スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FX初心者】FXの税金をより安く賢く抑える3つの節税対策についてまとめてみた

FX 税金 抑える 節税対策 FX初心者

今回は、FXの税金をより安く賢く抑える3つの節税対策についてまとめてみました。

FXの税金について

FX 税金 抑える 節税対策

FXで稼げるようになればなるほど頭を抱えるのは税金だと思います。

税金で頭を抱えるということはそれだけあなたが稼いでいるということなので誇らしいですが、

できれば税金を安く済ませたいと思っているかと思います。

今回はFXの税金の節税対策についてまとめていこうと思います。

この記事を読めば今どんな対策ができるかわかると思うので、ぜひ活用してほしいです。

稼いだお金が税金で持っていかれるのは嫌じゃ。

賢く節税対策を行うことで税金は抑えることができるわよ。

FXの税金の節税対策1:経費

FX 税金 節税 対策 経費

FXの税金の節税対策として経費を活用するというのが非常に良いと思います。

FXの利益が経費になるもの

FXの利益が経費になるものとして下のようなものがあります。

パソコン購入代金(減価償却費)

セミナー経費

交通費

資料代・新聞代

電話代・プロバイダー費用

筆記用具

取引手数料

経費としてみなせるものは、FXで利益をだすために必要なもの

と言う前提条件を忘れてはいけません。

経費にするために必要なこと

経費にするために必要なことですが、領収証やカードの明細など必要になります。

証拠として必要になるので、残しておく必要があります。

基本的に経費の考え方としては、

・FXで利益を上げる為に必要な事なのか

・お金の流れを説明できる資料はあるのか

という2点さえきちんとしていれば問題ありません。

もし不安であれば税理士に相談するというのも一つの方法になります。

FXの税金の節税対策2:法人化

FX 税金 節税 対策 法人化

FXの税金の節税対策として法人化は非常にオススメです。

ですが、稼げるようになってからでないといきなり稼げなくなったから会社をすぐにたたむことが

できないので慎重に判断したほうが良いですね。

法人化のメリット

法人化のメリットについてご紹介したいと思います。

法人化のメリット1:節税がしやすい

個人であれば、大きな利益が出た場合には利益そのものに課税されます。

しかし法人であれば、そもそも経費計上の範囲を拡げて考えることもできます。

例えば、通常の会社が行うような、家賃の一部を法人の経費にしたりすることも可能になります。

・家賃(事務所代)

・社用車購入代金

・税理士代

・保険料

・役員報酬(自分の給料)

・社員への給料

というような経費の枠が増えます。

また、一般の会社同様、節税用の保険商品などを活用した節税プランを使うことも可能です。

法人化のメリット2:個人よりも高レバレッジでトレードできる

個人でトレードしている場合では国内FX業者であれば25倍のレバレッジ規制があり、

それ以上のレバレッジを効かせることは法律上不可能となっています。

しかし、法人口座を使っての売買ではこの規制の対象外となり、

400倍ものレバレッジを効かせることも可能となります。

法人化のデメリット

法人化のデメリットについて紹介したいと思います。

法人化のデメリット1:手続きがややこしい

法人化は手続きがややこしいです。

なので、会社の登記などを代わりに行ってもらうほうが手っ取り早いですが、

コストが掛かってしまいます。

法人化のデメリット2:設立・維持のコストがかかる

法人化は、設立コストだけでなく、設立後の会計処理、決算・申告といった法人としての手続は、

通常は会計事務所に委託するため、コストがかかります。

法人の申告は素人には難しく、会計事務所に任せた方が良いですね。

FXの税金の節税対策3:ふるさと納税

FX 税金 節税 対策 ふるさと納税

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附することができる制度になります。

ふるさと納税の手続きをすると、所得税や住民税の還付や控除が受けられます。

ふるさと納税では地域の名産品や中にはPCなどと多く存在しており、

税金として納めるのであればモノに交換したほうが私的には良いと思います。

【FX初心者】FXで稼いだ人必見!!税金を低く抑えるための『ふるさと納税』について徹底解説してみた!!
今回は、FXで稼いだ人必見!! 税金を低く抑えるための『ふるさと納税』について徹底解説してみました。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組みですが、

2000円の自己負担だけで、好きな地域の特産品がタダ同然でもらえる」と言われても、

仕組みがよくわからないですよね。

ふるさと納税は、自分が居住する市区町村以外の自治体に寄付をする。

寄付をして所定の手続きをすれば、2000円を除いた寄付相当額が、

翌年以降に丸々税金から戻る。

“ふるさと”と名前がついているが、出身地である必要はなく、好きな自治体を選んでよいです。

例えば納税者が好きな市や町に、合計10万円の寄付をした場合、

確定申告など必要な手続きを取れば、すでに納めていた所得税が現金で戻ってきたり、

翌年以降の住民税が減額されます。

この「所得税から戻ってきた現金」と「住民税が減額された分」を足すと、

「寄付した金額-2000円分」と同額になる。

これだけなら、お金は「行って来い」になるだけで、金銭的なメリットはない。

しかし最近は、寄付に対して返礼品がもらえる自治体が増えている。

金銭的には2000円だけの負担なのに、それを軽く上回るほど特産品がもらえるからこそ、

これだけ盛り上がっているというわけです。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税のメリットについてご紹介したいと思います。

ふるさと納税のメリット1:お礼の品がもらえる

ふるさと納税では地域の名産品などをお礼の品として寄附者に届けられます。

ふるさと納税のメリット2:税金が控除(還付)される

ふるさと納税では控除上限額内で寄附を行うと、合計寄附額から2,000円を引いた額について、

所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。

ふるさと納税のメリット3:応援したい自治体に寄附ができる

生まれ故郷でなくても、あなたが好きな自治体に寄附できるのがふるさと納税です。

寄附先の数や金額、回数に上限はなく、ご自身の控除上限額内であれば、

実質2,000円の負担で複数の地域を応援できます。

まとめ

いかがでしょうか?

FXで稼いだお金はすべて使用したりすると後で確定申告が大変なことになるので、

こうした方法を取ることでFXの税金対策になります。

もしFXの税金に不安がある方は税理士に相談してみたほうが良いと思います。

くれぐれも脱税はしないように!!

FXの税金についてはこちら

コメント