〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FX初心者】FXで稼いだ人必見!!税金を低く抑えるための『ふるさと納税』について徹底解説してみた!!

FX ふるさと納税FX初心者

今回は、FXで稼いだ人必見!!

税金を低く抑えるための『ふるさと納税』について徹底解説してみました。

FXで稼いだ利益はふるさと納税で節税するのもあり!!

FX ふるさと納税

FXで稼いだ利益はふるさと納税で節税するのもありです。

やはりFXで稼ぎ始めると悩むのは『税金』ですよね。

FXの税金についてはこちら

この税金を抑えるために節税対策を行っている方も多いと思います。

【FX初心者】FXの税金をより安く賢く抑える3つの節税対策についてまとめてみた
今回は、FXの税金をより安く賢く抑える3つの節税対策についてまとめてみました。

その節税の中でも最近ブームになっているのが『ふるさと納税』です。

今回は、このふるさと納税についてわかりやすく徹底解説してみました。

ふるさと納税というものが最近流行っているが

どうやっていいかわからぬぞい。

今回の記事で誰でもふるさと納税について理解することができるわ

一緒にふるさと納税はじめましょ!!

ふるさと納税とは?

FX ふるさと納税

ふるさと納税とは、自分が応援したい地方自治体へ寄附を行うことで

寄附の金額に応じた税の控除を受けられる制度になります。

納税と名称されていますが、精度は寄附の仕組みになります。

今までふるさと納税を利用するためには複雑な手続きが必要でしたが、

現在は誰でも簡単に利用することが可能です。

ふるさと納税の特徴

FX ふるさと納税

ふるさと納税の特徴は『お礼の品』の存在になります。

ふるさと納税では寄附のお礼として返礼品を用意している自治体が多く存在します。

(中には返礼品がない自治体も存在する)

返礼品は様々であり、

・特産物

・サービス利用券

・家電製品

など自治体により種類などが多く存在します。

ふるさと納税は節税になるか?

FX ふるさと納税

ふるさと納税は節税になるかですが、お得なポイントが多いです。

ふるさと納税は自治体へ寄附するので

その金額から-2,000円が所得税や住民税から控除されます。

控除とは、収入を得たときにかかる税金を所得税といいますが、

収入金額全額に対してではなく一定金額を差し引いたものに対して計算されます。

この差し引かれる一定額を控除といいます。

ですが、寄附するのでお金自体は支払っているので結果的には税金を支払っています。

しかし、寄附すると返礼品をもらえるのでお得です。

もう少し簡単に言うと2,000円払うことで特産品がもらえ、

ふるさとに貢献しながら、税制メリットを享受できる仕組みがふるさと納税になります。

ふるさと納税の控除を受けるためには?

FX ふるさと納税

ふるさと納税の控除ですが、

所得税の還付や個人住民税の控除を受ける:確定申告

住民税の控除を受ける:ワンストップ特例制度

を利用する必要があります。

確定申告とは

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の会計結果を確定して

翌年の2月16〜3月15日の間に国へ申告する租税に関する申告手続きになります。

確定申告について詳しい情報は下記の記事を参照してください。

【FX初心者】FXで稼いだ人必見!!初めての人でもわかる確定申告について徹底解剖してみた
今回は、FXで稼いだ人必見!!初めての人でもわかる確定申告について徹底解剖してみました。

ワンストップ特例制度とは

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても

ふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組みになります。

ふるさと納税先の自治体が『1年で5自治体』であれば

ワンストップ特例制度を活用することが可能です。

つまり、ワンストップ特例制度は納税先が5自治体以内であれば

『確定申告が不要になる』ということになります。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。

ワンストップ特例制度についてはこちら

ふるさと納税で納められる寄附金額は?

FX ふるさと納税

ふるさと納税で寄附可能な金額は年収や家族構成で決まってきます。

・所得税

・住民税(基本分)

・住民税(特例文)

の計算式についてご紹介します。

所得税

控除額 =(ふるさと納税額-2,000円)× 所得税率×1.021

※ふるさと納税額は総所得額等の40%が上限

※平成49年までは復興特別所得税を加えた税率

住民税(基本分)

控除額 =(ふるさと納税額-2,000円)×住民税率10%

※ふるさと納税額は総所得額等の30%が上限

住民税(特例分)

控除額 =(ふるさと納税額-2,000円)×(100%-基本分10%-所得税率×1.021)

※住民税所得割額の20%まで

具体例

上記の計算式を元に具体例を出しましょう。

所得税率10%の人が3万円のふるさと納税をした場合の計算をすると、

所得税の控除額:(30,000円-2,000円)×10%×1.021=2,859円

住民税(基本分)の控除額:(30,000円-2,000円)×10%=2,800円

住民税(特例分)の控除額:(30,000円-2,000円)×(100%-10%-10%×1.021)=22,341円

つまり合計で28,000円分の税金が軽減されることになります。

ふるさと納税の早見表

年収独身夫婦のみ夫婦と子
(16歳以上19歳未満)
300万円28,000円19,000円11,000円
400万円42,000円33,000円25,000円
500万円61,000円49,000円40,000円
600万円77,000円69,000円60,000円
700万円108,000円86,000円77,000円
800万円129,000円120,000円111,000円
900万円151,000円141,000円132,000円
1000万円176,000円166,000円156,000円
1500万円389,000円377,000円356,000円
2000万円564,000円552,000円522,000円

計算式を見てもらってわざわざ自分がふるさと納税の寄附金額を計算しなくてもいいように

早見表を載せておきました。

より詳しい情報やシミュレーションは詳しくは下記のリンクを参照してください。

ふるさと納税で寄附可能な金額についてはこちら

ふるさと納税で得する人と損する人の違い

FX ふるさと納税

ふるさと納税で得する人と損する人の違いについてご紹介したいと思います。

ふるさと納税で得する人は、『年収が約200万円以上の人』ですね。

ふるさと納税は寄附した金額の3割〜5割り程度の返礼品がもらえます。

例えば、1万円寄附した場合3000円〜5000円程度の各地の特産品がもらえます。

逆にふるさと納税で損する人は、『年収が200万円より少ない人』です。

理由は返礼品が貰える寄付金額は大体5,000円以上からになるからです。

所得が200万円以下の方はふるさと納税で寄附すると逆に多くの税金を払う可能性があります。

ふるさと納税は『税金を一部控除してもらう制度』なので、

税金がそもそも少ない人がふるさと納税で控除する税金自体がないので、

あまりおすすめはできないです。

ふるさと納税はこんな人におすすめ!!

FX ふるさと納税

ふるさと納税はこんな人におすすめです。

・所得税や住民税の対策を考えている人

・節税対策に積極的な人

・年収がいきなり上がってしまった人

・欲しい商品がたまたまふるさと納税の対象商品であったという人

FXなどの利益でもふるさと納税を利用することは可能!!

FX ふるさと納税

FXなどの利益でもふるさと納税を利用することは可能なんですよね。

副業でFX・株・仮想通貨・不動産などを取り組んでいる方も対象になります。

FXなどで得た収益は最終的には給与所得に合算されます。

その合計金額で税金が決まってきます。

ふるさと納税のおすすめのサイト

私がおすすめするふるさと納税のサイトは下記の3つです。

・さとふる

・ふるさとチョイス

・楽天ふるさと納税

それぞれについて詳しく説明していきます。

ふるさと納税のおすすめのサイト1:さとふる

ふるさと納税 おすすめサイト さとふる

さとふるは使いやすさが他のサイトよりも高いと思います。

お礼の品も多く存在していますし、エムアイカードで支払うと、ポイント5倍になります。

還元率にすると2.5%です。

無難にふるさと納税するならさとふるがおすすめですね!!

さとふるの公式サイトはこちら

ふるさと納税のおすすめのサイト2:ふるさとチョイス

ふるさと納税 おすすめサイト ふるさとチョイス

ふるさとチョイスとは、18万点以上のお礼の品を掲載している多くの自治体が、

登録している豊サイトになります。

掲載数No.1であるので、お礼の品の豊富さでふるさと納税するなら

ふるさとチョイスがおすすめですね。

ふるさとチョイスの公式サイトはこちら

ふるさと納税のおすすめのサイト3:楽天ふるさと納税

ふるさと納税 おすすめサイト 楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税とは楽天が行っているふるさと納税サービスになります。

楽天ふるさと納税は積極的な自治体が多く存在しており、

楽天ポイントで寄附が可能だったり、ふるさと納税をすると楽天還元ポイントが付いたりします。

楽天市場などをよく使う人であれば楽天ふるさと納税がおすすめです。

楽天ふるさと納税の公式サイトはこちら

ふるさと納税の具体的な手順について

FX ふるさと納税

ふるさと納税の具体的な手順についてご紹介したいと思います。

ふるさと納税の手順1:ふるさと納税サイトから購入

まず上記などで説明したふるさと納税サイトから

お礼の品をチェックしてほしいものを選んで自分で購入します。

この時購入金額はシミュレーションで計算した上限額を超えないようにしましょう。

ふるさと納税の手順2:各自治体からお礼の品と受領証が届く

各自治体から『お礼の品』と『受領証』が届きます。

この受領書を次の確定申告のときに添付することで、

ふるさと納税で支払った金額分が税金から控除されます。

ですので、受領証無くさずに保管しておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、ふるさと納税について詳しく書いていきました。

FXで稼いだお金を日本の自治体に還元するということは実質的に

日本のために社会のために貢献しています。

より多く稼いでいき次世代の子供達が幸せな生活をおくれる環境を

私達大人が頑張って作っていきましょう!!

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました