1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録してプレゼントをもらう

【無料】全てのRSIを扱えるシグナルインジケーター『DSL-All RSI』についてまとめてみた

DSL-All RSIFXインジケーター

全てのRSIを扱えるシグナルインジケーター『DSL-All RSI』についてまとめてみました。

DSL-All RSI

DSL-All RSI

DSL-All RSIは様々なRSIをベースに買われ過ぎや売られ過ぎから

トレンドフォローと逆張りでシグナルを表示させることができるインジケーターです。

DSL-All RSIは、通常のRSI以外にも

・RSI
・RSX
・Cuttler RSI
・Ehler’s Smoothd RSI
・Haris RSI
・Rapid RSI
・Slow RSI

という種類のRSIを使うことができます。個人的にオススメなのがRSXですね。

DSL-All RSIの使い方

DSL-All RSIの使い方について説明します。

見方

DSL-All RSI

緑色:ロングエントリー
赤色:ショートエントリー
通常のシグナル:順張り

枠ありシグナル:逆張り

MTF

MTF(マルチタイムフレーム)対応しています。

以下の画像は5分足チャートに1時間足を表示した結果です。

より大きなトレンドに対して反応していることがわかります。

DSL-All RSI

移動平均線と組み合わせる

シンプルに移動平均線と組み合わせてみましょう。

移動平均線の上にローソク足があれば、ロングエントリーを狙っていき、

乖離があればそこから逆張りを狙っていく感じですね。

DSL-All RSI

DSL-All RSI

DSL-All RSIのダウンロード

DSL-All RSIのダウンロードは以下のリンクになります。

DSL-All RSIのダウンロードはこちら

まとめ

DSL-All RSIはRSIをベースに利用している人であれば使い勝手が良さそうなインジケーターです。

もし興味があればぜひダウンロードして活用してみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました