1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して100万円分のプレゼントをもらう

【FX手法】Forex Stationで人気なXARDシリーズがついに完結!?最新作『MONSTERg-v3』について徹底解説してみた【メンバー限定】

4.5
XARD MONSTERg-v3 FX手法

Forex Stationで人気なXARDシリーズがついに完結!?

最新作『MONSTERg-v3』について徹底解説してみました。

XARDシリーズついに完結

XARD MONSTERg-v3 

XARDシリーズは海外で話題となっているシステムです。

以前このブログでもXARDシステムは紹介しました。

【FX手法】海外のForex Stationで人気絶大なトレードシステム『XARD』について徹底解説してみた【メンバー限定】
海外のForex Stationで人気絶大なトレードシステム『XARD』について徹底解説してみました。

開発者のXARD氏がうまく行けばこれが最後のアップロードだと言っています。

XARD MONSTERg-v3 Forex Station

そんなMONSTERg-v3を徹底解説して行きたいと思います。

XARD MONSTERg-v3のインジケータ

XARD MONSTERg-v3のインジケータについて説明します。

メインウィンドウ

XARD MONSTERg-v3 

MONSTER V3

MONSTER V3はメインに表示されている2本のハル移動平均線(HMA)になります。

HMAについては以下の記事を参照してください。

FXのハル移動平均線(HMA)の期間や手法やインジケーターについてわかりやすく解説してみた
ハル移動平均線(HMA)とはAlan Hullによって2005年に作成された移動平均線です。 海外のFXトレーダーには人気の移動平均線になります。 多くの種類の移動平均線が弱みとしている遅延を軽減して、さらにダマシも少なくするよう開発されています。 今回はFXのハル移動平均線(HMA)の期間や手法やインジケーターについてわかりやすく解説してみました。

HMAの特徴は、加重移動平均を使用することで『価格変動への反応が早い』という点です。

また、2本のHMAを活用することでトレンド状態を把握することができます。

2本のHMAが青色:強い上昇トレンド→ローソク足も青色になる
2本のHMAが赤色:強い下降トレンド→ローソク足もピンク色になる
2本のHMAがバラバラ:弱いトレンド→ローソク足は灰色になる

他にもMONSTER V3は機能があり、CCIの状態によってチャートの背景が色が変わります。

青色:上昇トレンド
赤色:下降トレンド

CCIについては以下の記事を参照してください。

FXのCCIの設定・期間・計算式や最強の組み合わせや手法についてわかりやすく解説してみた
CCIとは、ドナルド・M・ランバートによって考案されたテクニカル指標になります。 CCIはCommodity Channel Indexの頭文字を並べたもので、商品チャンネル指数と呼びます。 元々CCIは商品市場で使われるために開発されたテクニカル指標でしたが、 現在ではFXや株式投資などにも使用されます。 今回は、FXのCCIの設定・期間・計算式や最強の組み合わせや手法についてわかりやすく解説してみました。

Cycle Channel

CycleChannelは外の黒色の線になります。

ほとんど触れることが無いですが、タッチした場合は利確ポイントや逆張りトレードに使用します。

ZiGZAG

ZiGZAGがあります。薄い灰色と濃い灰色の二種類の期間によって表示されています。

また、2つのZigZagが重なったポイントは『シグナル』が表示されます。

ARRZZ

ARRZZはZiGZAGラインになります。

黄色の波線:レジスタンスライン
緑色の波線:サポートライン
青シグナル:ロングエントリー
赤シグナル:ショートエントリー

Daily Open

Daily Openは前日の始値を表示しています。

緑色:ローソク足がDaily Open Lineよりも上に位置している→ロングエントリーのみ
黄色:ローソク足がDaily Open Lineよりも下に位置している→ショートエントリーのみ

OCTAVE MATH

OCTAVE MATHはMurrey Math linesになります。

Murrey Math linesについては以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】マレー数学を用いたサポレジライン『Murrey Math lines』について徹底解説してみた
マレー数学を用いたサポレジライン『Murrey Math lines』について徹底解説してみました。

サブウィンドウ

XARD MONSTERg-v3 

RSI

RSIについては以下の記事を参照してください。

FXのRSIの計算式・期間やオススメの手法についてわかりやすく解説してみた
RSIとは、Relative Strength Indexの略語で一定期間内の相対的な「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を表します。 RSIはJ.W.ワイルダーが考案したテクニカル指標になります。 今回は、FXのRSIの計算式・期間やオススメの手法についてわかりやすく解説してみました。

RSIの状態によってサブウィンドウのメッセージが変わります。

0ラインよりも上にある:上昇トレンド→BUYS ONLYと表示される
0ラインよりも下にある:下降トレンド→SELLS ONLYと表示される

Spike

Spikeは急激な急上昇や急降下時のスパイクバーを見つけるためのインジケータです。

主にトレンドの反転を示唆するために使用します。

赤色:上昇トレンドが転換するサイン
緑色:下降トレンドが転換するサイン

HMA Trend

サブウィンドウのボッチのようなものはHMA Trendになります。

2列が青丸:上昇トレンド→青い矢印が表示される
2列が赤丸:下降トレンド→赤い矢印が表示される

XARD MONSTERg-v3のトレード

XARD MONSTERg-v3のトレードについて説明します。

XARD MONSTERg-v3のトレードは順張りでも逆張りでも対応可能なFX手法となっています。

時間足

15分足でトレードします。

通貨ペア

通貨ペアは何でも良いです。

順張りトレード

順張りのロングエントリーは以下の条件が揃った時にエントリーします。

XARD MONSTERg-v3 

〜ロングエントリー〜
①:Daily Openよりもローソク足が上にある

②:MONSTER V3が青色
③:RSIが青色
④:HMA Trendが青色

XARD MONSTERg-v3 

順張りのショートエントリーは以下の条件が揃った時にエントリーします。

〜ショートエントリー〜
①:Daily Openよりもローソク足が下にある

②:MONSTER V3が赤色
③:RSIが赤色
④:HMA Trendが赤色

逆張りトレード

逆張りのロングエントリーは以下の条件が揃った時にエントリーします。

XARD MONSTERg-v3 

〜ロングエントリー〜
①:CycleChannelの下チャネルラインにローソク足がタッチする

②:ZIGZAGのロングシグナルが表示されている
③:Spikeのシグナルの緑色が表示されている

逆張りのショートエントリーは以下の条件が揃った時にエントリーします。

XARD MONSTERg-v3 

〜ショートエントリー〜
①:CycleChannelの上チャネルラインにローソク足がタッチする

②:ZIGZAGのショートシグナルが表示されている
③:Spikeのシグナルの赤色が表示されている

まとめ

XARDシリーズは無料なのに非常に高性能で海外から人気の高いFX手法です。

もし興味があれば。ぜひMONSTERg-v3をダウンロードしてトレードしてみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました