スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FXのテクニカル分析】これで勝てる!!FXでのローソク足の使い方についてまとめたみた

FX ローソク足 FXのテクニカル分析

これで勝てる!!FXでのローソク足の使い方についてまとめたみました。

ローソク足

FX ローソク足

ローソク足は多くのFXのトレーダーが使用しているテクニカル手法です。

色々と知識や経験が増えていくると、他のインジケータや聖杯探しなどをするのですが、

旅を終えると多くの人がシンプルな手法が良いことに気づき、

「ローソク足こそ最強のテクニカル分析だ」

と思うわけです。

私自身もローソク足以上に信頼しているものはなく、最終的に判断するのはローソク足です。

それだけローソク足はFXに置いて信頼や重要なものであります。

今回はこのローソク足に着目して記事を書いていこうと思います。

FXのテクニカル分析一覧です。
1:ローソク足
2:移動平均線
3:MACD
4:ボリンジャーバンド
5:RSI
6:ストキャスティクス
7:RCI
8:ウィリアムズ%
9:一目均衡表
10:ADX(DMI)

ローソク足とは

ローソク足とはローソクの形状をしたものです。

おそらく殆どのチャートを開ければ、

一本一本の青や赤の棒で表されていると思うのですが、この一本一本の棒がローソク足です。

ローソク足の説明

FX 自動売買 EA

ローソク足ではどんな情報が含まれているのか説明したいと思います。

ローソク足は、“始値・終値・高値・安値”という4つの価格情報でできています。

始値:その日の最初に取引された価格

終値:その日の最後に取引された価格

高値:その日取引された中でもっとも高い価格

安値:その日取引された中でもっとも安い価格

ローソク足は必ずこの4つの価格情報を含んでいます。

これは常識レベルなのでしっかりと理解しましょう。

ローソク足の実体とヒゲ

FX ローソク足 実体 ヒゲ

ローソク足の実体とヒゲについて説明していきます。

実体:ローソク足の太いバーの部分を指します。実体は始値と終値の価格差を表します。

ヒゲ:ローソク足の縦の細い部分を指します。高値と実体との価格差、安値と実体との価格差です。

ローソク足の陽線と陰線

FX ローソク足 陰線 陽線

ローソク足には、陽線と陰線という2種類の実体が存在します。

陽線:終値が初値より高い価格で終わったローソク足。その日は相場が上昇したことを表します。

陰線:終値が初音より低い価格で終わったローソク足。その日な相場が下降したことを表します。

ローソク足のグループについて

FX ローソク足 グループ

ローソク足のグループについてご紹介します。

基本的な概要は先程お伝えしたとおりで、ローソク足には様々な形状が存在します。

ローソク足を使ったFXの実践的なトレード

ローソク足の概要などを理解した上で、

実際にFXでの実践的なトレードでの活用法についてご紹介したいと思います。

酒田五法

FX 酒田五法

酒田五法とは、ローソク足のパターンになります。

酒田五法は、日本の江戸時代の米相場で活躍した本間宗久によって

編み出された相場の分析方法です。

本間宗久は、現在の山形県酒田市周辺の大地主であったことから、

彼のローソク足を使ったチャート分析を酒田五法といいます。

チャートというのは、過去のパターンから現在のチャートの形成され、

現在のチャートから未来のチャートが形成されます。

なのでこうした酒田五法などのパターンは覚えておくと非常にトレードに役に立ちます。

酒田五法は5つのパターンが存在します。

それぞれのパターンについてご紹介したいと思います。

酒田五法のパターン1:三山(さんざん)

FX 酒田五法

三山(さんざん)とは、3回突破できなかった高値は、

もう超えないだろうという推測で相場の天井を見極めるパターン分析です。

3つの山の真ん中の山が一番高いパターンを三尊(さんぞん)といいます。

これはトレンド転換時に非常に強いパワーがあるので三尊(さんぞん)が出た後に

次のトレンドを狙ったりするとかなり良いトレンドフォローができたりします。

酒田五法のパターン2:三川(さんせん)

FX 酒田五法

三川(さんせん)とは、三山(さんざん)の逆のパターンです。

3回突破できなかった安値は、

もう落ちないだろうという推測で相場の底を見極めるパターン分析です

3つの谷の真ん中の谷が一番低いパターンを特に逆三尊(ぎゃくさんぞん)といいます。

酒田五法のパターン3:三空(さんくう)

三空(さんくう)とは、窓に焦点を当てたパターン分析です。

空は、突発的なニュースなどで、相場がパニック的に動いたことを示唆しています。

空が3回続けば、パニックは行き過ぎであり、逆張りのチャンスといった感じですね。

酒田五法のパターン4:三兵(さんぺい)

三兵(さんぺい)とは、連続する3本の陽線、あるいは陰線をいいます。

相場の安値圏で、3本の連続した陽線が出るパターンを赤三兵(あかさんぺい)といいます。

逆に高値圏で、3本の連続した陽線が出るパターンを黒三兵(くろさんぺい)といいます。

底値圏で3本連続の陽線が出現するパターンは買い

高値圏で3本連続の陰線が出現するパターンは売り

です。

酒田五法のパターン5:三法(さんぽう)

三法(さんぽう)とは、動かない相場では休んで、相場が動き出したら、取引を始める

という分析手法です。

三法(さんぽう)は、レンジ相場では取引を休み、相場がレンジから離れて動き出したら、

動いた方向に仕掛ける、というブレイクアウトの順張りのパターン分析になります。

時間足とローソク足の関係性

時間足とローソク足の関係性について説明していきます。

時間足というのは、それぞれの時間軸でのローソク足を指します。

代表的なものは下記の通りです。

・月足

・週足

・日足

・4時間足

・1時間足

・30分足

・15分足

・5分足

・1分足

そして、この時間軸が長いもの(時間が大きいもの)の影響力が強いです。

例えば、

5分足は1分足の5本分。

15分足は5分足の3本分

という感じで、短い足により長い足が形成されているので

長い時間軸のローソク足のほうが影響力があります。

これはかなり重要な情報なので理解してください。

ローソク足の組み合わせパターン

ローソク足の組み合わせパターン

・かぶせ線

・切り込み線

・はらみ線

・出会い線

まとめ

ローソク足はFXでは非常に大切な知識です。

今回教えた知識はチャートを分析するための土台になりこの基礎を応用できるトレーダーが

勝てるトレーダーになります。

今回の記事をしっかりと理解して身につけてください。

また、実践でのトレードは初心者の方はまだ完全に理解しなくても良いです。

それよりも先にこのサイトにあるFXの記事を読むようにしてください。

何回も読んでいれば、なぜこれが重要なのかが理解できるはずです。

FXのテクニカル分析についてはこちら

コメント