〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【初心者必見】仮想通貨もFXも自動売買の時代に突入!?情報についてまとめてみた

FX 自動売買(EA) 仮想通貨FXの自動売買(EA)

今回は、仮想通貨もFXも自動売買の時代に突入!?情報についてまとめてみました。

仮想通貨もFXも自動売買の時代に突入!?

FX 自動売買(EA) 仮想通貨

私自身の意見ですが、仮想通貨もFXも自動売買の時代に突入しつつあると思います。

やはり、自動売買には裁量トレードにないメリットが多いですし

資産運用を始めようとしている人のほとんどがサラリーマンなどの労働者です。

時間がないサラリーマンは、裁量トレードでチャートを見る時間は少ないので、

自動売買が普及する可能性が高いと思っています。

今回はそうした自動売買が普及する可能性についてお話していきたいと思います。

仮想通貨BOT開発グループMANAコミュニティ

FX 仮想通貨 自動売買

仮想通貨BOT開発グループMANAコミュニティでの仮想通貨BOTのについて

インタビューを受けた記事がありました。

下記は記事の引用文になります。

手動でトレードを行っていたときは一日中デスクに張りついて結果に一喜一憂し、

精神もだいぶ不安定でした

そう語るのは、BOT開発グループ「MANAコミュニティ」を運営するモイさん(22歳)。

BOTとは一定の法則を基にトレードを自動で行ってくれるプログラムのことで、

仮想通貨を中心に人気が出始めている投資手法だ。

◆仮想通貨取引を自動化するBOTを駆使して月利50%

「プログラムがチャートを監視してくれて、設定した条件に合致すればエントリー。

『3%上がったら利確、逆に1%下がったら損切り』というふうに、自在に設定できます。

だからこそ根幹を成すロジックが大切で、

起動する前に資産をどう管理するかを慎重に考えてテストし、

問題があれば修正を行いながら改善していきます」

ビットコイントレーダーのunder_barrさんはBOTトレードで収益が大幅に上がり、

一日に50万円近い利益を出した経験を持つ。

トレードの自動化により自由な時間が増えるうえ、収益もアップ。いいことずくめだと語る。

「最近ではnoteなどで検索すれば、

無料から高いもので数十万円するプログラムを買うことができます。

ただし、どのBOTも必ず儲かる保証があるわけではない。詐欺的なものもあります。

BOTのプログラムコードがすべて公開されているか。

販売者&開発者が信頼できるか。サポートはしてくれるか。

最低でもこの3点は必ず確認すべきです」

そんなBOTトレードの利点は、利確と損切りを徹底できること。

人間がやるとどうしても感情に左右されてトレードが乱れがちだが、BOTなら正確無比だ。

「いけると思った設定さえ済ませば、後は任せるだけ。

特に苦手な損切りを自動でやってくれるのは大きくて、

勝率が高い局面のみ淡々とエントリー&決済してくれる。

自分でやるより労力的にも成績的にもパフォーマンスはかなりいい。

月に安定して50%を獲ることもそう難しくはありません」

現代における錬金術の最先端は、BOTトレードなのかも!?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180711-01486424-sspa-bus_all

これからは自動売買の時代が来る!?

仮想通貨 自動売買 AI

仮想通貨や為替を含めて私は自動売買が今後主流化していくると思っています。

多くのヘッジファンドでも従業員を減らしてAI(人工知能)などでの

自動売買が主流化されつつあります。

以下は本文の引用文です。

香港に本社を置く新興ヘッジファンド「Aidyia」では、

日常的な証券売買を完全にAIに任せ、そこには人間のトレーダーは全く関与していないという。

また、新興業者だけでなく、「ブリッジウォーター」や

「ルネッサンス・テクノロジーズ」など業界大手も

「AIトレード(AIによる証券取引)」を加速している。

なかでも運用資産総額が1,700億ドル(20兆円前後)とも

言われる世界最大のヘッジファンド「ブリッジウォーター」は、

有名な米IBMのAIコンピュータ「ワトソン」の技術者チームを引き抜いて、

AIトレード・システムの開発に当たらせている。

ただし、ここで言う「AIトレード」は、近年話題に上ることの多い

「HFT(超高速取引)」とは別物だ。HFTは、

たとえば先物と現物の僅かな価格差をコンピュータが見逃さず、

高速回線を経由して瞬時に大量の証券売買を繰り返すなど、

いわば「統計的な鞘取り」システムに過ぎない。

これに対し、ヘッジファンドの「AIトレード」では、

中・長期的な相場変動は元より、世界各国の政治・経済状況、

あるいは企業業績などミクロ経済指標、さらには各国中央銀行の動向や市場センチメントなど、

総合的なデータを深く分析して、投資銘柄を決定する。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48922

なので、今後は裁量トレードのような目視してトレードできる

レベルの自動売買の開発が加熱してくると思います。

逆にそれができないトレーダーは勝てなくなってくるのではないかと思っています。

まとめ

やはり、自動売買のメリットに多くの人のニーズが合ってきていると思います。

今後は裁量トレードではなく自動売買が一般的になってくるでしょうね。

もしFXの自動売買について学びたい方は下記の記事をご覧ください。

FXの自動売買|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました