1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して100万円分のプレゼントをもらう

【FX手法】ストキャスティクスを3本活用した『bringin sexy back』について徹底解説してみた

4.0
FX手法 bringin sexy backFX手法

ストキャスティクスを3本活用した『bringin sexy back』について徹底解説してみました。

bringin sexy back

FX手法 bringin sexy back

bringin sexy backは、3つのストキャスティクスを活用したFX手法になります。

bringin sexy backは直訳するとセクシーさを取り戻すってふざけた名前なのですが、

今回はこのbringin sexy backについて解説していきたいと思います。

bringin sexy backのインジケーター

FX手法 bringin sexy back

bringin sexy backのインジケーターについて説明します。

EMA

移動平均線については以下の記事を参照してください。

FXの移動平均線の種類・期間・組み合わせについてわかりやすく解説してみた
移動平均線は、一定期間の価格の終値の平均値を繋ぎ合わせたテクニカル指標です。 移動平均線はFX初心者からFX上級者までテクニカル分析で活用されています。 今回は、移動平均線の種類・期間・組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

EMAとは、指数平滑移動平均線になります。

EMAILは直近の価格を2倍にして計算しているので、

SMAよりもトレンドを捉えやすいという特徴があります。

SMAよりもエントリーや決済などのシグナルの遅さをカバーすることができます。

bringin sexy backではEMAを短期と長期で2つ利用します。

青:短期EMA(9)
赤:長期EMA(34)

ストキャスティクス

ストキャスティクスについては以下の記事を参照してください。

FXのストキャスティクスの計算式・期間・使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみた
ストキャスティクスとは、ジョージ・レーン氏が1950年代に開発したテクニカル指標で、日本語では「推計統計学」と呼びます。 ストキャスティクスはオシレーター系指標の中でも非常に人気の高いテクニカル指標です。 今回は、FXのストキャスティクスの計算式・期間・使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

bringin sexy backでベースとして活用するのがストキャスティクスになります。

ストキャスティクスは以下のように3つを使用します。

メインストキャスティクス長期ストキャスティクスエントリーストキャスティクス
K20505
D10103
Slow20203

bringin sexy backのトレード

bringin sexy backのトレードについて説明ます。

時間足

どの時間足でも可能です。

通貨ペア

通貨ペアは何でも良いです。

ロングエントリー

FX手法 bringin sexy back

ロングエントリーは以下の条件が揃った時にエントリーします。

①:長期ストキャスティクス(太い赤と太い青)がゴールデンクロス
②:EMAの短期と長期がゴールデンクロス
③:エントリーストキャスティクス(緑)がゴールデンクロス

エントリーストキャスティクスはどの場所でもクロスしても問題ないです。

ただし注意してほしいのが、

長期ストキャスティクスが80以上や20以下で張り付いている場合は注意が必要になります。

ショートエントリー

FX手法 bringin sexy back

ショートエントリーは以下の条件が揃った時にエントリーします。

①:長期ストキャスティクス(太い赤と太い青)がデッドクロス
②:EMAの短期と長期がデッドクロス
③:エントリーストキャスティクス(緑)がデッドクロス

エントリーストキャスティクスはどの場所でもクロスしても問題ないです。

ただし注意してほしいのが、

長期ストキャスティクスが80以上や20以下で張り付いている場合は注意が必要になります。

利確

利確は時間足によりますが、基本的に『25〜30pips』を目安に行います。

bringin sexy backのダウンロード

bringin sexy backのダウンロードは以下のリンクから可能です。

bringin sexy backのダウンロードはこちら

まとめ

bringin sexy backはストキャスティクスをメインでトレードされている方であれば、

うまく活用できる可能性もありますね。

もし興味があれば、ぜひダウンロードして活用してみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました