masaya/ 5月 5, 2018/ FX自動売買のトレード記録/ 0 comments

今回は、FX-EA System Projectの4月のメンバーのトレード結果まとめてみました。

FX-EA System Projectの4月のメンバーのトレード結果

FX-EA System Projectの4月のメンバーのトレード結果の一部になります。

4月は、ドル円やユロドルなどが、非常にトレンドが強かったこともあり、

練乳というEAが恐ろしく稼いでくれています。

FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料 FX 自動売買 EA 無料

FX-EA System Projectのメンバーで月100万以上利益を出す人も現れてきた

FX 自動売買 EA 無料

FX-EA System Projectのメンバーで月100万以上利益を出す人も現れてきました。

もちろんこの人達は全くの初心者でしたが、

努力×知識×継続力×EA

というのもあり、月100万円以上稼いでいます。

やはり、無料という敷居でこうした100万円プレーヤが現れるのは

非常に光栄なことです。

FX-EA System Projectは幸せの連鎖を繋ぐ

FX 自動売買 EA 無料

FX-EA System Projectは幸せの連鎖を繋いでいきます。

例えば、私達がこうした企画を作ることで、誰かが経済的な自由を得ることができ

それからその人達の家族や周りの人たちに幸せの連鎖が繋がり

回り回って私達も幸せになります。

幸せというのは一部の人達が独占しても意味が無いんです。

周りの関わる人達が幸せになることこそ新の幸せだと思います。

FX-EA System Projectは誰かの幸せを作っている

FX 自動売買 EA 無料

FX-EA System Projectは誰かの幸せを作っています。

中には

・自分だけが儲けらればいい

・詐欺をして相手を不幸にすればいい

という人も中には存在します。

そんな仕事やビジネスをして、

「多くの人に胸張って仕事してるって言えるのか?」

って思います。

私達のFX-EA System Projectは、誰かの幸せに繋がり、

そして、より多くの人にこの企画をきっかけに

変わってもらえたらいいなと思っています。

そのためには、自分で努力する必要もありますし、

大変なこともあると思います。

ですが、無料という敷居の低さというのは

誰でも平等にはじめられるきっかけがあるんです。

それをあなたが掴むのか掴まないのかは個人の自由だと思います。

ですが、少なくともこの企画に参加してよかったと思ってくれている人が居るのは事実です。

まとめ

FX-EA System Projectの4月のトレード結果でした。

FX-EA System Projectはどんどん進化していきます。

より安定して利益を取れるEAの開発を今後も行っていきますし、

そのきっかけを掴むのか掴まないのかは個人の自由です。

もし興味があればFX-EA System Projectの概要リンクを御覧ください。

masaya

About masaya

FX-EA System Projectの代表者。 大学生からアフィリエイトを行い、FXに出会い人生が変わる。 そこから自動売買の可能性に気付き自動売買へシフトする。 より多くの人にFXの可能性を知ってほしいと企画を計画し FX-EA System Projectは企画から約1年続いている。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*