スポンサーリンク
FX-EA System Project

【初心者必見】FXの自動売買でハイレバレッジはメリットしかないことについてまとめてみた

FX 自動売買 ハイレバレッジ FX自動売買について

今回は、FXの自動売買でハイレバレッジはメリットしかないことについてまとめてみました。

レバレッジとは

レバレッジとは、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、

証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

担保となる手元の資金(取引保証金)に「レバレッジ」をかけて、

何倍もの金額の外貨を取引が可能です。

通常であれば、10万円の資金(取引保証金) であれば10万円分の取引しかできません。

しかし10倍のレバレッジを使えば、取引できる金額が10万円の10倍なので

つまり100万円となります。

レバレッジをかけることで手元の資金(取引保証金)の何倍もの金額を取引できるのです。

これがレバレッジの特長です。

FXの魅力は、証拠金によって少ない元手で大きな金額を動かせることです。

レバレッジによって資金効率よく大きな利益の追求ができる反面、

大きな損失となることもあるので諸刃の剣になります。

FXの自動売買でハイレバレッジでトレードするのは危険なのか?

FXでハイレバレッジは危険だよということを言う人がいますが、

本当にハイレバレッジは危険なのか?

例えば、

レバレッジ400倍でトレードしても、

レバレッジ1倍でトレードしても

1円下がった場合は取引枚数が1枚(1万通貨)であれば

1円の損失です。

ハイレバレッジにすることにより、多くの枚数が建てれます。

レバレッジ400倍であれば1枚建てるのに必要な証拠金が少なくて済むので

多くの枚数を掛けることができます。

レバレッジ400倍にすれば、必要証拠金が2500円で

1枚建てられるので、250万円あったとしたら100枚(約1億円)

のトレードが可能になるわけです。

それらはあくまで可能であるという話です。

つまり、ハイレバレッジは特にお金がない人にとっては、

少ない資金で大きなトレードができるのでこれは大きなメリットです。

FXの自動売買でハイレバレッジでトレードする時に気をつけること

レバレッジが高い分、しっかりとした自分のルールを持っておく必要があります。

破産しないためにも、自分のポジションのサイズを決めることや

きちんとストップをいれることは大切になっていきます。

つまり、しっかりとしたルールさえ守れれば、ハイレバレッジの良い部分だけを

利用できるということになります。

FXの自動売買はハイレバレッジとシナジー効果が生まれる

FXの自動売買は、プログラムで決められたルール通りにエントリーや決済を行います。

つまり、ハイレバレッジをするにあたって注意しないといけない部分が

自動売買を使うことでクリアになります。

つまり、ハイレバレッジの良い部分だけが残るので、

FXの自動売買ではハイレバレッジでトレードすることをおすすめします。

まとめ

FXの自動売買でハイレバレッジでトレードするのは諸刃の剣ですが、

メリットとデメリットをしっかりと理解してハイレバレッジの

良さを120%引き出してください。

FXの自動売買|短期集中講座はこちら

コメント