〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【初心者必見】FXの自動売買(EA)って寿命が存在する!?情報について徹底解説してみた

FX 自動売買(EA) 寿命FX初心者

FXの自動売買(EA)って寿命が存在する!?情報について徹底解説してみました。

FXの自動売買(EA)には寿命が存在するの!?

FX 自動売買(EA) 寿命

よく質問で自動売買(EA)って寿命が存在するのですか?と聞かれます。

FXの自動売買(EA)には寿命が存在するのかどうかを今回はご紹介したいと思います。

テクニカル分析は過去の統計に基づいている

FX 自動売買(EA) 寿命

FXのテクニカル分析というのは、

過去のチャートの値動きに対してどう反応しているかを分析します。

なので過去の統計的に〇〇の動きがあれば未来も〇〇の動きになるという予測になります。

しかし、未来のチャートが過去チャートと同じになる可能性は、

必ずしも100%ではないということです。

あくまで同じような形で動いているだけで全く同じではないです。

ただし、相場というのは人が動かしておりテクニカル分析は多くのトレーダーが使用しているので、

統計データ心理的にも反応しやすいです。

FXの自動売買(EA)の寿命は存在する

FX 自動売買(EA) 寿命

では人間でのテクニカル分析の話は終わったので

FXの自動売買(EA)の寿命は存在するかどうかについてご紹介したいと思います。

FXの自動売買(EA)の寿命はあると思います。

自動売買(EA)の中には10年間稼ぎ続けるEAもあれば、1年だけしか稼げないものもあります。

相場は一定のルールで動いているわけではないです。

未来なので不確実性が存在します。しかし相場にはある程度統計的に法則も存在します。

つまり相場とは『一定のルールでは動いていないが法則性も存在する』ということです。

もし裁量トレードであればこのルールをアップデートしてくことは可能です。

しかし自動売買(EA)は同じことを繰り返すことは人間よりも得意ですが、

自律的に修正を加えることができないため寿命が存在しています。

ただし寿命がない自動売買(EA)もあります。

それは

・自動売買(EA)の開発者がアップデートを定期的に行い最適化しておく

・AIが機械学習をしてルールを自ら更新していく

という方法です。

裁量トレードでも自動売買(EA)でも日々相場の変化に対応できるように

アップデートしていく必要があるということです。

今後は優秀な自動売買(EA)を持つものが強者になる

FX 自動売買(EA) 寿命

今後は優秀な自動売買(EA)を持つものが強者になると思います。

その理由は先程上記で説明したとおり

『AIが機械学習をしてルールを自ら更新していく』というポイントです。

既に大口やヘッジファンドではこうしたAIなどが普及していけば

ルールが機械主体に今後なると思います。

今までの過去のチャートは人の心理で動いていたのに対して今後は、

機械の心理で動く可能性があります。

つまり、自動売買(EA)などの優秀なシステムを持っている人が

より相場で優位になってくるのではないかと予想しています。

まとめ

FX-EA System Projectの提供する自動売買(EA)は、基本的にデフォルトが最適化されています。

もちろん新しい自動売買(EA)も増えていきますし、既存のEAも改良されていきます。

もし裁量トレードではなく自動売買(EA)でトレードを考えている人は、

FX-EA System Projectはオススメです!!

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

1000人限定でFXの自動売買のEAを無料で配布中!!

FX-EA System Projectでは、

【1000人限定で無料でFXの自動売買のEAを配布中】

です!!

・毎日チャートを見てるのに全く稼げなかった

・コンサルや塾に入ったけど全く稼げなかった

・裁量トレードは難しくて挫折した

・ツールやシステムを購入したが全く稼げなかった

・時間がなくて裁量トレードを行える時間がない

・自動で楽に稼ぎたい

という風に思っている方はこの企画はおすすめです。

フォワードテスト・バックテストを

しっかり行ったパフォーマンスの良いEAを提供中です!!

また、どんどん新しいEAも随時無料配布します!!

人数限定なので早いものがちです!!

もしFX-EA System Projectに興味があれば

是非参加してください。

FX初心者
masayaをフォローする
fx-ea-system-project

コメント

タイトルとURLをコピーしました