1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して100万円分のプレゼントをもらう

SMC(スマートマネーコンセプト)でエントリーする時間帯「Killzones(キルゾーン)」について徹底解説してみた

SMC(スマートマネーコンセプト) Killzones(キルゾーン)SMC(スマートマネーコンセプト)

Killzones(キルゾーン)とは

Killzones(キルゾーン)とは「取引量が多くなる時間帯のこと」を言います。

Killzones(キルゾーン)は大口投資家が仕掛ける時間帯であり、

SMCトレードでは重要な時間帯です。

基本的にSMCではKillzones以外の時間帯は、

大口投資家がトレードしないためトレードしないです。

Killzones(キルゾーン)の種類

Killzoneには大きく分けて4つの時間帯があります。

SMC(スマートマネーコンセプト) Killzones(キルゾーン)

・Tokyo Killzone
・London Killzone
・NY Killzone
・London Close Killzone

Tokyo Killzone

Tokyo KillZone(Asian Range)は20:00-0:00です。(EST)

東京時間で9:00-13:00です。(冬は10:00-14:00)

SMC(スマートマネーコンセプト) Killzones(キルゾーン)

Tokyo KillZoneでは、

・クロス円
・AUD
・NZD

などの通貨が活発になります。

Tokyo KillZoneの時間はレンジが基本的で、ゴトー日などの企業の銀行資金決済が多くなるため、

実需のドル需要が多くなる傾向があります。

また、東京時間の仲値(9:55)にかけて大口取引が活発になり、

ドル円を中心に短期的なトレンドが発生します。

London Killzone

London Killzoneは2:00-5:00です。(EST)

東京時間で15:00-18:00です。(冬は16:00-19:00)

SMC(スマートマネーコンセプト) Killzones(キルゾーン)

London Killzoneの時間帯は欧州通貨である

・EUR
・GBP
・CHF

が活発になります。

また、前回紹介したPower of 3で、

東京時間の高値・安値付近に溜まっているストップ狩りを行う時間帯でもあります。

NY Killzone

NY Killzoneは7:00-10:00です。(EST)

東京時間で20:00-23:00です。(冬は21:00-0:00)

SMC(スマートマネーコンセプト) Killzones(キルゾーン)

NY Killzoneの時間帯は、

NYダウの株価が為替にも影響するためボラリティが高まりやすいです。

基本的にはトレンドが発生しやすいですが、

NYカットオプションやロンドンフィキシングによって、

トレンドが転換することも多いです。

London Close Killzone

London Close Killzoneは10:00-12:00です。(EST)

東京時間で23:00-1:00です。(冬は0:00-2:00)

SMC(スマートマネーコンセプト) Killzones(キルゾーン)

London Close Killzoneは、アメリカの経済指標の発表があるため、

大幅な値動きに巻き込まれないように注意しましょう。

ロンドン時間の終了間際は、トレードが徐々に落ち着き値動きが安定しやすいのが特徴です。

取引量が減るので、他の時間帯よりも注文が入りづらく、トレードが難しい傾向があります。

Killzones(キルゾーン)以外のスマートマネーが入らない時期

市場に参加しない時期にはスマートマネーが入らず、

レンジ相場になりやすくボラリティも低下します。

スマートマネーの値動きをベースにするSMCでは、

以下の場合はトレードを控えた方が無難です。(閑散相場)

SMC(スマートマネーコンセプト) Killzones(キルゾーン)

・アメリカの祝日
・クリスマス休暇
・年末年始休暇
・サマー休暇(夏枯れ相場)

Killzones(キルゾーン)との関係性

Killzones(キルゾーン)と他の考え方を活用して深堀りしていきたいと思います。

Killzones(キルゾーン)とローソク足の関係性

Killzonesとローソク足の4本値の関係性ですが深い関係性があります。

ローソク足の陽線は「先に安値をつけてから高値」に向かいます。

Power of 3/AMD

ローソク足の陰線は「先に高値をつけてから安値」に向かいます。

Power of 3/AMD

これはローソク足の構造上の原理原則です。

ローソク足(陽線)の4本値とKillzonesは以下のようになります。

Power of 3/AMD Killzones(キルゾーン)

始値:Tokyo Killzone
安値:London Killzone
高値:NY Killzone
終値:London Close Killzone

FXの格言で「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉がありますが、

「ローソク足のヒゲではなく実体部分を狙え」ということです。

つまり、この画像の「London KillzoneからNY Killzoneの間の実体部分」が、

最もトレンドの方向性が読みやすく、狙いたい時間帯になります。

Killzones(キルゾーン)とPower of 3の関係性

Power of 3とKillzonesを照らし合わせると、

SMC(スマートマネーコンセプト) Killzones(キルゾーン)

Accumulation:Tokyo Killzone
Manipulation:London Killzone
Distribution:NY Killzone〜London Close Killzone

という基本的な形になります。

つまり、Killzonesとローソク足の4本値とPower of 3はバラバラに理論を考えるのではなく、

時間帯による値動きに方向性があることを示唆してくれます。

Killzones(キルゾーン)のトレード

Killzonesのトレードでオススメな時間帯は、

・東京時間からロンドン時間の切り替わり
・ロンドン時間からNY時間の切り替わり

です。

Killzones(キルゾーン)のインジケーター

Killzones(キルゾーン)のインジケーターは以下のリンクからダウンロード可能です。

Killzones(キルゾーン)のインジケーターのダウンロードはこちら

Killzones(キルゾーン)のまとめ

Killzones(キルゾーン)で大口投資家の注文が入る時間帯がわかれば、

あとは、その時間帯で自分が狙った動きをするまで「待つ」だけです。

ずっとチャートに張り付いて見続けるのではなく、

決めておいた時間帯とエントリーの条件が揃ったときだけトレードするようにしましょう。

SMC(スマートマネーコンセプト)完全攻略ガイド

1,000人限定でFXの自動売買のEAを無料で配布中!!

FX-EA System Projectでは、

【1,000人限定で無料でFXの自動売買のEAを配布中】

です!!

・毎日チャートを見てるのに全く稼げなかった

・コンサルや塾に入ったけど全く稼げなかった

・裁量トレードは難しくて挫折した

・ツールやシステムを購入したが全く稼げなかった

・時間がなくて裁量トレードを行える時間がない

・自動で楽に稼ぎたい

という風に思っている方はこの企画はおすすめです。

フォワードテスト・バックテストを

しっかり行ったパフォーマンスの良いEAを提供中です!!

また、どんどん新しいEAも随時無料配布します!!

人数限定なので早いものがちです!!

もしFX-EA System Projectに興味があれば

是非参加してください。

SMC(スマートマネーコンセプト)
masayaをフォローする
fx-ea-system-project

コメント

タイトルとURLをコピーしました