1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して100万円分のプレゼントをもらう

【無料】トレンドとボリュームをセットで判断できるインジケーター『Directional volatility & volume osc + bands』についてまとめてみた

3.5
FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bandsFXインジケーター

トレンドとボリュームをセットで判断できるインジケーター

『Directional volatility & volume osc + bands』についてまとめてみました。

Directional volatility & volume osc + bands

FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bands

Directional volatility & volume osc + bandsは、

トレンドフォローとして活用できるインジケーターです。

非常に高性能なインジケーターなので今回は皆さんにも紹介したいと思います。

Directional volatility & volume osc + bandsの使い方

Directional volatility & volume osc + bandsの使い方について説明します。

基本的な使い方

Directional volatility & volume osc + bandsの基本的な使い方は以下のとおりです。

水色のヒストグラム:上昇トレンドのボリューム
黄色のヒストグラム:下降トレンドのボリューム
青色のヒストグラム:上昇トレンドのボラティリティ

赤色のヒストグラム:下降トレンドのボラティリティ
灰色のバンド:ATRバンド

水色と黄色のボリュームのヒストグラムは幅の太さでボリュームの量も判断することができます。

FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bands

ですので、幅が細いとレンジ気味になりますし、幅が太いと大きく動く可能性があります。

青色のヒストグラムと赤色のヒストグラムでボラティリティを判断できます。

FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bands FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bands

また、ATRバンドの傾きによってトレンドも判断できます。

FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bands

ADXと組み合わせる

Directional volatility & volume osc + bandsとADXを組み合わせてみました。

ADXの30以上とDirectional volatility & volume osc + bandsの方向性を意識すると

以下のようにトレンドフォローで上手くトレンドに乗っかることができます。

FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bands FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bands

また、ADX20以下でボラティリティが低い場合はレンジ相場も回避できます。

FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bands

MACDと組み合わせる

Directional volatility & volume osc + bandsとMACDを組み合わせてみました。

MACDのクロスの方向とDirectional volatility & volume osc + bandsを意識するだけで

こちらもトレンドフォローでいけそうですね。

FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bands

また、ATRバンドの傾きでレンジ相場も回避可能ですね。

FX インジケーター Directional volatility & volume osc + bands

Directional volatility & volume osc + bandsのダウンロード

Directional volatility & volume osc + bandsのダウンロードは以下のリンクから可能です。

Directional volatility & volume osc + bandsのダウンロードはこちら

まとめ

Directional volatility & volume osc + bandsは、

使い方次第で結構面白いインジケーターだなと思いました。

もし興味がある方はぜひダウンロードして活用してみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました