スポンサーリンク
FX-EA System Project

【初心者必見】FXの自動売買のフォワードテストでチェックすべきポイントについてまとめてみた

FX 自動売買 フォワードテスト FX自動売買について

今回は、FXの自動売買のフォワードテストでチェックすべきポイントについてまとめてみました。

FXの自動売買のフォワードテストとは

フォワードテストとは現在から未来にかけて自動売買のEAをテストする方法になります。

フォワードテストでは、右肩あがりのチャートであれば基本的には優秀な成績のEAです。

また、フォワードテストはバックテストのようにごまかすことができない

リアルトレードの結果になります。

FXの自動売買のフォワードテストとバックテストの違い

フォワードテストとバックテストの違いですが、簡単に説明すると

フォワードテスト:実際に運用した結果で検証するデータ

バックテスト:過去に遡って検証するデータ

になります。

つまり、フォワードテストは現在から未来にかけてFXの自動売買のEAがどんな取引をするかを

確認するためのテストで、

バックテストは現在から過去にかけてFXの自動売買のEAがどんな取引をするかを確認するための

テストになります。

FXの自動売買のバックテストだけを信用しすぎるのはよくない

MT4(メタトレーダー)ではバックテストを簡単に行うことが可能となっています。

バックテストというのは過去の自動売買のEAがどんな取引をして損益が出るのかを

テストするための機能です。

逆に捉えると、過去のデータを見ながら、チューニングできるので

バックテストのデーターは加工できるので

悪いEAをよく見せることは簡単ということです。

FXの自動売買ではバックテストとフォワードテスト両方をしっかり見る

FXの自動売買ではバックテストとフォワードテスト両方をしっかり見ることが大切になります。

つまり、優秀な自動売買のEAを見極めるには、

バックテストとフォワードテスト両面性からしっかり確認するべきです。

フォワードテストについては、現在のトレード結果をリアルタイムで知ることができるため、

基本的にEAをテストするときは、バックテストではなくて、

フォワードテストをしっかりと見る必要が出てきます。

ですが、最低限のハードルとして

「バックテストが優秀な成績である」

ということは前提として考えてください。

まとめ

FXの自動売買のEAの成績を見るときは、バックテストも大切ですが、

フォワードテストも見るようにしましょう。

そうすることにより、そのFXの自動売買のEAが

優秀かそうでないかを見分けるポイントになります。

もし、FXの自動売買のEAでテストを行うときにはこの両面性を確認してください。

FXの自動売買のテストについてはこちら

コメント