〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FXのテクニカル分析】これを読めば誰でも理解できる!!ダウ理論についてまとめてみた

FX ダウ理論FXのテクニカル分析

今回は、これを読めば誰でも理解できる!!ダウ理論についてまとめてみました。

FXの相場を理解するために重要なダウ理論

FX ダウ理論

今回はFXで古くからある理論『ダウ理論』についてご紹介していきたいと思います。

ダウ理論と言われると少し難しそうだと思われますが、

初心者でもわかりやすく教えるので心配は必要ありません。

ダウ理論はトレンドの継続や転換をインジケータを使わずに把握することができます。

それほど相場の原理原則が詰まっている理論なのでしっかりとマスターしておきましょう。

ダウ理論とは

ダウ理論とは、相場の値動きを評価する理論として19世紀末から唱えられている理論になります。

ダウ理論は19世紀に金融ジャーナリストであるチャールズ・ダウによって作られた理論です。

この古い理論は今のFXでもしっかりと通用する理論です。

ダウ理論はFXの相場を読み取る上で非常に大切な理論なので、

ぜひFXを始めた方はマスターしてほしいですね。

ダウ理論の6つの原則

ダウ理論は、6つの原則が存在します。まずはこの6つの原則についてご紹介します。

ダウ理論の原則1:平均は全ての事象を織り込んでいる

FXの相場はファンダメンタルズ要素を含めてすべて折り込んでいるというのが大前提です。

需要と供給のバランスで相場は成立しているので、予測不可能なファンダメンタルズ要素は

すべて織り込まれています。

もともと織り込まれているチャートの値動きに

ファンダメンタルズ要素を更に加える必要はないです。

すべて折り込んでいるのがチャートの値動きなので、

それをベースにトレードするのがテクニカル分析です。

ダウ理論の原則2:トレンドには3種類が存在する

ダウ理論ではトレンドは短期、中期、長期の3種類が存在すると言われています。

ダウ理論の原則3:主要トレンドは3段階で構成される

FX ダウ理論

ダウ理論では、主要なトレンドを大枠で3段階で捉えています。

ダウ理論の3段階の主要トレンドというのは、

A:トレンドが形成される初期段階。ヘッジファンドや大口投資家がポジションを仕込む段階。

B:トレンドの中期段階。ある程度トレンドが形成されるので個人投資家がトレンドに乗る段階

C:トレンド後期。初期段階で仕込んだトレーダーが利確する段階。

ダウ理論の原則4:平均は相互に確認される必要がある

ダウ理論が発表されたのは19世紀ごろでこの頃は工業が活発化すると同時に運輸業も活発化する

という相関がありました。

そのため両方がセットで上昇や下落しない限りトレンドとは見なさないと考えていました。

現在例えると、NYダウの値動きは日経平均にも影響を与えています。

FXでは異なる通貨ペア間での相関を見るという考えに繋がりますね。

ダウ理論の原則5:トレンドは出来高でも確認される必要がある

ダウ理論では、トレンドは出来高を伴わなければ真のトレンドとは見なしません。

株価とその出来高がセットで上昇や下落することを本当のトレンドしています。

小さいトレンドではその相場にエントリーするトレーダーも少なく出来高も少ないです。

FXでは出来高を量ることはできないので、オシレーター系から買われ過ぎや売られ過ぎなどを

判断しましょう。

オシレーターでも特にオススメなのが、

・RSI

【FXのテクニカル分析】オシレーターのNo1使用率のRSIについてまとめてみた
今回は、オシレーターのNo1使用率のRSIについてまとめてみました。

・ストキャスティクス

【FXのテクニカル分析】ダマシに引っかからない!?ストキャスティクスの使い方についてまとめてみた
今回は、ダマシに引っかからない!?ストキャスティクスの使い方についてまとめてみました。

です。

ダウ理論の原則6:トレンドは明確なシグナルが出るまで継続する

FX ダウ理論

ダウ理論では、トレンドは継続するという前提で考えられており、

トレンド相場は押しや戻しを繰り返しながら明確な転換シグナルが発生するまで継続する

となっています。

安値を切り上げながら高値を更新し続けている限りは、ダウ理論では上昇トレンドと見なします。

FX ダウ理論

高値を切り下げながら安値を更新し続けている限りは、ダウ理論では下降トレンドと見なします。

FX ダウ理論

明確な転換シグナルについて

ダウ理論の「明確な転換シグナル」ですがこれは利確ポイントになります。

このダウ理論のトレンド転換がイマイチわからない人が結構多いです。

ダウ理論の明確な転換シグナルはローソク足のパターンでいろいろありますが、代表的なのは

・ダブルトップ、ダブルボトム

・三尊、逆三尊

などです。

下記の画像を見てもらえればわかると思いますが、高値を更新できていません。

FX ダウ理論

上昇トレンドの条件は『安値を切り上げながら高値を更新し続けている限り』です。

これを満たせなかったということはトレンドが転換するということです。

実際にチャートは下落し始めています。

このようにしてトレンドを捉えることが大切だと思います。

では次のダブルボトムを見ると

FX ダウ理論

『高値を切り下げながら安値を更新し続けている限り』

という条件を満たせなかったのでやはり同じようにトレンド転換しています。

では三尊系はどうでしょうか?

FX ダウ理論

これも、安値を更新できなくなりトレンドが転換していますね。

つまり、こうしたローソク足のパターンがトレンド転換として活用できます。

ぜひこうしたパターンは覚えておくようにしましょう。

ダウ理論で特に重要なのは3つの原則

ダウ理論で特に重要なのは3つの原則だと思っています。

むしろ6つを理解しなくても、下記の3つをしっかりと理解させしてしまえば

相場の原理原則を捉えることができるようになります。

・平均はすべての事象を織り込む

・主要トレンドは3段階からなる

・トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

この3つをしっかりと理解しておきましょう。

FXではダウ理論をトレンドフォローのエントリーとして活用する

FXではダウ理論をトレンドフォローのエントリーとして活用することが大切です。

『主要トレンドは3段階からなる』

『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する』

という2つからトレンドを把握することが大切です。

上値と下値の位置を確認しながらトレンドが発生しているかどうかを見ましょう。

そしてトレンドが発生していればトレンドフォローでエントリーするのが大切です。

トレンドを把握するためには

・移動平均線

【FXのテクニカル分析】億トレーダーも活用している!?移動平均線についてまとめてみた
今回は、億トレーダーも活用している!?移動平均線についてまとめてみました。

・ローソク足

【FXのテクニカル分析】これで勝てる!!FXでのローソク足の使い方についてまとめたみた
これで勝てる!!FXでのローソク足の使い方についてまとめたみました。

・MACD

【FXのテクニカル分析】トレンドで爆益得るためのMACDについてまとめてみた
今回は、トレンドで爆益得るためのMACDについてまとめてみました。

などが活用できます。

ダウ理論を視覚的に把握したいならZigZagのインジケーターがオススメ

ダウ理論を視覚的に把握したいならZigZagのインジケーターがオススメです。

ZigZagというのはMT4にデフォルトで入っているインジケーターであり

上値と下値を見ることができます。

ダウ理論を目視で把握するのはそれなりに慣れが必要です。

ですので、初心者はZigZagというインジケーターを使ってみてください。

まとめ

今回はダウ理論についてご紹介しました。

ダウ理論は非常に重要な理論ですので、

今回の記事をしっかりと読んで理解できるようになりましょう。

FXの自動売買|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました