スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FX初心者】FXで損切りが上手いトレーダーは勝てるトレーダー!?損切りがうまくなる方法についてまとめてみた

FX 損切り FX初心者

今回は、FXで損切りが上手いトレーダーは勝てるトレーダー!?

損切りがうまくなる方法についてまとめてみました。

FXの損切りは非常に重要

FX 損切り

FXの損切りは非常に重要ですね。

勝てるトレーダーの多くは損切りが上手いです。

今回はそんな損切りについてご紹介していきたいと思います。

ポジションを保有しているのじゃが、

マイナスが出て困っているぞい。

今回はFXの損切りについて詳しく書いているから

しっかり読んで損切りについて勉強しましょう。

FXの損切りの重要性

よくFXの本や記事などで損切りは大切であると言ったことが口を酸っぱく言われています。

なぜ、損切りがそれほどFXにおいて重要なのかを説明していきます。

もしFXでポジションを持ち損切りをせずに放置した場合、

トレンドが転換して運良く有利な方向に動けば損失はなくなり利益を得ることができます。

ですが、トレンド転換しなければ含み損を抱えることになります。

その含み損が小さい額であれば問題ありませんが、

大きくなればなるほど損失も大きくなるので、損切りに対して躊躇してしまいがちです。

勝てるトレーダーというのは勝率が低くてもうまく損切りをして損小利大をしています。

損小利大を目指すためにも損切りが非常に大切になるということです。

これはFXの本に書かれている格言なのですが、

損切りは負けではなく勝ちである。

損切ったトレーダーは投下資金の大半を取り戻している。

過去にそれができれば良かったと悔やむトレーダーは数多い。

という言葉があるように損切りは非常に重要だということです。

FXで負けるトレーダーの要因は損切りにある

FXで負けるトレーダーの要因は損切りにあります。

基本的にFXで負けるトレーダーというのは、

・損切りできずにコツコツドカン

・損切り貧乏

という2つが当てはまります。

FXで負けるトレーダーの要因1:損切りできずにコツコツドカン

コツコツドカンというは、勝率は全体として悪くはないのですが、損切りの重要性を理解せず

たった一回のトレードで損失を出してしまう負け方です。

このコツコツドカンはFX初心者がやってしまいがちなパターンになります。

FXで負けるトレーダーの要因2:損切り貧乏

損切り貧乏とは、損切りの重要性を理解しているにも関わらず、

損切りの回数が多く、トータルで大きく負けてしまうパターンになります。

損切り回数がなぜ増えるのかですが、FXの相場の知識が足りていないことが原因です。

チャート上で止まるポイントやどちらにトレンドが動くのかなどの

テクニカル分析が足りていません。

ですので、しっかりとテクニカル分析を学び実践することで損切り貧乏は改善できると思います。

FXの損切りは損小利大に繋がる

FXで勝てるトレーダーほど損小利大でトレードをしています。

極端な話を言えば、10回エントリーをして9回負けて損切りをしても、

残りの1回をしっかりと利益を取ることができればプラスになるのがFXです。

つまり、損切りは損小利大に繋がるということです。

FXで長く生き残っていくのであれば損切りは非常に重要であることを理解してください。

FXの損切りの目安について

FXの損切りの目安についてご紹介します。

FXで損切りをする場合はトレード手法や相場の根拠が崩れた場合に行うようにしましょう。

FXの損切りの目安について1:相場がレンジの場合

レンジの場合は、このサポートライン・レジスタンスラインが突破したらレンジが崩れる

というポイントで損切りをしましょう。

FXの損切りの目安について2:相場がトレンドの場合

トレンドの場合は、トレンドが崩れるというポイントで損切りを行いましょう。

FXの損切りの目安について3:pips数

損切りするPips数ですが、トレード手法のよりけりになります。

基本的な部分としては、

『トレード手法が稼げる利確幅によって損切りラインをずらせるか変わる』

ということです。

基本的には2つの項目をチェックするようにしましょう。

・値動きの幅から損切りを設定

・損失の幅から損切りを設定

FXの損切りを自動で行うには逆指値注文を行う

FXの損切りを自動で行うには逆指値注文を行うことが大切です。

逆指値注文というのは、現在よりもチャートが上昇した場合指定の金額で買い、

下落した場合指定の金額で売りを行う操作になります。

つまり、逆指値注文というは損失拡大回避の注文であるということです。

これは頭に入れておきましょう。

FXでなるべく損切りしないようにするためのポイント

今まではFXの損切りについてご紹介してきましたが、

多くのトレーダーはなるべく損切りをしたくないと考えていると思います。

ですので、損切りをせずにFXでトレードするにはどうしたらいいのかについて

解説してきたいと思います。

FXでなるべく損切りしないようにするためのポイント1:大きな証拠金でトレードする

FXで損切りをするケースというのは、損失額が大きくなり、証拠金維持率も低くなった場合です。

そのままポジションを保有して放置してしまえば、

損失は拡大されていき最悪の場合ロスカットされます。

ロスカットが施行されれば手元に残る金額が少なくなるため

そのまえに自分で損切りするトレーダーが多いです。

損切りしないようにするためには

『大きな証拠金でトレードする』ということが大切になります。

大きな証拠金でトレードすればロスカットを回避する可能性が高まります。

また大きな変動にも耐えられるので自分で損切りする必要がなくなり、

損失が発生しても相場の回復を待つことができます。

つまり、少ない証拠金でトレードした場合は

ロスカットや小さな含み損でアタフタしますが、

大きな証拠金でトレードすることで証拠金維持率を気にする心配や

ロスカットの心配などを気にせず安心してトレードすることが可能です。

FXでなるべく損切りしないようにするためのポイント2:ロット数を小さくする

FXにおいて、ロット数が大きくなればなるほど損益も大きくなります。

損益は証拠金維持率に大きく関係しており、損切りをしないようにFXでトレードするのであれば

証拠金維持率は高い水準でキープする必要があります。

ですので、同じ金額の資金でトレードする場合はロット数が小さければ小さいほど

損失のダメージも小さくなり、証拠金維持率の影響も少なくなります。

つまり、ロット数を小さくすることで損切りやロスカットも思考される可能性が低くなります。

FXで成功するには上手な負け方を覚えることが大切

FXで成功するには上手な負け方を覚えることが大切だと思います。

一回で資金を全て失うような負け方は下手な負け方です。

上手い負け方というのは、損失を最小限に抑える負け方です。

これを理解すれば勝てるトレーダーになることができると思います。

FXで資産を増やすためにはリスクを最小限に抑えながらリターンを最大限に伸ばすことです。

つまり何度も言っている『損小利大』です。

今回の記事は『損小』にするために必要な『うまい負け方』のテクニックになります。

まとめ

今回は、FXの損切りについてご紹介しました。

正しい損切りを行うことで、想定外の損失を減らすことができます。

うまく損切りをすることで損小利大で勝てるトレーダーに近づくので

ぜひマスターしておきましょう。

FXの自動売買|短期集中講座はこちら

コメント