スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FXのテクニカル分析】億トレーダーも活用している!?移動平均線についてまとめてみた

FX 移動平均線 FXのテクニカル分析

今回は、億トレーダーも活用している!?移動平均線についてまとめてみました。

移動平均線について

FX 移動平均線

今回は、移動平均線についてご紹介したいと思います。

移動平均線はローソク足と同じレベルの信用できるテクニカル指標となります。

ヘッジファンドや大口の投資家も移動平均線は重要視していることが多く

それだけ信頼できるテクニカル指標なのでぜひマスターしましょう。

FXのテクニカル分析一覧です。
1:ローソク足
2:移動平均線
3:MACD
4:ボリンジャーバンド
5:RSI
6:ストキャスティクス
7:RCI
8:ウィリアムズ%
9:一目均衡表
10:ADX(DMI)

移動平均線とは

移動平均線とは、一定期間の平均価格を日々計算して出した「答え」を線でつないだものです。

例えば5日移動平均値は5日分の平均価格となります。

そして、日々の平均価格を線でつないだものが5日移動平均線となります。

平均価格(ここでは終値の平均)を使用することで日中の大きな変動に惑わされることなく、

移動平均線では、

現在の相場の方向性(トレンド)がどちらを向いているのかを見ることができます。

移動平均線の種類

FX 移動平均線 種類

移動平均線の種類についてご紹介したいと思います。

移動平均線には3つの種類が存在しているので、それぞれの特徴をしっかりと把握してください。

単純移動平均線(SMAまたはMA)

単純移動平均線とは、ある一定の期間の終値を単純に平均した

数字で作られている移動平均線になります。

加重移動平均線(WMA)

重移動平均線とは、例えば5日加重移動平均線だと、

五日目の価格を5倍、四日目の価格を4倍、三日目の価格を3倍、

二日目の価格を2倍にして計算しています。

単純移動平均線よりも、直近の価格に重点を置いた分析をできるようにしています。

指数平滑移動平均線(EMA)

指数平滑移動平均線は、直近の価格を2倍にして計算したものです。

例えば5日EMAであれば、五日目の価格を2倍にして合計し、5で割ったものです。

そのため、加重移動平均線と比べて、より直近の価格に重点を置いたものになっています。

実践的なFXトレードでの移動平均線

では基本的な移動平均線の概要を説明したので、

次は実践的なFXトレードでの移動平均線についてご紹介したいと思います。

よく使われる移動平均線のパラメータ

よく使われる移動平均線のパラメータですが、

5日、13日、15日、20日、21日、25日、26日、45日、50日、75日、100日、200日

という数値は非常に多くの人が好むのでぜひ参考にしてください。

本などでは5日、21日、50日を使用しているケースが多いですね。

移動平均線は支持線と抵抗線に活用できる

FX 移動平均線 サポートライン レジスタンスライン

移動平均線は支持線と抵抗線にもなりますので、そういった方法で活用するするというのも

1つの移動平均線を活用する方法です。

支持線(サポートライン):移動平均線がローソク足の支えになる

抵抗線(レジスタンスライン):移動平均線がローソク足の抵抗になる

ゴールデンクロス・デッドクロス

移動平均線 ゴールデンクロス デッドクロス

ゴールデンクロス・デッドクロスとは、

二本の短期移動平均線と長期移動平均線がクロスしたタイミングです。

ゴールデンクロス:短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜くタイミング

デッドクロス:短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に抜くタイミング

ゴールデンクロスでは、強い上昇トレンドを指しており、

デッドクロスでは強い下降トレンドを指しています。

グランビルの法則

FX グランビルの法則 8つ 売買サイン

グランビルの法則とは、先程学んだローソク足と移動平均線を組み合わせた

非常に力のある法則です。

【FX初心者】最強の売買サインであるグランビルの法則ついてまとめてみた
今回は、最強の売買サインであるグランビルの法則ついてまとめてみました。

裁量トレードでも実用可能な法則になります。

グランビルの法則とは「4つの買いサイン」と「4つの売りサイン」から成る法則です。

買い1:水平から上向きの移動平均線の上抜きポイント

買い2:上昇中の移動平均線を、下抜けての反発ポイント

買い3:上昇中の移動平均線にタッチ・反転ポイント

買い4:移動平均線から大きく乖離したポイント

売り1:水平から下向きの移動平均線の下抜きポイント

売り2:下降中の移動平均線を、上抜けての反発ポイント

売り3:下降中の移動平均線にタッチ・反転ポイント

売り4:移動平均線から大きく乖離したポイント

移動平均乖離率

移動平均乖離率とは、価格が移動平均線からどれだけ離れている(乖離している)かを

数値化した指標です。

移動平均線というのは名前のとおり平均を表しています。

移動平均線とローソク足の関係性

FX ローソク足 移動平均線

移動平均線とローソク足の関係性ですが、

移動平均線とローソク足が近い距離の場合:ローソク足は乖離しようとする

移動平均線とローソク足が遠い距離の場合:ローソク足は平均に近付こうとする

といった習性を持っています。

これは相場では非常に重要な考え方なので、ぜひ頭に入れておきましょう。

移動平均線は短期・中期・長期の3つを使いこなす

私は、移動平均線を使用する際に、

短期・中期・長期の3つを使いこなすことが大切だと思います。

短期線や長期線の組み合わせはダマシが多いです。

例えば先ほど説明したゴールデンクロスやデッドクロスは短期と長期の移動平均線を使用しますが、

私は、短期・中期・長期の3つを活用することで相場全体の流れを見ながら

短期的な動きを見ることができます。

先ほど説明したパラメータである5日、21日、50日などの3つの移動平均線を使ったりしましょう。

パーフェクトオーダー

FX 移動平均線 パーフォクトオーダー

パーフェクトオーダーとは、短期・中期・長期の三本の移動平均線のすべての傾きが、

同じ方向へ一致した状態のことです。

先ほど説明した3つの移動平均線を使いこなす手法です。

【FX初心者】強力なトレンドフォローで利益が出せる『パーフェクトオーダー』についてまとめてみた
今回は、強力なトレンドフォローで利益が出せる 『パーフェクトオーダー』についてまとめてみました。

パーフェクトオーダーの特徴

パーフェクトオーダーの特徴について説明したいと思います。

・移動平均線の傾きが急なほど強いトレンドが発生する

パーフェクトオーダーでは、それぞれの移動平均線の角度が急なほど、

トレンドが強いことを意味し、トレンドが継続する期間も長くなる傾向があります。

・トレンドフォローを行う

パーフェクトオーダーが現れるということは、トレンドの状態が強いことを意味します。

パーフェクトオーダーでは、

トレンドフォローと言ってトレンドの流れに合わせた売買戦略がトレードの基本です。

現在のトレンドが反転するポイントを予測して、

トレンドの流れと反対の売買を行う逆張りだと、

結局、何度も損切りするハメになる可能性が高くなります。

勘に頼った逆張りではなく、パーフェクトオーダーの流れに素直に従う戦略に徹しましょう。

複数の要素を絡ませる

複数の要素を絡ませることが大切です。

今回ご紹介したパーフェクトオーダーやグランビルの法則など

複数の要素を絡めることでより信頼できるトレードをすることが可能となります。

その他にも

・ダウ理論

【FX初心者】これを読めば誰でも理解できる!!ダウ理論についてまとめてみた
今回は、これを読めば誰でも理解できる!!ダウ理論についてまとめてみました。

・フィボナッチ

【FX初心者】芸術的なトレード!!美しくトレードができるフィボナッチについてまとめてみた
今回は、芸術的なトレード!!美しくトレードができるフィボナッチについてまとめてみました。

・エリオット波動

【FX初心者】いい波乗ってるね!!エリオット波動をマスターしてトレンド相場で稼ごう!!
今回はいい波乗ってるね!!エリオット波動をマスターしてトレンド相場で稼ごう!! についてです。

などを活用することでさらに精度が高まります。

一つの要素だけでトレードするのではなく、様々な要素からトレードするようにしましょう。

まとめ

移動平均線は非常に重要なテクニカル指標なのでこの記事でしっかりと何度も読み返して

トレードに活かしましょう!!

FXのテクニカル分析についてはこちら

コメント