1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して100万円分のプレゼントをもらう

FXで有名なビル・ウィリアムズ氏が考案したFractals(フラクタル)の使い方についてわかりやすく解説してみた

FX Fractals(フラクタル)FXのテクニカル分析

Fractals(フラクタル)とは

Fractals(フラクタル)は、ビル・ウィリアムズ氏が考案した

底と天井の検出を可能にするテクニカル指標です。

Fractals(フラクタル)は相場の山・谷をチャートに表示し、

ラインを引く補助として活用したり、TPやSLの置く位置などに利用できる汎用性の高いツールです。

Fractals(フラクタル)とは、トレンドの転換点を見極めるために使用するテクニカル指標です。

Fractals(フラクタル)は、あまり日本では馴染みが薄いですが、

海外では重要指標として活用されています。

Fractals(フラクタル)は後からサインが付いてくる後出しのインジケーターです。

Fractals(フラクタル)が完成して矢印が表示されるには、

Fractals(フラクタル)の右側の2本目のローソク足が確定するのを待つ必要があります。

そのため、トレードのシグナルとして少し遅行性があります。

FX Fractals(フラクタル)

Fractals(フラクタル)の使い方

Fractals(フラクタル)の使い方について説明します。

Fractals(フラクタル)をラインを引く目安にする

Fractals(フラクタル)をベースにラインを引くことで、

水平線やトレンドラインが簡単に引けます。

以下のようにFractals(フラクタル)をベースに水平線を引くことができますし、

FX Fractals(フラクタル)

以下のようにFractals(フラクタル)をベースにトレンドラインも引くことができます。

FX Fractals(フラクタル)

また、Fractals(フラクタル)の水平線を応用するとロールリバーサルを狙えます。

Fractals(フラクタル)をベースにしたロールリバーサルのロングエントリーです。

FX Fractals(フラクタル)

Fractals(フラクタル)をベースにしたロールリバーサルのショートエントリーです。

FX Fractals(フラクタル)

Fractals(フラクタル)をエリオット波動のカウントに使う

フラクタルスタートからフラクタルシグナルまでの値動きを線で繋ぐと、

エリオット波動の1波から5波までを可視化することができます。

FX Fractals(フラクタル)

エントリーとして活用する

Fractals(フラクタル)はエントリーとしても活用することができます。

Fractals(フラクタル)ができた後に、

反対側にもうひとつのFractals(フラクタル)が完成すると

はじめのFractals(フラクタル)をフラクタルスタートと呼びます。

そして、反対側に形成されたFractals(フラクタル)をフラクタルシグナルと呼びます。

FX Fractals(フラクタル)

フラクタルシグナルは、エントリーのシグナルとなります。

フラクタルシグナルをブレイクアウトした方向へ順張りでエントリーします。

FX Fractals(フラクタル)

Fractals(フラクタル)の組み合わせ

Fractals(フラクタル)は基本的には単体として活用するテクニカル指標ではありません。

Fractals(フラクタル)の組み合わせでオススメなのがAlligator(アリゲーター)ですね。

Alligator(アリゲーター)とは、ビル・ウィリアムズが開発したインジケーターです。

3本の移動平均線をベースに作られており、移動平均線が開いたときに、

ワニの口が開いているように見えるため、Alligator(アリゲーター)という名前がつけられたようです。

FXのビルウィリアムズが考案したAlligator(アリゲーター)の設定や手法や組み合わせについて徹底解説してみた
Alligator(アリゲーター)とは、トレンドフォローのテクニカル指標になります。 Alligator(アリゲーター)の由来は、3つの移動平均線が『口・歯・顎』のワニの形から名付けられています。 今回は、FXのビルウィリアムズが考案したAlligator(アリゲーター)の設定や手法や組み合わせについて徹底解説してみました。

Alligator(アリゲーター)は、トレンドの始まりと継続と終わりを可視化し、

Fractals(フラクタル)は、値動きの位相関数Phase Spaceを可視化します。

Fractals(フラクタル)とAlligator(アリゲーター)を組み合わせることで、

Alligator(アリゲーター)の中期線(赤い線)よりも上に

下向きのフラクタルが表示された場合ロングエントリーを狙うことができます。

FX Fractals(フラクタル) アリゲーター

Alligator(アリゲーター)の中期線(赤い線)よりも下に

上向きのフラクタルが表示された場合ショートエントリーを狙うことができます。

FX Fractals(フラクタル) アリゲーター

このようにビルウィリアムズ系のテクニカル指標を組み合わせるのが、

Fractals(フラクタル)はオススメになります。

まとめ

Fractals(フラクタル)は、あまり日本のFXトレーダーには馴染みの薄いため、

使われる頻度が少ないテクニカル指標ですが、

Fractals(フラクタル)は使い方次第でかなり化けるテクニカル指標です。

もし、興味があればぜひ活用してみてください。

1,000人限定でFXの自動売買のEAを無料で配布中!!

FX-EA System Projectでは、

【1,000人限定で無料でFXの自動売買のEAを配布中】

です!!

・毎日チャートを見てるのに全く稼げなかった

・コンサルや塾に入ったけど全く稼げなかった

・裁量トレードは難しくて挫折した

・ツールやシステムを購入したが全く稼げなかった

・時間がなくて裁量トレードを行える時間がない

・自動で楽に稼ぎたい

という風に思っている方はこの企画はおすすめです。

フォワードテスト・バックテストを

しっかり行ったパフォーマンスの良いEAを提供中です!!

また、どんどん新しいEAも随時無料配布します!!

人数限定なので早いものがちです!!

もしFX-EA System Projectに興味があれば

是非参加してください。

FXのテクニカル分析
masayaをフォローする
fx-ea-system-project

コメント

タイトルとURLをコピーしました