1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録してプレゼントをもらう

【無料】移動平均線の7MAと65MAを活用したインジケーター『RAVI(Range Action VerificationIndex)』についてまとめてみた

3.5
FX インジケーター RAVI(Range Action VerificationIndex)FXインジケーター

移動平均線の7MAと65MAを活用したインジケーター

『RAVI(Range Action VerificationIndex)』についてまとめてみました。

RAVI(Range Action VerificationIndex)

FX インジケーター RAVI(Range Action VerificationIndex)

RAVIというのは『Range Action VerificationIndex』の略語です。

これは今後の相場の動きを判断するために役立ちます。

RAVIの計算には2つの移動平均線を活用します。

ヒストグラムが上昇し続ける限り、傾向は強くなります。

インジケーターは現在の価格と過去の価格の差を反映させています。

計算式は、7MAから65MAを引いて、その差を65MAでさらに除算します。

そして100を掛けて絶対値が作成されます。

ちなみになぜ期間が7と65なのかというと、

65日が暦四半期を構成しており、7日が1週間を構成しているからです。

RAVI(Range Action VerificationIndex)の使い方

RAVI(Range Action VerificationIndex)の使い方についてですが、

RAVI(Range Action VerificationIndex)は移動平均線2つを利用しており、

基本的にはトレンドフォローとして活用します。

緑色:上昇トレンド
赤色:下降トレンド
灰色:レンジ

上昇トレンドの場合は以下のようになります。

FX インジケーター RAVI(Range Action VerificationIndex)

下降トレンドの場合は以下のようになります。

FX インジケーター RAVI(Range Action VerificationIndex)

ちなみに利用しているRAVI(Range Action VerificationIndex)は

MTF(マルチタイムフレーム)なので、上位足の数値を確認できるので、

よりトレンドフォローとして活用しやすいです。

そしてMTFは上位足だけ見るのはもったいないです。

・全体の相場の動きを確認する足
・トレンド方向を確認する足
・エントリーする足

という3つの軸で見るようにするとより騙しにあいずらいです。

FX インジケーター RAVI(Range Action VerificationIndex)

RAVI(Range Action VerificationIndex)のダウンロード

RAVI(Range Action VerificationIndex)のダウンロードは以下のリンクになります。

RAVI(Range Action VerificationIndex)のダウンロードはこちら

まとめ

もしRAVI(Range Action VerificationIndex)を活用してみたい方は、

ぜひダウンロードしてみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました