〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FX資金管理】FXの自動売買のEAはどれだけの証拠金維持率が必要なのか徹底解説してみた

FX 自動売買(EA) 証拠金維持率FXの資金管理

FXの自動売買のEAはどれだけの証拠金維持率が必要なのか徹底解説してみました。

FXの証拠金維持率について

FX 自動売買(EA) 証拠金維持率

証拠金維持率はFXにおいて重要な資金管理の要素になります。

FXや株などの投資というのは資金がある人のほうが有利になるのが原理原則です。

FXでの資金管理の大切な要素は

・証拠金

・レバレッジ

・ロット

です。

今回はこの証拠金に着目して記事を書いていきます。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、ポジション必要証拠金に対して占める純資産額の割合のことです。

口座証拠金と未決済ポジションの損益の合計金額に対して、

ポジションを保有するのに必要な証拠金はどのくらいであるかがパーセントで示されます。

この証拠金維持率が一定の水準を下回ると、

追証が発生したり、ロスカットが執行されてしまいます。

つまり、この証拠金維持率を見ることで、取引のリスクはどんな状況であるかの確認ができます。

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率の計算方法は下記の数式になります。

時価評価総額÷必要証拠金×100=証拠金維持率(%)

例えば、10万円入金し、1ドル100円のとき1万通貨のポジションを保有している場合

100円×1万通貨×4%=4万円

10万÷4万×100=250

となりますので、このときの証拠金維持率は250%となります。

レバレッジの計算方法

レバレッジの計算式は下記の数式になります。

レート×通貨単位÷預け入れ資金=レバレッジ

例を挙げると

100×1万÷10万=10 ですので10万円を入金して1万通貨のポジションを持つと、

レバレッジは10倍となります。

FXの自動売買のEAはどれだけの証拠金維持率が必要なのか?

FXの自動売買のEAはどれだけの証拠金維持率が必要なのかですが、

初心者や素人の方は

「1000%〜2000%程度」

あると安心してFXの自動売買のEAを稼働させることができると思います。

【初心者必見】FXの自動売買の証拠金維持率の目安についてまとめてみた
今回は、FXの自動売買(EA)の証拠金維持率の目安についてまとめてみました。

FXの自動売買のEAで安定して稼ぐには証拠金維持率を安定させる

FXの自動売買のEAで安定して稼ぐには証拠金維持率を安定させることが大切です。

証拠金維持率が低いということはマージンコールやロスカットに引っかかりやすいわけであり

実質相場からの退場を意味します。

私は含み損を抱えることは悪いとは思いません。

何が悪いのかというと、証拠金維持率が低くロスカットして退場すること

だと思います。

逆に言ってしまえば、証拠金維持率させることができれば利益を出せるEAであれば

安定して利益を稼ぐことができるわけです。

最初にも言ったとおり、FXや株などの投資の世界はお金がある人が有利になります。

資金が5万円の人と50万円の人がいれば同じロットでトレードすれば

50万円ある人のほうが10倍の証拠金維持率なのでより安定して利益を出すことができます。

つまり、証拠金維持率はFXの資金管理の中でも極めて重要なポイントと言えます。

まとめ

やはり、FXの自動売買のEAで安定して稼ぐには証拠金維持率を安定させることが

重要だと思います。

FXでは資金が少ないということは底辺層にいるわけなので

大口投資家と同じラインでスタートできるわけではなく、

むしろハードモードからのスタートになります。

ですのでまとまった資金がある方が

より安定したトレードができるということを今回はみなさんに知ってもらいたいです。

FXの資金管理とメンタルコントロールに関してはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました