・フィボナッチ

ダウ理論

FX ダウ理論

ダウ理論とは、19世紀アメリカの証券アナリストであったチャールズ・ダウ氏が提唱したものです。

名前を取りダウ理論と提唱されました。

ダウ理論とは、為替相場等のトレンド的な値動きのクセにつけた呼び名です。

FXやその他の投資などで市場での値動きに現れる「トレンド」の動向が

いったん始まったら反転が証明されるまで継続するとされるクセのことを呼びます。

よく、トレンドとレンジがわかりませんという人がいますが、ダウ理論をベースに考えると

今がトレンドなのかレンジなのか把握することができます。

具体的には以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】これを読めば誰でも理解できる!!ダウ理論についてまとめてみた
今回は、これを読めば誰でも理解できる!!ダウ理論についてまとめてみました。

ダウ理論の6つの基本法則

ダウ理論の6つの基本法則について説明していきます。

1:平均はすべての事象を織り込む
2:トレンドには3種類ある
3:主要トレンドは3段階からなる
4:平均は相互に確認されなければならない
5:トレンドは出来高でも確認されなければならない
6:トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
1:平均はすべての事象を織り込む

ファンダメンタルもテクニカルも市場参加者心理もすべてひっくるめて、

チャートの値動きに織り込み済みで価格が形成されているということ。

2:トレンドには3種類ある

以下の3種類のサイクルでトレンドは形成されています。

主要トレンド:1年~数年のサイクル
二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル
小トレンド :3週間未満のサイクル
3:主要トレンドは3段階からなる

FX ダウ理論

トレンドを大きく分けると「先行期」「追随期」「利食い期」の3段階があります。

利食い期にはトレンド反転の兆候として、ボラティリティの低下やレンジ形成がみられたりします。

後ほど説明するエリオット波動に関係してきます。

4:平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的なテクニカル指標を使用した場合に、

両方のテクニカルで同じシグナルが見られない限り明らかな

トレンドと判断できないという要素になります。

5:トレンドは出来高でも確認されなければならない

出来高が高い時点で発生したトレンドは、信憑性が高いということです。

6:トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

節目となる価格でのシグナルがでたりしないと、なかなかトレンドは反転しにくいということです。

ダウ理論の重要なポイント

トレンドというのは、上昇トレンドと下降トレンドというのもが存在しています。

FX ダウ理論

そして、ダウ理論の重要なポイントですが、

「トレンドは明確なシグナルが出るまで継続する。」

ということです。非常に重要な理論です。

FX ダウ理論

この言葉が意味するのは、トレンドというのは基本的に永遠と続くもので、

そのトレンドが終わる時には明確なシグナルが出るということなんです。

トレンドが継続するということはチャートがどうなっているのかというと、

高値・安値の各々が以前の高値・安値より上にある(下降トレンドは下にある)ということです。

画像で言えば、

安値:①→③→⑤→⑦
高値:②→④→⑥→

のことです。

後ほどこの明確なシグナルが何かは記事を見ていけばわかると思うので割愛しますが、

簡単に言えば「高値・安値の各々が以前の高値・安値を更新しない」

FX ダウ理論

という逆説的な状況はトレンドが終了したことを意味します。

基本的にシグナル発生しなければ永遠とトレンドというのは続くということを頭に入れてください。

エリオット波動

FX エリオット波動

エリオット波動とは、

アメリカのラフル・ネルソン・エリオットが考案したテクニカル分析理論です。

エリオット波動とは『相場のサイクルとリズムに法則性を見出した理論』になります。

相場というのは『5波もしくは3波のパターン』で動きます。

『上昇5波・下降3波』と呼ばれる相場の周期になります。

トレンド方向の値動きには5つの波があり、トレンドに逆らう動きは3つの波から成ります。

トレンド方向の値動きである5波の動き:推進波
トレンドに逆らう動きである3波の動き:調整波

この理論は私もかなり愛用しているので非常に優位性が高いです。

具体的には以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】いい波乗ってるね!!エリオット波動をマスターしてトレンド相場で稼ごう!!
今回はいい波乗ってるね!!エリオット波動をマスターしてトレンド相場で稼ごう!! についてです。

では、それぞれの波について説明していきたいと思います。

エリオット波動の推進波について

エリオット波動の推進波の動きについて説明していきます。

今回は上記の画像の通りに説明していきます。

エリオット波動の推進波:1波

1波は、最初の上げです。

少数の人がこのタイミングで買いだと気づいて買い始めたことでの上昇です。

エリオット波動の推進波:2波

ここでは、1波で買っていたトレーダーの中に買われすぎと思い利食いします。

そのために価格が下がります。

しかし、ある程度下がるとこの為替レートは安いとなり、買われ始めるので1波の

安値を割り込むことはないです。

エリオット波動の推進波:3波

3波は通常では一番長い強いはどうです。

つまり、トレンドフォローでトレードする場合に狙いたいポイントですね。

3波は強いトレンドなので、多くの人が注目しており、大衆が買い始めるので、

1波の高値を超えて上がっていきます。

エリオット波動の推進波:4波

3波でかなり上げたので、また価格が高くなったので一部の人が利食いし始めるので、

価格が下がります。

しかしまだ多くの人が解体人もいるので4波の下げは緩やかな下げになります。

エリオット波動の推進波:5波

ここでは多くの大衆が買いに行きます。

大衆が遅れて買う理由はトレーダーの欲です。

ここまで上がると多くの大衆は買わずにはいられなくなります。

このタイミングが、最も割高になる時期です。

つまり、プロのトレーダーや大口投資家は利食いや売りをはじめていくタイミングでもあります。

その後のABCパターンという調整波が訪れます。

エリオット波動の調整波について

エリオット波動の調整波ですが、上記の画像のABCです。

この調整波には21の種類があります。

シンプルなものから複雑なものまで21種類あるので覚えられる人は覚えましょう。

ほとんど無理なので、

代表的なものだけピックアップしておきます。

ジグザグ系修正波:ジグザグ修正波とは、逆らう3波の動きに勢いが強い場合です。
フラット系修正波:フラット系修正波とは、横ばいのレンジの動きです。フラット系修正波では、基本的にa,b,cそれぞれの波動の長さは同じぐらいになります。
トライアングル系修正波:トライアングル系修正波とは、レンジの形が三角形になるタイプのことです。三角形の形はマチマチですが、基本ベースは三角形をしていることが特徴です。

エリオット波動の3原則

エリオット波動の3原則について紹介していきます。

エリオット波動をFXのトレードに活かには、

今どの波動にいるのかを理解する必要があるわけです。

エリオット波動を相場から理解する目を養うことで、

今後の相場がどのように動くのか予測できます。

原則1:3波が1波、3波、5波の上昇の中で一番短くなることはない
原則2:2波が1波のスタート地点を下回ることはない
原則3:4波が1波の高値を割り込むことはない

エリオット波動では1波と3波を狙う

エリオット波動では1波目と3波目を狙うことが非常にトレンドでは大切です。

先程説明した、ダウ理論にあった先行期と追随期というのはこの1と3波目なんですね。

多くの人は利食い期にトレンドに乗っかるので、

すでにそのタイミングでは多くの人が決済しているポイントということです。

なので、エリオット波動ではこの1波目と3波目を狙いたいですね。

1、2波目:先行期
3、4波目:追随期
5波目:利食い期(次の先行期)

グランビルの法則

FX グランビルの法則

グランビルの法則とは『ローソク足と移動平均線の動きをベースとした法則』になります。

グランビルの法則は私も愛用している一つの法則になります。

具体的には以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】最強の売買サインであるグランビルの法則ついてまとめてみた
今回は、最強の売買サインであるグランビルの法則ついてまとめてみました。

グランビルの法則の買いポイントと売りポイント

FX グランビルの法則 8つ 売買サイン

グランビルの法則の「4つの買いサイン」と「4つの売りサイン」について説明していきます。

買いポイント
買い1:水平から上向きの移動平均線の上抜きポイント
買い2:上昇中の移動平均線を、下抜けての反発ポイント
買い3:上昇中の移動平均線にタッチ・反転ポイント
買い4:移動平均線から大きく乖離したポイント
売りポイント
売り1:水平から下向きの移動平均線の下抜きポイント
売り2:下降中の移動平均線を、上抜けての反発ポイント
売り3:下降中の移動平均線にタッチ・反転ポイント
売り4:移動平均線から大きく乖離したポイント

フィボナッチ

FX フィボナッチ

フィボナッチとは『フィボナッチ比率に基づいて、サポートとレジスタンスを予測する』

テクニカル分析ツールの一つです。

相場は、トレンドが発生しても一直線に進み続けることは無く、必ず上下動しながら、

上昇トレンド中の『押し目』と下降トレンド中の『戻し』を形成します。

フィボナッチを使うことで、これがどこで発生するのか予測をするというものです。

【FXのテクニカル分析】芸術的なトレード!!美しくトレードができるフィボナッチについてまとめてみた
今回は、芸術的なトレード!!美しくトレードができるフィボナッチについてまとめてみました。

フィボナッチ比率について

フィボナッチ比率とは、フィボナッチ数列から計算されています。

これは数学の知識になりますが、

1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233,377・・・

といった感じで、永遠と繰り返されるこの数列を、フィボナッチ数列といいます。

これ以上書くと数学の勉強になるので割愛します。

フィボナッチでの重要な比率

フィボナッチは以下の比率がサポートライン・レジスタンスラインになります。

「23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%」

多くのトレーダーはこの5つを注目しており、この5つ以外の比率は覚えなくても良いです。

FXの相場に現れる優位性のあるパターン

FXの相場には、過去のチャートを見返すと頻繁に現れるパターンが存在しています。

チャートに何度も過去に出現する一定のパターンから分析する手法を

『フォーメーション分析』と呼びます。

具体的には以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】永久保存版!!頻繁に現れるチャートパターンからトレードする『フォーメーション分析』について徹底解説してみた
永久保存版!!頻繁に現れるチャートパターンからトレードする 『フォーメーション分析』について徹底解説してみました。

多くのトレーダーは過去のチャートから未来を予測しているので、

頻繁に現れるチャートパターンは、多くの人が意識して見ているので優位性が高いです。

実際にどのようなパターンがあるのか簡単に説明していきます。

◉ダブルトップ・ダブルボトム
◉トリプルトップ・トリプルボトム
◉ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダー
◉ペナント

ダブルトップ・ダブルボトム

FX フォーメーション分析 ダブルトップ ダブルボトム

ダブルトップ・ダブルボトムとは、代表的なチャートパタンの一つです。

ダブルトップは天井圏で出現しやすい形であり、

相場の天井を示す売りシグナルのチャートパターンです。

ダブルボトムは底値圏で出現しやすい形であり、

相場の底を示す買いシグナルのチャートパターンです。

トリプルトップ・トリプルボトム

FX フォーメーション分析 トリプルトップ トリプルボトム

トリプルトップ・トリプルボトムとは、

ダブルトップ・ダブルボトムの山が3つ形成するパターンです。

トレンド転換のサインになるチャートパターンの一つです。

ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダー

FX フォーメーション分析 ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーはチャートの形が頭と2つの肩のように見えることから

ヘッドアンドショルダーと呼ばれています。別名『三尊』とも呼ばれます。

ヘッドアンドショルダーは真ん中の山が一番大きく形成された後に、

2つの谷を結んだネックラインを割り込むとトレンド転換します。

上昇ペナント・下降ペナント

FX フォーメーション分析 ペナント

ペナントとは、レンジ相場で見られるチャートパターンです。

非常に確度の高いトレードができ、取るべきトレード戦略も決まっているので、

積極的にこのチャートパターンは取りに行きましょう。

FXの相場で意識されるライン

FXの相場では、ラインが意識がされることがわかっています。

ラインから分析すること『ライントレード』と呼びます。

具体的には以下の記事を参照してください。

【FX初心者】ライントレードで勝つ!!ラインを利用したトレード方法についてまとめてみた
今回は、ライントレードで勝つ!!ラインを利用したトレード方法についてまとめてみました。
◉サポートライン・レジスタンスライン
◉トレンドライン

サポートライン・レジスタンスライン

FX サポートライン レジスタンスライン

サポート・レジスタンスについて説明していきます。

サポートライン:買い圧力が多いと思われる価格帯のこと。
レジスタンスライン:売り圧力が多いと思われる価格帯のこと。

その他の優位性のある原理原則

その他の優位性のある原理原則について紹介していきます。

・時間足
・キリ番(ラウンドナンバー,ダブルオー)

FXのトレードにおける時間足の重要性について

FX トレード 時間足

時間足の重要性についてご紹介したいと思います。

時間足というのは「長い時間足から短い時間の順に見ていくことことが大切」です。

理由は簡単で、

「長い時間足は、常に短い時間足を支配していることより、

短い時間足は、長い時間足の流れに逆らうことはできないから」

です。

特に私が考える時間足の考え方なのですが、

『短期時間軸、中期時間軸、長期時間軸』という3つの時間軸を活用することが大切です。

・長い時間足から短い時間の順に見ていくことことが大切。
・理由は長い時間足は、常に短い時間足を支配していることより、短い時間足は長い時間足の流れに逆らうことはできないから。
・短期時間軸、中期時間軸、長期時間軸という3つの時間軸を活用する。

例えば、この3つの時間軸が上昇トレンドであれば、その流れにトレードすることでより

安定し利益を伸ばせるトレードができるからです。

その中で私が使う時間足についてご紹介しておきます。

短期時間軸:5分足
中期時間軸:1時間足
長期時間軸:日足

キリ番(ラウンドナンバー,ダブルオー)

FX キリ番 ラウンドナンバー ダブルオー

キリ番とは、ラウンドナンバーやダブルオーとも呼ばれます。

キリ番は『キリの良い番号』を縮めた言い方です。

キリ番とは、端数を処理したキリの良い数字のことで、

通貨の末尾が『00(ゼロゼロ)』となっている100.00や101.00などの数字を指します。

これらの数字は、トレーダーに心理的な影響を与えることが知られています。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はさらにテクニカル分析を踏み込んだ内容をまとめていきました。

裁量トレードで稼ぐことも大切ですが、

結局多くの人が自分でトレードするよりも機械的にトレードしたいとなり、

FXの自動売買(EA)にたどり着くので、

もしあなたがより効率的に資産を増やそうと思っていればFXの自動売買(EA)をオススメします。

FX-EA System Projectについてはこちら

タイトルとURLをコピーしました