公式ラインに登録するだけで無料で裁量システムプレゼント

【FX初心者】多くのトレーダーが抜け出せられない損大利小になる心理状態『プロスペクト理論』について徹底解説してみた

FX プロスペクト理論FX初心者

多くのトレーダーが抜け出せられない損大利小になる心理状態

『プロスペクト理論』について徹底解説してみました。

プロスペクト理論とは

FX プロスペクト理論

プロスペクト理論は2002年ノーベル経済学賞を受賞した行動経済学における理論です。

ダニエル・カーネマンとエイモス・ドベルスキーによって考案されました。

プロスペクト理論は以下のような人間の心理的傾向のことです。

・利益を得ることよりも、損失を回避することを優先する。
・利益に関してはすぐに確定させて、損失に関しては先送りにする。

FX初心者は必ず最初のうちは『プロスペクト理論』に当てはまります。

このプロスペクト理論を理解して抜け出せるようになることが、

FXで勝てるトレーダーになる第一歩と言っても良いでしょう。

プロスペクト理論のわかりやすい説明

プロスペクト理論がいまいちどういった理論なのか、分かりづらいと思うので、

プロスペクト理論のわかりやすい説明をご紹介します。

質問1:利益を得る場合

FX プロスペクト理論

以下のようなルールでコイントスをする際にあなたはゲームに参加しますか?

①コインが表→100万円を貰える
②コインが裏→50万円を失う
③ゲームに参加しない→20万円を貰う

おそらく多くの人は、100万円ほしいけど、50万円失うのが嫌なので、

『ゲームに参加しない』選択肢を取ると思います。

質問2:損失を受ける場合

FX プロスペクト理論

あなたは今借金が50万円あるという条件下で、

以下のルールでルーレットをする際にあなたはゲームに参加しますか?

①赤が出る→100万円もらえる(出現率30%)
②黒が出る→30万円失う(出現率70%)
③ゲームに参加しない→10万円もらう

借金50万円を抱えているので、

返済したいので『ゲームに参加する』選択肢を取ると思います。

質問1と質問2の期待値について

では、質問1の期待値を計算してみます。

ゲームに参加する場合:100万円×50%+(-50万円×50%)=25万円→期待値25万円
ゲームに参加しない場合:20万円×100%=20万円→期待値20万円

つまり、質問1では『ゲームに参加する』というのが期待値が高い選択だということです。

では、質問2の期待値を計算してみます。

ゲームに参加する場合:100×蔓延30%+(-30×70%)=9万円→期待値9万円
ゲームに参加しない場合:10万円×100%=10万円→期待値10万円

つまり、質問2では『ゲームに参加しない』というのが期待値が高い選択だということです。

この2つから分かることは、

・直観で行動をすると不合理的な選択をしやすく利益を得る時は確実な行動しやすい。
・損失を受ける時にはギャンブル的な行動しやすい。

ということです。これが『プロスペクト理論』になります。

FXの負けるトレーダーが陥るプロスペクト理論のケース

FXの負けるトレーダーが陥るプロスペクト理論のケースがあります。

2つのケースをご紹介したいと思います。

・利益を早く利確させたいケース
・損失の先送りするケース

利益を早く利確させたいケース

FXで含み益を抱えている際に、

利益を減らしたくないという気持ちから『早く利確』してしまいがちです。

つまり『含み益=自分が手に入れた利益』とみなして

含み益が減ることを損失だと考えるので、損失を避けてるために利確してしまいます。

目の前の利益を早く確定する(チキン利食い)=少ない利益幅を許容する

言い換えると利小なトレードです。

損失の先送りするケース

含み損を抱えている際に、損失を確定したくない心理が働き、

『損失を先送りして塩漬け』してしまいがちです。

本来損失を受け入れて損切りする場面で損失を回避したことで、

より大きな損失を発生させてしまいます。

プロスペクト理論を克服・改善する方法について

FXのトレーダーがプロスペクト理論を克服しなければならないです。

理由は『損大利小』のトレードになってしまうからです。

FXで勝てるトレーダーになるためには『損小利大』がベースです。

プロスペクト理論のままトレードするということは『損大利小』のトレードになってしまいます。

ですので、FX初心者はプロスペクト理論を克服する必要があります。

具体的なプロスペクト理論を克服・改善する方法についてご紹介します。

・取れる利益はしっかりと伸ばす
・損切りを必ず行う
・余剰資金でトレードする
・自動売買(EA)を使う

取れる利益はしっかりと伸ばす

FX初心者に多いのが、含み益を出ても早く利確したいという心理が働きます。

本来取れる利益を取れないと、

別のトレードで損切りをした際に損大利小のケースになってしまいます。

特にPipsを大きく取るスイングトレードであれば、

なおさらプロスペクト理論は克服しなければならないです。

損切りを必ず行う

投資の世界では『損切り』が大切だと言われています。

これはFXでも株式投資でも全ての投資で言われ続ける原理原則です。

損切りする行為は『損失を自ら受け入れること』です。

プロスペクト理論に陥る人は損失を許容できずに塩漬けしてしまいがちなので、

必ずトレードする際には損切りをすることが大切です。

損切りについては以下の記事を参照してください。

【FX初心者】FXで損切りが上手いトレーダーは勝てるトレーダー!?損切りがうまくなる方法についてまとめてみた
今回は、FXで損切りが上手いトレーダーは勝てるトレーダー!? 損切りがうまくなる方法についてまとめてみました。

余剰資金でトレードする

余剰資金でトレードすることは大前提ですね。

FXのトレード資金が自分の私生活に影響すると『負けられない心理状態』になるので、

どうしてもプロスペクト理論に陥ってしまいます。

ですので、トレードは余剰資金で必ずすることが大切です。

自動売買(EA)を使う

プロスペクト理論に陥る人ほど、私は自動売買(EA)を使った方が良いと思っています。

自動売買(EA)は決められたルールに従い、損切りや利確を行うので

トレードにトレーダーの心理が介入することが無いからです。

実際にプロスペクト理論を自然と自動売買(EA)を使ったことで克服した人も多くいますので、

プロスペクト理論克服するために自動売買(EA)を使うというのも良いです。

まとめ

今回はプロスペクト理論についてご紹介しました。

多くのFX初心者はプロスペクト理論によって負けしまっているケースが多いです。

プロスペクト理論を頭で理解しても実際にトレードすると

プロスペクト理論があなたの心理を支配して『損大利小』なトレードになってしまいます。

プロスペクト理論は己との戦いになので、自分に勝ちましょう。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました