公式ラインに登録するだけで無料で裁量システムプレゼント

【FXのテクニカル分析】機関投資家が目標値として使っている指標『VWAP』について徹底解説してみた

4.0
FX VWAPFXのテクニカル分析

機関投資家が目標値として使っている指標『VWAP』について徹底解説してみました。

VWAPとは

FX VWAP

VWAPとは『Volume Weighted Average Price』の略語で、

日本語では『出来高加重平均』と言います。

VWAPは当日にトレードされた価格ごとに形成される出来高(売買高)を加重平均して

数値やグラフで表したものです。

ただし、FXには株式のような出来高が無いのでティック数を用いて計算しています。

あまり日本ではVWAPを活用されていませんが、

海外トレーダーの中にはVWAPを投資基準で考える非常に多いです。

今回はそんなVWAPについて徹底解説していきたいと思います。

VWAPの計算式

VWAPの計算式は以下の通りになります。

VWAP = 1日の総売買代金 ÷ 1日の総出来高

計算式から分かる通り、VWAPは出来高が考慮されているので現状の相場環境に近い動きをします。

VWAPの特徴

VWAPの特徴について説明します。

・機関投資家などが目標値としている
・投資家心理が読み取れる
・デイトレードにおすすめ
・限られた時間軸で活用

機関投資家などが目標値としている

VWAPは大口取引を行う機関投資家やヘッジファンドが中心に目標値としています。

投資家心理が読み取れる

VWAPは機関投資家などが目標値としているので、

『投資家の心理が読み取れる指標』のひとつとして考えられるようになっています。

デイトレードにおすすめ

VWAPはデイトレードにおすすめです。

デイトレードの目標値を算定する指標として活用できます。

他にもスキャルピングでも活用することが可能です。

限られた時間軸で活用

移動平均線やボリンジャーバンドなどの指標は連続性がありますが、

VWAPは1日などの限られた時間でチャート上に表示されます。

連続しているのではなく1日などで毎回区切られるということを頭に入れておいてください。

VWAPの使い方

VWAPの使い方は基本的に移動平均線と同じように使います。

ブレイク

FX VWAP

ローソク足がVWAPを上にブレイクしている場合は、

その日に銘柄を買った投資家の多くは含み益状態であり、上昇方向への買い圧力が強いです。

逆にローソク足がVWAPを下にブレイクしている場合は、

その日に銘柄を買った投資家の多くは含み損状態であり、下落方向への売り圧力が強いです。

ローソク足がVWAPを上にブレイク:上昇トレンド
ローソク足がVWAPを下にブレイク:下降トレンド

サポレジライン

FX VWAP

VWAPは値の売買目標にしているので、サポレジラインとして機能します。

傾き

FX VWAP

VWAPの傾きからも判断することができます。

VWAPが右肩上がりということは、平均価格が上がり続けているので、

価格が戻れば買いたい投資家が多くいるので、VWAP付近で買い圧力が高まります。

逆にVWAPが右肩下がりということは、平均価格が下がり続けているので、

価格が戻れば売りたい投資家が多くいるので、VWAP付近で売り圧力が高まります。

右肩上がり:上昇トレンド
右肩下がり:下降トレンド
水平:レンジ

VWAPのインジケーター

VWAPのインジケーターについて説明します。

VWAPバンドはVWAPに標準偏差バンドが追加されたものです。

個人的にVWAPのインジケーター使うのであればVWAPバンドの方がオススメですね。

VWAPバンドの仕組みはボリンジャーバンドと同じです。

VWAPのインジケーターのダウンロードはこちら

また、Pricehistgram_Onclickなどの価格帯がわかる

インジケーターと組み合わせるとより効果的ですね。

【無料】意識されている価格帯が丸裸にできるインジケーター『Pricehistgram_Onclick』についてまとめてみた
意識されている価格帯が丸裸にできるインジケーター 『Pricehistgram_Onclick』についてまとめてみました。

ちなみに私はフラクタルのインジケーターとVWAPを組み合わせて使っています。

FX VWAP

まとめ

VWAPは株式トレードではよく使われますが、FXではあまり使っている人がいないので

もし、興味があればぜひ活用してみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました