1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して100万円分のプレゼントをもらう

FXのパラボリックSARの設定値・計算式・使い方や手法についてわかりやすく解説してみた

FX パラボリックSARFXのテクニカル分析

パラボリックSARとは

パラボリックSARは、J・W・ワイルダー氏によって考案されたテクニカル指標です。

パラボリックSARはFXだけではなく、株式相場でも使用されており、

なんと、40年以上にわたって使われている歴史のあるテクニカル指標です。

パラボリックという言葉は放物線状を意味します。

点の並び方が放物線を描いているため、パラボリックという名がつけられています。

SARとは「ストップアンドリバース(Stop and Reverse)」の略です。

パラボリックSARはストップ(止まる)とリバース(反転する)という

トレンドの転換点を見極めるときに有効活用できます。

パラボリックSARはトレンド相場で信頼性が高く使えるテクニカル指標の一つ

パラボリックSARは信頼性の高い使えるテクニカル指標の一つです。

パラボリックSARは、トレンド系指標であるためトレンド相場で力を発揮します。

しかし、チャートが上下するレンジ相場ではパラボリックSARはうまく機能しません。

パラボリックSARはマニアックな部類に入りますが、

パラボリックSARを使うFXのトレーダー仲間たちにパラボリックSARの評価を聞くと、

非常に使い勝手がよくトレンド相場での信頼性が高いと言っています。

パラボリックSARの計算式

パラボリックSARの計算式は以下のとおりです。

SAR =(EP−前日のSAR)×(AF)+(前日のSAR)

計算式に含まれる要素は以下の3つです。

・EP:極大値
・AF:加速因子
・SAR:パラボリックの値

EP(Extreme Price)は極大値という意味です。

EPが示す値は以下の2点です。

・上昇トレンド時の期間中の最高値
・下降トレンド時の期間中の最安値

AF(Acceleration Factor)は加速因子という意味です。

パラボリックの感度を決める値です。

上昇トレンド中は、新高値を更新するたびにAFが+0.02ずつ増加します。

下降トレンド中は、新安値を更新するたびにAFが+0.02ずつ増加します。

AFの値は、新高値もしくは新安値を更新するたびにAFは初期値の分だけ増加します。

トレンドが変化した直後のSARの初期値は、以下のとおりです。

上昇トレンドに変化した初期値:前回の下降トレンドの最安値
下降トレンドに変化した初期値:前回の上昇トレンドの最高値

SARの初期値からトレンドが終わるまで、点が放物線状に並びパラボリックSARを形成されます。

パラボリックSARの使い方

パラボリックSARの使い方について説明します。

・トレンド判断できる
・トレンドの強弱を判断する
・トレンド転換を判断する

トレンド判断できる

FX パラボリックSAR

パラボリックSARで、トレンドが上昇しているか下降しているかを判断できます。

SARの点の位置をチェックしましょう。

上昇トレンドの場合:SARの点がローソク足の下にある
下降トレンドの場合:SARの点がローソク足の上にある

トレンドの強弱を判断する

FX パラボリックSAR

パラボリックSARはトレンドの強弱もわかります。

SARの点の間のスキマとトレンドの強弱が比例しています。

2つの点のスキマが広いとトレンドが強く、スキマが狭いほどトレンドが弱いことを示します。

スキマが徐々に広がっていった場合は、強いトレンドが発生していると判断できます。

トレンド転換を判断する

FX パラボリックSAR

パラボリックSARは、トレンドが上昇から下降へ、

もしくは下降から上昇へと切り替わるトレンドの転換点を示します。

SARの点とローソク足が交差する箇所が、トレンドの向きが変わる転換点です。

パラボリックSARの組み合わせ

パラボリックSARの組み合わせについて説明します。

パラボリックSARと移動平均線を組み合わせる

パラボリックSARと移動平均線を組み合わせるのも良いです。

FXの移動平均線の種類・期間・組み合わせについてわかりやすく解説してみた
移動平均線は、一定期間の価格の終値の平均値を繋ぎ合わせたテクニカル指標です。 移動平均線はFX初心者からFX上級者までテクニカル分析で活用されています。 今回は、移動平均線の種類・期間・組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

移動平均線よりもローソク足が上にある状態で、

パラボリックSARがローソク足よりも下に点灯している場合はロングエントリーできます。

FX パラボリックSAR

移動平均線よりもローソク足が下にある状態で、

パラボリックSARがローソク足よりも上に点灯している場合はショートエントリーできます。

FX パラボリックSAR

パラボリックSARとMACDを組み合わせる

パラボリックSARとMACDを組み合わせるのも良いです。

FXのMACDの計算式・設定値やオススメの手法についてわかりやすく解説してみた
MACDとは「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で、 日本語では移動平均収束拡散手法と言います。 MACDは2本の移動平均線を用いることで、相場の周期とタイミングを捉えることができます。 今回は、FXのMACDの計算式・設定値やオススメの手法についてわかりやすく解説してみました。

MACDが下降ダイバージェンス中に

ローソク足の下にパラボリックSARが点灯したらロングエントリーします。

FX パラボリックSAR

MACDが上昇ダイバージェンス中に

ローソク足の上にパラボリックSARが点灯したらショートエントリーします。

FX パラボリックSAR

まとめ

パラボリックSARはトレンド相場にめっぽう強いテクニカル指標です。

ぜひ、移動平均線やMACDなどと組み合わせて利用してみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

1,000人限定でFXの自動売買のEAを無料で配布中!!

FX-EA System Projectでは、

【1,000人限定で無料でFXの自動売買のEAを配布中】

です!!

・毎日チャートを見てるのに全く稼げなかった

・コンサルや塾に入ったけど全く稼げなかった

・裁量トレードは難しくて挫折した

・ツールやシステムを購入したが全く稼げなかった

・時間がなくて裁量トレードを行える時間がない

・自動で楽に稼ぎたい

という風に思っている方はこの企画はおすすめです。

フォワードテスト・バックテストを

しっかり行ったパフォーマンスの良いEAを提供中です!!

また、どんどん新しいEAも随時無料配布します!!

人数限定なので早いものがちです!!

もしFX-EA System Projectに興味があれば

是非参加してください。

FXのテクニカル分析
masayaをフォローする
fx-ea-system-project

コメント

タイトルとURLをコピーしました