大衆心理を使いこなせ!!FXの活用できる心理学について徹底解説してみた

FX 心理学

FXの心理学について

今回は、FXの心理学について説明していきます。

心理学は非常にFXでは有効的な知識になります。

自分が陥ってしまいがちな心理的状況や、

逆に相手の心理状況を逆手に取ったトレードなど行うことができます。

今回は、FXのトレードで大切な心理学についてご紹介したいと思います。

心理学というのは名前からして難しそうだ。

初心者でもわかりやすいように丁寧に書いてあるから

心理学についてはバッチリよ!!

これからFXで心理学を活用してトレードしましょ!

FXの心理学

FXというのは9割が負けており、残りの1割だけが勝つことができると言われています。

なぜ多くの人がFXで負けて少数の人がFXで勝てるのか?

トレードの手法やロジックなどもありますが、

『トレーダー心の心理的な問題』

というのが非常に重要になっています。

・ここで買えば稼げるはず

・ここで売れば稼げるはず

・ここまで上がったら売ってみよう

・ここまで下がったら買ってみよう

・ここが限界だから損切りしよう

相場というのは人が操作しているので、トレーダーの心理状況がチャートに反映されます。

これはあなた自身ももちろん多くのトレーダーも人間である以上、

心理というのが働きます。

つまり、人が相場を操作している以上人の心理がFXでは重要になるということです。

FXにおいて心理学を学ぶことで他のトレーダーよりもトレードで優位に立つことができます。

今回はFXの心理学について詳しく書いていこうと思います。

行動経済学とは

FX 行動経済学

行動経済学を心理学を話す前にご紹介したいと思います。

なぜ、行動経済学がFXと心理学に関係するのかというと、

この行動経済学は『経済は感情で動く』という考えがベースとなっています。

古典的な経済学では、『人間は利益が最大になるように合理的に行動する』

と仮定されていますが、現実的に考えるとそうではありません。

特に、FXなどの金融市場というのは合理的に行動するだけではなく

人間の感情が相場に反映されやすいです。

だからこそFXでは人の心理である心理学を学ぶことでFXで稼ぐことに繋がるということです。

FXで心理学を学ぶ2つの理由

FX 心理学

FXで心理学を学ぶ理由についてご紹介したいと思います。

FXで心理学を学ぶ理由1:心理学を活用して自分の性格などを分析しFXに活かせる

FX自分の強みと弱みをしっかりと理解する必要があるからです。

あなた自身がどのような性格で自分の強い部分を伸ばしていき、

弱い部分を意識してコントロールしていくことで、劇的にFXのトレードが変化します。

ですので、しっかりと自分を見つめ直すことや

分析すると言った意味で心理学を学ぶことが大切です。

FXで心理学を学ぶ理由2:大衆心理を理解することができる

FXの相場は人が動かしているので、あなたの感情はもちろん

多くのトレーダーも感情によりトレードしています。

つまり、心理学を学ぶということはチャートの先にいる

トレーダーの心理状況を把握することができ、大衆心理を理解することができるわけです。

大衆心理を理解できるようになれば、

どのタイミングで大きく動くのかやどの目線を持っているのかなど

トレーダーの心理状況を丸裸にすることができます。

今までは相場に振り回されている側だったのに対して

心理学を学ぶことで相場を動かす側になれるということです。

【FX初心者】トレンドに上手く乗っかれる!!FXの重要な考え方である『大衆心理』について徹底解説してみた
今回は、レンドに上手く乗っかれる!! FXの重要な考え方である『大衆心理』について徹底解説してみました。

FXで重要な4つの心理学

FX 心理学

FXで重要な4つの心理学についてご紹介したいと思います。

FXの心理学1:プロスペクト理論

FX 心理学 プロスペクト理論

プロスペクト理論とは、1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって

公開されたもので。不確実性下における意思決定モデルの1つです。

このプロスペクト理論はFXでは有名です。

今から2つの質問をします。

〜質問1〜

AとBの2種類の宝くじがある。どちらを選びますか?

A:必ず10万円当たる

B:50%の確率で20万円当たるが、50%の確率でハズレる。

〜質問2〜

あなたには200万円の借金があるとします。どちらを選びますか?

A:無条件に借金が100万円に減額される

B:50%の確率で借金はゼロになるが、50%の確率で借金は減らない。

この質問で

質問1:Aと回答

質問2:Bと回答

を選ぶというのがプロスペクト理論になります。

つまり、ほとんどの人は利益に関して

『利益はリスク回避を優先して、損失は損失そのものを回避する傾向がある』

ということです。

もっと簡単に言うと

『利益が100%あるならほしいけど払わなくていい損失があれば払いたくない』

という都合いいジャイアンみたいな考え方を多くの人がするということです。

プロスペクト理論をFXに置き換えると

FX 心理学 プロスペクト理論

プロスペクト理論をFXに置き換えた場合、

『利益が伸ばせずすぐに利確してしまう』

『損切りができずどんどん含み損が大きくなる』

ということになります。

プロスペクト理論とは先程も説明したとおり

『利益が100%あるならほしいけど払わなくていい損失があれば払いたくない』

という感情です。

つまりFXで利益が出た時点ですぐに利確してしまい、

逆に損失が出れば含み益になるまでホールドしてしまうということに繋がります。

プロスペクト理論を克服するには

プロスペクト理論をコントロールするには、

・期待値を計算する

・トレードルールを決める

ということが大切になります。

無意識に選ぼうとしていた選択肢に対して

合理的に判断して期待値をしっかりと分析することが大切です。

そして条件を設定し、それを満たしたかどうかで

機械的に判断してトレードすることも大切になります。

【初心者必見】FXの自動売買ではトレードルールが重要!?ルールが守れるメンタルの作り方とは?
今回は、FXの自動売買ではトレードルールが重要!? ルールが守れるメンタルの作り方についてまとめてみました。

FXの心理学2:サンクコスト効果・コンコルド効果

FX 心理学 サンクコスト効果 コンコルド効果

サンクコスト効果・コンコルド効果はFXでは非常に有名な心理学になります。

サンクコスト効果とコンコルド効果は同じ意味になります。

サンクコスト効果・コンコルド効果とは、簡単に説明すると

『過去に発生した出来事がもったいないという心理によって現在の意思決定に影響を及ぼす』

という意味です。

もう少し簡単に説明すると、

あなたが好きになった人にフラれた場合、普通ならそれで諦めますが、

何回もデートやプレゼントでお金を使っているので引くに引けなくなっている

そんな心理状況もサンクコスト効果・コンコルド効果になります。

サンクコスト効果・コンコルド効果をFXに置き換えると

サンクコスト効果・コンコルド効果をFXに置き換えると

今まで稼いだお金がコツコツドカンで減ってしまった場合

取り戻すためにギャンブルチックにトレードしてしまいがちになったり、

含み損を抱えた時にトレードに費やした時間やお金を考えると損切りできない

などが該当します。

サンクコスト効果・コンコルド効果を克服するには

サンクコスト効果・コンコルド効果をコントロールするには

過去のことを忘れて今の現状をベースに判断することが大切です。

過去を振り返ることは大切なのですが、

過去の要因が足を引っ張りうまく未来へ進めなければ意味がありません。

過去のサンクコスト効果・コンコルド効果を無視して投資判断ができるようになりましょう。

FXの心理学3:認知的不協和

FX 心理学 認知的不協和

認知的不協和とはアメリカの心理学者のレオン・フェステンガーによって提唱された理論です。

この理論は、

『自分が納得のいかない事実に遭遇すると、それを合理化しようとして異なる事実を作り上げる』

というのが認知的不況和になります。

人間というのは自分の中にある「つじつまの合わない矛盾」を嫌う生き物です。

例えば本能的に人間は健康でありたいと思いますが、

たばこを吸ったりお酒飲むということは健康でありたいという本能とは一致しない行動です。

ですが、

「タバコを吸い続けていても健康的に長生きしている人はたくさんいる!」

「お酒をやめるとイライラして仕事に支障が出るので、やめないほうがいい!」

というように致しないことに不快感を感じることを認知的不協和と言います。

認知的不協和をFXに置き換えると

認知的不協和をFXに置き換えると、

FXで含み損を抱えて損切りができない場合に

人の心理状況は損失を認めようとはしない心理が働きます。

損失を認めようとしない心理状況こそ認知的不協和の状況に陥っています。

損切りができない時、人の心の中では損失を認めようとしない心理が働いています。

認知的不協和を克服するには

認知的不協和をコントロールするには、

トレードをする前から予め損失が出ることを想定しておくことが大切です。

損失が出た時に認知的不協和が起こらず自然と損切りすることができます。

損失を想定することで認知的不協和を解消する方法になります。

FXの心理学4:アンカリング効果

FX 心理学 アンカリング効果

アンカリング効果とは、

『最初に提示した価格や情報が人の基準に大きな影響を及ぼす傾向がある』

という心理効果です。

アンカリング効果をFXに置き換えると

アンカリング効果をFXに置き換えると、

例えばサイトやニュースでドル円が上がりますよと

言っていたのも関わらず実際は下がっている。

つまりアンカリング効果でドル円が上がるという情報が頭に残ってしまい、

買い目線でトレードしまいがちになってしまうといったことです。

アンカリング効果を克服するには

アンカリング効果を克服するには、

サイトやニュースの情報は1つの指針でしか無いということです。

あくまでも参考にするだけで、

トレードは自分が相場を見て判断して売買を行うということが大切になります。

FXの心理学4:ヒューリスティック

ヒューリスティックとは

『人が判断や意思決定をする際に無意識に使っている法則や手がかり』

を意味しています。

この法則や手がかりというのは『経験』に基づいているので

ヒューリスティック=経験則

という感じで覚えてもらえれば大丈夫です。

アンカリング効果のようにバイアスが掛かっている状態ですね。

ヒューリスティクスをFXに置き換えると

ヒューリスティクスをFXに置き換えると、

FXでトレードのエントリーをする際に瞬時に判断せざる負えないので、

今までの経験則からトレードしまいがちになります。

言わば感覚的なトレードがヒューリスティクスになります。

ヒューリスティクスを克服するには

ヒューリスティクスを克服するには、自分の中の決められたトレードルールを

徹底して守ることでヒューリスティクスによるバイアスのかかった判断を避けることができます。

まとめ

いかがただったでしょうか?

今回はFXの心理学についてご紹介しました。

多くのトレーダーがこうした心理状況によって負けてしまったり、

逆にこうした知識を知って自分でコントロールして勝てるようになったりと

FXはトレード手法やロジックよりも

こうした自分自身のメンタルの部分が非常に重要だということがわかります。

FXの自動売買|短期集中講座はこちら