公式ラインに登録するだけで無料で裁量システムプレゼント

【FX手法】エンベロープを活用した手法『最強のFX1分足スキャルピング』について徹底解説してみた

3.5
FX手法 最強のFX1分足スキャルピングFX手法

エンベロープを活用した手法『最強のFX1分足スキャルピング』について徹底解説してみました。

最強のFX1分足スキャルピングとは

FX手法 最強のFX1分足スキャルピング

最強のFX1分足スキャルピングとは、有名なトレーダーであるぶせな氏のFX手法になります。

ぶせな氏とは、FXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を稼いだトレーダーです。

今回は、ぶせな氏が活用しているエンベロープ使った

最強のFX1分足スキャルピングについてご紹介します。

エンベロープとは

エンベロープとは『価格が移動平均線からどれだけ離れているか』を示すインジケーターです。

簡単に言えば、移動平均線の値に対してパーセンテージ分を上下に追加したものです。

上線 = 移動平均線の値 + 移動平均線の値 × パーセンテージ
下線  = 移動平均線の値 – 移動平均線の値 × パーセンテージ

エンベロープと似たインジケーターで、ボリンジャーバンドが存在します。

エンベロープとボリンジャーバンドの違いはこちらです。

エンベロープ:移動平均線を中心にレートの乖離を%で算出
ボリンジャーバンド:値動きの標準偏差で算出

最強のFX1分足スキャルピングのインジケーター

FX手法 最強のFX1分足スキャルピング

最強のFX1分足スキャルピングのインジケーターについてご紹介します。

最強のFX1分足スキャルピングでは、

MT4に標準搭載されているインジケーターのみで行うことができます。

最強のFX1分足スキャルピングのテンプレートはこちら

エンベロープ

エンベロープの変さと期間は以下のようになります。

偏差:0.1%、0.15%、0.2%、0.25%、0.3%、0.4%
期間:20

また、エンベロープを移動平均線と乖離した5つのゾーンに分けることで、

『期待値や資金管理』を明確に行うことが可能になります。

移動平均線

移動平均線の種類と期間は以下のようになります。

種類:EMA(指数平滑移動平均線)
期間:20

詳しい移動平均線については以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】億トレーダーも活用している!?移動平均線についてまとめてみた
今回は、億トレーダーも活用している!?移動平均線についてまとめてみました。

最強のFX1分足スキャルピングのトレード方法

最強のFX1分足スキャルピングのトレード方法についてご紹介します。

時間足

時間足は1分足のスキャルピングスタイルになります。

通貨ペア

通貨ペアは以下の6つです。

主に取引のボリュームがある程度あるメジャーな通貨ペアを使用します。

・ドル円(USD/JPY)
・ユーロドル(EUR/USD)
・ポンドドル(GBP/USD)
・ユーロ円(EUR/JPY)
・ポンド円(GBP/JPY)
・豪ドル円(AUD/JPY)

トレードの時間帯

トレードはボラティリティが高い時間帯を狙っていきます。

・15時~18時(日本時間)
・21時~25時(日本時間)

エントリー

FX手法 最強のFX1分足スキャルピング

エントリーは『ローソク足がエンベロープのゾーンにタッチした場合』です。

ローソク足には以下のような習性があります。

・移動平均線から乖離すると元に戻ろうとする力が働く。
・移動平均線に近づくと反発する力が働く。

エンベロープを活用することで、習性がどこで発生するかを高い確率で判断することが可能です。

また、エントリーする際は『ローソク足のヒゲを確認してから』エントリーすることが大切です。

ローソク足がラインにタッチするのではなく、ヒゲをつけて反発を確認しましょう。

また、外側のゾーンになればなるほど、ヒゲが出ても騙しにあう可能性が高いのです。

実際にだましのチャートです。反発せずにそのまま大きくトレンドが続いています。

FX手法 最強のFX1分足スキャルピング

より外側のゾーン寄りでエントリーする場合は『ヒゲの長さを長めに取る』ことが大切です。

ぶせな氏の目安は5つのゾーンをティック数から反発を確認します。

ティック数は『1回の反転のこと』です。

つまり、外側のゾーンはヒゲが出来て少し反発して、

さらにもう一度反発した時にエントリーします。

ゾーンティック数
ゾーン11ティック
ゾーン21ティック
ゾーン32ティック
ゾーン42ティック
ゾーン52ティック

利確と損切り

エンベロープのゾーンによって勝率が変わってきます。

ぶせな氏が公表しているゾーンでの勝率は次の表のようになります。

ゾーン勝率利確・損切り幅(目安)
ゾーン160%2pips
ゾーン265%3pips
ゾーン370%4pips
ゾーン475%5pips
ゾーン580%6pips

ローソク足は移動平均線から乖離すればするほど、元に戻る力が強くなるので、

反発する確率も高くなりますし、力が強いので取れるPipsも変わってきます。

また、外側のゾーンになるほど勝率も利幅も大きくなるので『ロット数』を増やすほうが良いです。

ゾーン1に対してゾーン5は最大5倍のロットにすることが良いと言っています。

エントリーを控えるタイミング

エントリーを控えるタイミングは以下の4つです。

①経済指標発表時
②要人発言やイベント時
③高値安値などの節目をブレイクする時
④参加者が少なく流動性を保てない時(ボラティリティが少ない)

まとめ

今回はエンベロープのFX手法である最強のFX1分足スキャルピングについてでした。

FXの手法は様々ありますので、自分に合ったスタイルを選んで勝てるトレーダーを目指しましょう。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました