1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して100万円分のプレゼントをもらう

FXの通常の移動平均線をずらして使用するDMA(先行移動平均線)の使い方・設定・手法についてわかりやすく解説してみた

FX DMA(先行移動平均線)FXのテクニカル分析

DMAとは

DMAとは、Displaced Moving Averageの略で日本語では先行移動平均線と言います。

DMAは移動平均線を本来の位置から未来や過去にずらして表示させたものです。

FX DMA(先行移動平均線)

DMAはディナポリ手法でメインで使用される移動平均線になります。

今回はこのDMAについて徹底解説していきます。

DMAの特徴

DMAの特徴についてご紹介します。

ちゃぶつきを回避できる

通常のSMA(単純移動平均線)でトレンド継続するかどうかを判断しようとすると、

一時的な相場のレンジで移動平均線を抜けてしまい、ちゃぶつきがはっせいします。

ちゃぶつきはトレンド継続中のレンジで発生します。

FX DMA(先行移動平均線)

このちゃぶつきを回避する対策としてDMAで未来にシフトするという発想になりました。

未来にシフトすることでちゃぶつきを回避できるためトレンド方向が安定しやすいです。

FX DMA(先行移動平均線)

押し目や戻りがわかりやすい

DMAは通常の移動平均線をN期間分シフトさせているためN期間分トレンドが早く分かります。

よって早くトレンド転換を把握することができますし、

押し目や戻り目のタイミングを知ることができます。

FX DMA(先行移動平均線) FX DMA(先行移動平均線) FX DMA(先行移動平均線) FX DMA(先行移動平均線)

利確タイミング

DMAはN期間分シフトさせているため、利確タイミングとしても機能します。

ローソク足の価格の実体が、DMAを割り込んだりタッチした場合は利確タイミングになります。

FX DMA(先行移動平均線) FX DMA(先行移動平均線)

DMAの設定や期間

DMAの設定や期間ですが、主なDMAの期間としては次の3本のDMAを利用します。

DMA(3×3)→3SMA×シフト+3
DMA(7×5)→7SMA×シフト+5
DMA(25×5)→25SMA×シフト+5

個人的には「DMA(3×3)」が最も使いやすいです。

DMAの使い方

DMAの使い方について説明します。

シングル・ペネトレーション

DMAは通常、ディナポリ手法として使用されます。

その中でも「シングル・ペネトレーション」が最もシンプルで使いやすいです。

シングル・ペネトレーションは、8本〜15本以上のスラストが発生したあとに

フィボナッチ・リトレースメントの「38.2%」で押し目や戻り売りを狙う方法です。

FX DMA(先行移動平均線)

グランビルの法則

DMAは押し目買いや戻り売りタイミングが、

非常にわかりやすいため、グランビルの法則などに使用するのが良いでしょう。

移動平均線がゴールデンクロスしているため上昇トレンドであることがわかります。

FX DMA(先行移動平均線)

そしてDMA(3×3)をローソク足が上回り、

短期の移動平均線を抜けてグランビルの法則でロングエントリーします。

FX DMA(先行移動平均線)

移動平均線がデッドクロスしているため下降トレンドであることがわかります。

FX DMA(先行移動平均線)

そしてDMA(3×3)をローソク足が下回り、

短期の移動平均線を抜けてグランビルの法則でショートエントリーします。

FX DMA(先行移動平均線)

DMAの組み合わせ

DMAの組み合わせについて説明します。

ストキャスティクス

DMAはストキャスティクスと組み合わせるのもオススメになります。

ストキャスティクスについては以下の記事を参照してください。

FXのストキャスティクスの計算式・期間・使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみた
ストキャスティクスとは、ジョージ・レーン氏が1950年代に開発したテクニカル指標で、日本語では「推計統計学」と呼びます。 ストキャスティクスはオシレーター系指標の中でも非常に人気の高いテクニカル指標です。 今回は、FXのストキャスティクスの計算式・期間・使い方や組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

DMAとストキャスティクスを組み合わせることで、

それぞれの波のうねりを活用して、押し目や戻り売りのタイミングが掴みやすくなります。

ストキャスティクスが20以下でクロスして、

ローソク足がDMAを上回るタイミングでロングエントリーします。

FX DMA(先行移動平均線)

ストキャスティクスが80以上でクロスして、

ローソク足がDMAを下回るタイミングでショートエントリーします。

FX DMA(先行移動平均線)

一目均衡表

DMAは「一目均衡表の雲」と組み合わせして使用するもオススメです。

一目均衡表については以下の記事を参照してください。

FXの一目均衡表の基準線・転換線・ 先行スパン・遅行スパンや雲の使い方についてわかりやすく解説してみた
一目均衡表とは、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標です。 多くのテクニカル分析が価格の変化や相場の流れを重視して時間を二次的なものとして扱っているのに対して、 一目均衡表は時間を主体として、値段を二次的なものとして扱っている珍しいテクニカル指標です。 今回はFXの一目均衡表の基準線・転換線・ 先行スパン・遅行スパンや雲の使い方についてわかりやすく解説してみました。

DMAと一目均衡表の雲の共通点は、

「値動きよりも先行しており将来の予測に使える」点です。

一目均衡表のトレンド方向とDMAの押し目買いや戻り売りのタイミングを合わせます。

ローソク足は一目均衡表の雲よりも上にあることを確認します。

FX DMA(先行移動平均線)

DMAよりもローソク足が上回るタイミングでロングエントリーをします。

FX DMA(先行移動平均線)

ローソク足は一目均衡表の雲よりも下にあることを確認します。

FX DMA(先行移動平均線)

DMAよりもローソク足が下回るタイミングでショートエントリーをします。

FX DMA(先行移動平均線)

まとめ

DMAは使い方が様々あり通常の移動平均線に加えて使用すると、

ちゃぶつきが無くよりエントリーの精度も高くなると思います。

ぜひ、DMAを活用してトレードしてみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

1,000人限定でFXの自動売買のEAを無料で配布中!!

FX-EA System Projectでは、

【1,000人限定で無料でFXの自動売買のEAを配布中】

です!!

・毎日チャートを見てるのに全く稼げなかった

・コンサルや塾に入ったけど全く稼げなかった

・裁量トレードは難しくて挫折した

・ツールやシステムを購入したが全く稼げなかった

・時間がなくて裁量トレードを行える時間がない

・自動で楽に稼ぎたい

という風に思っている方はこの企画はおすすめです。

フォワードテスト・バックテストを

しっかり行ったパフォーマンスの良いEAを提供中です!!

また、どんどん新しいEAも随時無料配布します!!

人数限定なので早いものがちです!!

もしFX-EA System Projectに興味があれば

是非参加してください。

FXのテクニカル分析
masayaをフォローする
fx-ea-system-project

コメント

タイトルとURLをコピーしました