1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して100万円分のプレゼントをもらう

FXの三角移動平均線(TMA)の計算式や使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみた

FX TMA(三角移動平均線)FXのテクニカル分析

三角移動平均線(TMA)とは

TMAとは「Triangular Moving Average」の略で、日本語では三角移動平均線と言います。

この三角移動平均線(TMA)は海外では良く使用されます。

日本では馴染みの薄い移動平均線の種類になります。

通常の移動平均線(SMA)よりも滑らかな動きになります。

三角移動平均線(TMA)の計算式

三角移動平均線(TMA)の計算式は以下の通りになります。

TMA(三角移動平均線)= SMAのN期間単純移動平均
SMA = N期間の単純移動平均

つまり、三角移動平均線(TMA)は、

単純移動平均線(SMA)をもう一度移動平均化したものです。

SMAのn期間移動平均線がTMAです。

三角移動平均線(TMA)は、集計するレートの中央値に最も比重をかけて算出します。

その中央値から離れるほど比重を軽くしているので、

比重のバランスが二等辺三角形のような形になります。

三角移動平均線(TMA)のバンド

FX 三角移動平均線(TMA)バンド

三角移動平均線(TMA)バンドは、

ATRを活用したTMAバンドとして使われるケースがあります。

TMAバンドは海外トレーダーで多く愛用しています。

TMAバンドで乖離したら逆張りとしてのエントリーや決済ラインとしても活用することができます。

FX 三角移動平均線(TMA)バンド

三角移動平均線(TMA)の使い方

三角移動平均線(TMA)の使い方について説明します。

ゴールデンクロスやデッドクロス

三角移動平均線(TMA)はゴールデンクロスやデッドクロスとしても活用できます。

以下はEMAと三角移動平均線(TMA)を組み合わせたものです。

EMAと三角移動平均線(TMA)がゴールデンクロスで上昇トレンド時にロングエントリーします。

FX 三角移動平均線(TMA)

EMAと三角移動平均線(TMA)がデッドクロスで下降トレンド時にショートエントリーします。

FX 三角移動平均線(TMA)

押し目買いや戻り売り

三角移動平均線(TMA)を利用して押し目買いや戻り売りを狙うことができます。

三角移動平均線(TMA)は、集計するレートの中央値に最も比重をかけて算出されているので、

押し目買いや戻り売りを狙いやすいです。

以下は三角移動平均線(TMA)の押し目買いのエントリーです。

FX 三角移動平均線(TMA)

以下は三角移動平均線(TMA)の戻り売りのエントリーです。

FX 三角移動平均線(TMA)

TMA(三角移動平均線)の手法

TMA(三角移動平均線)の手法の一つにExtreme TMA Systemがあります。

こちらは海外フォーラムでも人気のTMAバンドを使った手法になります。

【FX手法】ForexFactoryで有名なTMA(三角移動平均線)使ったシステム『Extreme TMA System』についてまとめてみた
ForexFactoryで有名なTMA(三角移動平均線)使ったシステム 『Extreme TMA System』についてまとめてみました。

まとめ

TMA(三角移動平均線)は、2重に平滑された移動平均線です。

通常の移動平均線に比べて平滑化されている分ダマシが少ないのが特徴です。

また、TMAとATRのバンドを表示させたTMAバンドは、

海外のトレーダーに非常に人気です。

もし興味がある方はぜひ活用してみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

1,000人限定でFXの自動売買のEAを無料で配布中!!

FX-EA System Projectでは、

【1,000人限定で無料でFXの自動売買のEAを配布中】

です!!

・毎日チャートを見てるのに全く稼げなかった

・コンサルや塾に入ったけど全く稼げなかった

・裁量トレードは難しくて挫折した

・ツールやシステムを購入したが全く稼げなかった

・時間がなくて裁量トレードを行える時間がない

・自動で楽に稼ぎたい

という風に思っている方はこの企画はおすすめです。

フォワードテスト・バックテストを

しっかり行ったパフォーマンスの良いEAを提供中です!!

また、どんどん新しいEAも随時無料配布します!!

人数限定なので早いものがちです!!

もしFX-EA System Projectに興味があれば

是非参加してください。

FXのテクニカル分析
masayaをフォローする
fx-ea-system-project

コメント

タイトルとURLをコピーしました