1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して100万円分のプレゼントをもらう

【無料】SemaForベースのトレンドラインを引いてくれるインジケーター『WATL-Open Source button』についてまとめてみた

3.5
FX インジケーター WATL-Open Source buttonFXインジケーター

SemaForベースのトレンドラインを引いてくれるインジケーター

『WATL-Open Source button』についてまとめてみました。

WATL-Open Source button

FX インジケーター WATL-Open Source button

WATL-Open Source buttonは高値と安値を認識するSemaForを利用して、

トレンドラインを引いてくれるインジケーターです。

高値同士と安値同士を結んでおり意識されやすいラインが表示されます。

WATL-Open Source buttonの使い方

WATL-Open Source buttonの使い方について説明します。

WATL-Open Source buttonで表示されているピンクのラインは現在のラインになります。

それ以外は基本的に過去のトレンドラインになっています。

FX インジケーター WATL-Open Source button

また、ただのトレンドラインを引くだけではなく、

トライアングルパターンなども判断できるので使い勝手の良いインジケーターだと思います。

WATL-Open Source buttonのダウンロード

WATL-Open Source buttonのダウンロードは以下のリンクになります。

WATL-Open Source buttonのダウンロードはこちら

まとめ

もし、WATL-Open Source buttonに興味があれば、

ぜひダウンロードしてトレードに役立ててください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました