コレさえ読めば完璧!!FXに関する税金について徹底解剖してみた

FX 税金 節税

今回は、FXで儲かったあとに誰しもが悩む税金についてご紹介したいと思います。

FXで儲かったはいいけど税金に対する知識ないけど

どうしたら良いんだろう。

しっかりとこの記事の内容を学んでいけば

税金に対する知識はバッチリよ!

専門用語や少し数字の絡む内容ですが、わかりやすく解説していきます。

FXの確定申告について

FX 確定申告

ではまず、確定申告について説明してきます。

確定申告って今まで会社がやってくれていたから

自分でやるのは初めてなんだけどできるかな?

しっかりと内容さえ理解すれば誰でも簡単に行うことができるわよ

最近では確定申告のツールなどもあるから大丈夫よ!

確定申告とは

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた

全ての所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、

源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。

難しいのでざっくり説明すると、

一年間で稼いだお金に対して税金を収めましょうということになります。

【FX初心者】FXで稼いだ人必見!!初めての人でもわかる確定申告について徹底解剖してみた
今回は、FXで稼いだ人必見!!初めての人でもわかる確定申告について徹底解剖してみました。

利益の計算式

利益の計算式は下記のとおりです。

売上-経費=利益(-控除)

FXの収益は売上に該当してそこから経費を引いたものが確定申告で収める利益となります。

FXの確定申告はいくらから

・年収が2,000万円を超える人

・複数の会社から給与を貰っている人

・給与所得や退職所得以外の所得金額が20万円を超えている人

FXの確定申告の時期

1月1日から12月31日までの1年間に決済した「売買益」「スワップ金利」が利益の対象です。

そしてその年の確定申告は、原則翌年の2月16日から3月15日までの1ヵ月間に行います。

確定申告の際に用意するもの4点

確定申告の際に用意するもの4点です。

これはしっかりと用意しておきましょう。

・源泉徴収票(給与所得・退職所得・公的年金など)

・印鑑

・確定申告書

・一年間の取引損益が記載された書類

FXの確定申告の方法

FXの確定申告の方法についてです。代表的なものは主に4つです。

どの方法でも確定申告を行えば問題ありません。

FXの確定申告の方法1:自分で税務署に持ち込む

国税庁のウェブサイトにある「確定申告書等作成コーナー」に自分のパソコンでアクセスし、

必要な情報を入力して、プリンタで申告書を印刷して郵送または税務署に持ち込む方法です。

FXの確定申告の方法2:税務署や最寄りの還付申告センターに設置しているパソコンで作成しその場で提出

税務署や最寄りの還付申告センターに設置しているパソコンで作成、その場で提出する方法です。

すでに役所の人がいるのでわからないことをすぐに質問できます。

FXの確定申告の方法3:税務署や最寄りの還付申告センターで確定申告書の用紙を貰い郵送または持ち込みにより提出

税務署や最寄りの還付申告センターで確定申告書の用紙をもらい、手で書き込んで申告書を作成して

郵送または持ち込みにより提出する方法です。

FXの確定申告の方法4:e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用する

e-Taxと呼ばれる、国税電子申告・納税システムを活用して、

インターネットを経由して電子書類の送信により申告する方法です。

一番これが手っ取り早いと思います。

FXで利益が出たら確定申告はしっかりと行おう!!

FXで利益が出たら確定申告はしっかりと行いましょう。

利益が出たからと言って、すべて自分の利益ではなく税金が発生します。

脱税がバレた場合には逮捕+追微課税という罰則があります。

意図的ではない確認ミスなどによる脱税:無申告加算税(15%)など

明らかに悪質な隠ぺい行為による脱税:重加算税(35%)

脱税は違法ですし、さらに余分に税金を払う必要があるので、

しっかりと税金はみなさん収めましょう!!

FXの税金について

FX 税金

ついにFXの税金について学ぶのか。

俺でもしっかりと理解できるかな?

しっかりと説明しているから

この記事を読めばFXの税金はバッチリよ!

確定申告についてご紹介したので、次は、FXの税金について勉強していきましょう。

国内FXと海外FXの税金の違い

海外FXと国内FXの税金の違いのまとめになります。

ここで大きな違いは、黄色で分けられています。

海外FX 国内FX
納税義務アリアリ
確定申告ボーダー利益額給与所得者:年間20万円以上
「非」給与所得者:年間38万円以上
 給与所得者:年間20万円以上
「非」給与所得者:年間38万円以上
所得分類雑所得 雑所得
税制度総合課税申告分離課税
税率累進課税 一律20%
損益通算
(総合課税の雑所得同士)
 ○
(申告分離課税の雑所得同士)
損失繰越(損失控除)× ○
(3年間)
節税
(必要経費)
 ○
(損益通算/必要経費)
脱税× ×
どちらの税金がお得か?全所得が420万円までなら国内FXより安くなる 約420万円以上なら海外FXより安くなる

国内FXと海外FXの税制度について

税制度についてですが、

海外FX:総合課税

国内FX:分離課税

という違いがあります。

総合課税というのは、所得を合算した総所得金額に課税する方法です。

サラリーマンの給与所得やアパートなどの賃貸経営者の不動産家賃収入、

個人事業主の事業所得などがあります。

それに対し、分離課税とは不動産売却による所得や銀行預金の利子所得、

株の売却による所得に単独の計算で課税する方法です。

総合課税をわかりやすく説明すると、

「全部の所得をひとまとめに計算して、支払う税金が決まる」制度のことです。

つまり、海外FXの税金を考える場合、海外FXで得た利益だけでなく、

その他の所得もすべて考えて計算しなければならないということです。

国内FXと海外FXの税率について

海外FX:累進課税

国内FX:一律20%

累進課税というのは、稼げば稼ぐほど税金が増えていく制度になります。

給与などもすべて合わせた所得が約420万円以下までなら、

海外FXの税金は国内FXと同等かそれ以下で済みます。

累進課税とは

累進課税とは、年間の利益額に応じて収める税金が変わってくる制度です。

以下は年間利益額に応じた税率になります。

年間利益額(所得額の区分)税率税率の内訳(※)控除額
195万円以下15%所得税5%+住民税10%0円
195万円超~330万円以下20%所得税10%+住民税10%97,500円
330万円超~695万円以下30%所得税20%+住民税10%427,500円
695万円超~900万円以下33%所得税23%+住民税10%636,000円
900万円超~1,800万円以下43%所得税33%+住民税10%1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下50%所得税40%+住民税10%2,796,000円
4,000万円超~55%所得税45%+住民税10%4,796,000円

国内FXと海外FXの損益通算について

海外FX:総合課税の雑所得同士であればOK

国内FX:申告分離課税の雑所得同士であればOK

損益通算というのは、簡単に説明すると、

「利益と損失を合体させて税金がかかる金額を決めること」です。

ここで注意したいのが、海外FXと国内FXは損益通算することができないということです。

海外FXでの損益通算できるもの

・複数の海外FX口座

・アフィリエイト収入

・転売など

国内FXでの損益通算できるもの

・バイナリーオプション

・先物取引

国内FXと海外FXの損失繰越について

損失繰越についてです。

海外FX:不可

国内FX:可能(3年間)

損失繰越(損失控除)とは

「前年に出した損失を持ち越して、今年の所得から差し引く」

ことです。

例えば

2017年:100万円(損失)

2018年:200万(利益)

を出したとします。

損失繰越すると、2017年の利益から2018年の損失を差し引けるんですよね。

つまり2018年の税金は前年の損失を引いた「100万円のみ」にかかることになります。

損失繰越が海外FXではできませんので、しっかりと各年ごとに税金を支払う必要があります。

税率が高いがそれでも国内FXよりも海外FXをおすすめする!!

今回の内容を見るといかにも海外FXのほうが税率が高く国内FXのほうが良いのでは?

と思われますが、税率が高いですが、それでも国内FXよりも海外FXをおすすめしています。

理由としては、海外FXは国内FXよりも、はるかに稼ぎやすい環境が整っているからです。

単純に、税率安いからと言って国内FXでは追証と呼ばれる

損失分をさらに払わないといけない制度があります。

ですが、海外FXではゼロクリアされるので、追証が発生することはありません。

なので、海外FXで利益を出して、

どうやって税金を安く抑えるのか考えることが大切だと思います。

FXの節税について

FX 節税

FXで稼いでもこんなに多くの税金が発生するなんて….

大丈夫よ!

しっかりと経費というのも使うことでうまく

税金を節税することができるわ!

FXでの税金についてお話させていただきましたが、結構お金がかかるものです。

ですが、この税金を唯一減らすことができるのがこの経費と呼ばれるものです。

では説明していきます。

【FX初心者】FXの税金をより安く賢く抑える3つの節税対策についてまとめてみた
今回は、FXの税金をより安く賢く抑える3つの節税対策についてまとめてみました。

経費とは

FX 税金 節税 対策 経費

経費とは、事業を行うために使った費用(コスト)のことです。

何かしらビジネスや事業を行って収入を得るには、仕入れなどの費用がかかります。

そうした仕事に関してお金がかかるものを経費と言います。

FXの税金の経費になるもの

FXの税金の経費になるものですが、

・セミナー参加費用および交通費、宿泊費

・投資家同士の情報交換に係る飲食代

・銀行の取引手数料および振り込み手数料

・書籍、新聞、有料投資情報などの資料代

・FXの取引手数料

・パソコン購入費

・プリンターのインク代

・インターネット費用

・プロバイダ費用

・電話代(電話注文で使用する場合)

・郵便料金などの通信費

・スマホ代(同じくアプリで注文する場合)

・事務用品(ノートやペンなど)

など存在します。特によく使う経費をピックアップしました。

書籍費:FXを研究するため購入した書籍や雑誌、新聞などは経費になります。

研修費:FXに係わる研修であれば経費になります。

システムトレード費用:24時間開いている為替市場をシステムに任せることをシステムトレードと言い、その費用も経費になります。

手数料:銀行の取引手数料など

純粋にFXのために使うその割合の分しか経費にはなりません。

ふるさと納税

FX 税金 節税 対策 ふるさと納税

最近話題となっているふるさと納税ですが、節税効果もあります。

詳しくは下記の記事を参照してください。

【FX初心者】FXで稼いだ人必見!!税金を低く抑えるための『ふるさと納税』について徹底解説してみた!!
今回は、FXで稼いだ人必見!! 税金を低く抑えるための『ふるさと納税』について徹底解説してみました。

法人化

FX 税金 節税 対策 法人化

先程までは個人でのお話でしたが、このFXを法人化することでより

FXの税金を抑えることができます。

法人化のメリット

・経費として認められる費用の種類が増える

・所得の分配ができる

・レバレッジの制限が個人口座でするより大きく設定できる

・他の事業所得との損益通算が可能

・損失繰越が9年間まで可能

・相続税の対策として有利

法人化のデメリット

・法人化するのに手間・お金がかかり、してからも毎年維持費がかかってくる!

・儲けたお金を自由に使いにくい!

・法人を辞めるときも大変!

法人化の経費

法人化することで個人のときよりも経費で落ちるものが多くなります。

例えば以下のようなものは経費になります。

・家賃(事務所代)

・社用車購入代金

・税理士代

・保険料

・役員報酬(自分の給料)

・社員への給料

株式会社と合同会社の違い

法人化するにあたってよく聞かれるのが、

株式会社と合同会社の違いです。

株式会社と合同会社の違は以下の2点にあります。

・コスト面

・社会的な信用度

合同会社では、初期にかかる費用とランニングコストを抑えることができることです。

株式会社では、信頼度が高いということです。

あまり深く考えずに、コスト面を気にする方は合同会社に、社会的信頼を気にする方は株式会社に

という感じで、選んだほうが良いです。

また、他の事業なども考えているのであれば株式会社をおすすめします。

費用

株式会社:最低でも合計で25万円程度

合同会社:最低でも合計で10万円程度

まとめ

いかがだったでしょうか?

FXで稼いでいくと税金の問題は出ていくるのでぜひとも今回の記事を参考にして税金について

しっかりと考えていほしいです。

FXの自動売買|短期集中講座はこちら