【初心者必見】FXの大きな経済指標の時のEAの3つの対処法

FX 経済指標 EA 対処法 FX自動売買について

今回は、FXの大きな経済指標の時のEAの3つの対処法についてです。

大きな経済指標などにEAは対処できない

EAというのは、非常に優れたシステムであり、自動的にエントリーポイントや

利確や損切りを行いますが、あくまで相場が平常時の場合です。

もちろん相場というのは、急な変動がつきもので、こうした変動に

EAは全てが全て対応することが難しいです。

例えば、スイスフランショックのような大事故はあります。

今回は、FXの大きな経済指標時のEAの3つの対処法についてご紹介します。

FXの大きな経済指標の時のEAの3つの対処法1:損切りの幅を少なくする

FX大きな経済指標の時のEAの対処法ですが、まずは損切りの幅を少なくすることです。

トレーディングストップ機能などで、

相場に合わせて損切りの幅を変えることも大切だと思います。

ボラティリティによって利食いや損切りなどの変化をさせることが大切ですね。

FXの大きな経済指標の時のEAの3つの対処法2:相場への反応を早くする

FXの大きな経済指標の時のEAの対処法で、相場への反応を早くするというのも大切です。

スイスフランのような時に一方向に動いた時に、それに追随していく速さや反応速度があれば

利益を得られる可能性が高くなります。

もちろん、良いことだけではなく、騙しにも合いやすくなるリスクもあります。

FXの大きな経済指標の時のEAの3つの対処法3:急変動時に損切り注文が入るか入らないか

FXの大きな経済指標の時のEAの3つの対処法で、急変動時に損切り注文が入るか入らないかというのも

大切です。

これは、EAの要因ではなく、FXの業者側の問題になりますが、

しっかりとエントリーが入るFX業者を使うことが大切ですね。

まとめ

FXのEAというのは、完璧ではないです。

こうした大きな変動が起きる時に間違ってエントリーをして

お金を溶かしてしまう可能性もあるので、FXのEAを使う際には

経済指標時の対処というのをしっかりと行っておきましょう。

コメント