スポンサーリンク
FX-EA System Project

【初心者必見】FXの自動売買の証拠金維持率の目安についてまとめてみた

FX 自動売買 証拠金維持率 FXの資金管理

今回は、FXの自動売買の証拠金維持率の目安についてまとめてみました。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、

「時価評価総額に対しての必要証拠金の割合」

のことになります。

口座の資産と未決済ポジションの損益の合計金額に対して、

ポジションを保有するのにひつ言おうな証拠金がどれくらいかパーセンテージで

表されます。

この証拠金維持率が一定水準を下回ると、ロスカットが施行されます。

つまり、この証拠金維持率はFXのトレードに大切な要素であり、

この証拠金維持率を確認することで、取引のリスクはどんな状況か確認できます。

証拠金維持率の計算式

証拠金維持率の計算式は下記の計算式になります。

時価評価総額÷ 必要証拠金×100=証拠金維持率(%)

例を出せば、

・10万円入金

・1ドル100円

・1万通貨のポジションを保有

の時に

必要証拠金の計算式:100円×1万通貨×4%=4万円

10万÷4万×100=250

となるので、この例で言えば証拠金維持率は250%となります。

レバレッジとは

レバレッジとは、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、

証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

担保となる手元の資金(取引保証金)に「レバレッジ」をかけて、

何倍もの金額の外貨を取引が可能です。

通常であれば、10万円の資金(取引保証金) であれば10万円分の取引しかできません。

しかし10倍のレバレッジを使えば、取引できる金額が10万円の10倍なので

つまり100万円となります。

レバレッジをかけることで手元の資金(取引保証金)の何倍もの金額を取引できるのです。

これがレバレッジの特長です。

FXの魅力は、証拠金によって少ない元手で大きな金額を動かせることです。

レバレッジによって資金効率よく大きな利益の追求ができる反面、

大きな損失となることもあるので諸刃の剣になります。

レバレッジの計算式

レバレッジの計算式は下記の計算式になります。

レート×通貨単位÷預け入れ資金=レバレッジ

100×1万÷10万=10 ですので、

10万円を入金して1万通貨のポジションを持つと、レバレッジは10倍となります。

証拠金維持率とレバレッジの関連性

証拠金維持率とレバレッジの関連性の表になります。

証拠金維持率レバレッジ・特徴
2,500%1倍
1,250%2倍
500%5倍
250%10倍
主に100%を下回ったとき25倍

新規建玉ができない。
追証が発生する。

主に50%を下回ったときロスカットの対象になる。

マージンコールの水準は100%でロスカットの水準は50%の会社が多いですが、

数値はFXの取引所により異なります。

マージンコール(追証)とは?

マージンコールとは追証という意味です。

追証(おいしょう)とは、「追加保証金」のことです。

含み損によって所定の証拠金維持率を下回ると、

ポジションを維持するのに保証金を追加する必要があります。

基本的に海外のFX業者はマージンコールはありません。

国内のFX業者はマージンコールがあります。

ロスカットとは?

ロスカットとは保有中の全ポジションに対して、

システムが自動的に決済の成行注文を発注します。

投資家の損失拡大を防ぐのが、ロスカットの目的です。

ただし、相場急変時はスリッページによって証拠金以上の損失となる可能性もあります。

FXの自動売買でロスカットを回避する2つの方法

FXの自動売買でロスカットを回避する2つの方法をご紹介します。

主にはこの2つになります。

建玉の一部を決済する。

建玉の一部を決済すると注文中の証拠金が減りますので、証拠金維持率が上がることになります。

ただし、ポジションが1lotの場合は建玉の一部を決済することはできません。

証拠金を追加で入金する。

証拠金を追加で入金すると口座の純資産額が増えますので、

証拠金維持率が上がることになります。

FXの自動売買で証拠金維持率はどれぐらい必要か?

FXの自動売買で証拠金維持率はどれぐらいか必要かという問題ですが、

始めるに当たっては、200%ぐらいが良いかなと思います。

200%を目安にしてできれば300%以上で取引することをおすすめします。

【FX資金管理】FXの自動売買のEAはどれだけの証拠金維持率が必要なのか?
FXの自動売買のEAはどれだけの証拠金維持率が必要なのかについてです。

まとめ

今回は、FXの自動売買での証拠金維持率やレバレッジなどの説明でした。

自分がどんな状況かを理解して今後のトレードに活かしてください。

FXの資金管理とメンタルコントロールに関してはこちら

コメント