1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録してプレゼントをもらう

【FX-EA System Project】ナンピン系EAのリスクヘッジと爆発力を兼ね備えた『Scarlet(スカーレット)』について徹底解説してみた

Scarlet(スカーレット)  EAオリジナルEA

ナンピン系EAのリスクヘッジと爆発力を兼ね備えた

『Scarlet(スカーレット)』について徹底解説してみた

ナンピン系EAのリスクヘッジと爆発力を兼ね備えた『Scarlet(スカーレット)』

Scarlet EA

Scarlet(スカーレット)です。Scarletの由来は、

東方Projectのスカーレット姉妹から取ってきました。

Scarlet(スカーレット)はTシリーズのモデルをベースとした改良型モデルです。

Tシリーズはナンピンマーチン系のEAで、

比較的資金があればどんな相場でも対応はできるEAなのですが、

やはり変動が大きいと資金がショートしてしまうリスクがあるため、

他のグループやコミュニティでもナンピンマーチン系のEAが、

上手く行かないのはこのケアができていないからでした。

しかし、Scarlet(スカーレット)はナンピン系EAのデメリットであった

含み損のケアを行い『利益の爆発力』『証拠金維持率の安定力』

できる限り兼ね備えたモデルになっています。

ちなみにフォワードで2021年1月から回している口座はなんと

『50万円の証拠金からたった1ヶ月で170万円』に増やすことができました。

『もちろんデモじゃないので』安心してください。

一部出金されているのが確認できるので『デモトレードではないこと』がわかります。

そこらのSNSの胡散臭い人達と同じではありませんので。

バックテスト

Scarlet EA

期間2018/1/2〜2020/12/29
通貨ペアEUR/USD
時間足1分足
初期証拠金10,000ドル(約100万円)
純益191,783ドル(約1,900万円)
プロフィットファクター2.32
最大ドローダウン7.94%

3年間放置で証拠金100万円で3年間稼いだ金額は日本円で『約1,900万円』です。

損切りしないEAで普通は考えられない結果です。

よく複利だからだと言われるのですが、

この結果は複利ではなく『0.01ロットの単利』で稼いだ金額になります。

ナンピンについて

Scarlet(スカーレット)のナンピンについては以下のとおりです。

最大ナンピン本数:最大17本(変更可能)
ナンピン幅:幅は内部可変(非公開)

マーチン倍率

Scarlet(スカーレット)のマーチン倍率は『1.8倍』になります。

必要最小資金

Scarlet(スカーレット)の必要最小資金は口座タイプによって異なります。

というのもScarlet(スカーレット)はナンピン系ですので、資金力がどうしても必要になります。

なので、XMのスタンダード口座では資金が用意できないという人は、

XMのマイクロ口座を利用するという方法もあります。

XMスタンダード口座の1ロット→100,000通貨
XMマイクロ口座の1ロット→1,000通貨(100分の1)

ですので、資金が少ないがScarlet(スカーレット)を使ってみたいという人は、

マイクロ口座を利用してください。

マイクロ口座の場合:3,000円〜
スタンダード口座の場合:1通貨50万円以上

推奨している通貨ペア

Scarlet(スカーレット)の推奨している通貨ペアはマイクロで稼働している6通貨です。

・EURUSD
・GBPUSD
・USDJPY
・GOLD
・USDCHF
・USDCHF
・USDCAD

また、スタンダード口座の場合はフォワードでは

ポンドルとユロドルを稼働していますが、閲覧口座はユロドルのみなので、

同じように稼働したい場合はユロドルでお願いします。

時間足

scarletはスタンダードもマイクロも1分足で稼働してください。

リスク

Scarlet(スカーレット)はナンピン系のEAなので、

逆方向に数百pips動いた場合は破綻する可能性は『ゼロではない』です。

どのような相場でもリスクが大きくなる可能性があるので

・資金を推奨よりも耐えられる水準で運用しておく
・利益で増えた分を出金して事実上ノーリスクで運用する

このどちらかはScarlet(スカーレット)の運用前に予め考えておく必要になります。

価格

Scarlet(スカーレット)の販売価格は『15万円』になります。

また、サーバーの負担によって『限定300個』になります。

追加で販売するかどうかは未定となっています。

閲覧口座

閲覧口座はメンバーが実際の動きを見れるようにしています。

一般的には公開はしていないのでまずは企画に参加してください。

まとめ

Scarlet(スカーレット)は今まででも非常に優れたEAになりますね。

多くのEAを開発しているエンジニアの方も

Scarlet(スカーレット)のロジックや仕組みに対して、

お墨付きを貰っているほどの出来栄えとなっています。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました