公式ラインに登録するだけで無料で裁量システムプレゼント

【FX手法】海外フォーラムで人気なPivotとTDIを活用した『Davit Pivot Trading』について徹底解説してみた

4.5
FX手法 Davit Pivot TradingFX手法

海外フォーラムで人気なPivotとTDIを活用した

『Davit Pivot Trading』について徹底解説してみました。

Davit Pivot Tradingとは

FX手法 Davit Pivot Trading2016年からスレッドがありますが、2020年の現在でもスレッドは活発に動いています。

スレッドが活発≒勝てる手法である

ということなので非常に人気なFX手法と言えるでしょう。

実際にスレッドのユーザーが2019年にはこのような利益を獲得しています。

FX手法 Davit Pivot Trading FX手法 Davit Pivot Trading

ちなみに製作者は最低限2年間のトレード経験が無いと使用が難しいと言っています。

ですので、FX初心者はあまりオススメできないFX手法となります。

Davit Pivot Tradingのスレッドはこちら

Davit Pivot Tradingのインジケーター

FX手法 Davit Pivot Trading

Davit Pivot Tradingのインジケーターについて説明します。

Weekly Fibonacci Pivot(週足フィボナッチ・ピボット)

Davit Pivot TradingでPivotはメインで活用するインジケーターになります。

Pivotについては以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】海外のFXトレーダーが利用している様々なPivot(ピボット)の種類について徹底解説してみた
海外のFXトレーダーが利用している様々なPivot(ピボット)の種類について 徹底解説してみました。

Weekly Fibonacci Pivot(週足フィボナッチ・ピボット)を利用しています。

Fibonacci Pivot(フィボナッチ・ピボット)とは、

Pivotの値にフィボナッチの考えを導入したものです。

Weekly Fibonacci Pivot(週足フィボナッチ・ピボット)は、

『順張りでも逆張りでも使用すること』ができます。

順張りの場合

順張りの場合はWeekly Fibonacci Pivot(週足フィボナッチ・ピボット)の

サポートラインかレジスタンスラインが超えた場合に

そのトレンド方向に沿ってエントリーする方法なります。

逆張りの場合

逆張りの場合はWeekly Fibonacci Pivot(週足フィボナッチ・ピボット)の

サポートラインかレジスタンスラインにタッチして反発を狙うエントリーする方法になります。

TDI(Traders Dynamic Index)

TDI(Traders Dynamic Index)については以下の記事を参照してください。

【無料】海外トレーダーが主流で活用する4つのインジケーターを1つにした『TDI(Traders Dynamic Index)』について徹底解説してみた
海外トレーダーが主流で活用する4つのインジケーターを1つにした 『TDI(Traders Dynamic Index)』について徹底解説してみた

TMS Angleator

TMS AngleatorはTDI(Traders Dynamic Index)の右端にモニターです。

これは上位足のTDI(Traders Dynamic Index)の動きになります。

緑色:上昇トレンド
赤色:下降トレンド
矢印の角度:TDIのクロスの角度

なるべく、全ての時間足の方向性が同じ状態だとその方向に動きやすいです。

ADR

ADRとは、FXの平均レンジ幅(値幅)を算出するインジケーターになります。

ADR:一日に動いたpipsの割合
Today(TDR):1日のレンジ幅の平均値

5day(ADR5):直近5日間の1日のレンジ幅の平均値
10day(ADR10):直近10日間の1日のレンジ幅の平均値
20day(ADR20):直近20日間の1日のレンジ幅の平均値

Daily Open Line

Daily Open Lineは当日の始値だけラインを引くシンプルなインジケーターになります。

Davit Pivot Tradingのトレード

Davit Pivot Tradingのトレードについて説明します。

Davit Pivot Tradingのトレードは主にスイングトレードがメインになっていきます。

また、Davit Pivot Tradingのトレードにはこれと言ったルールが存在しないので、

FX初心者には難しいと言われています。

なるべくポイントだけを掻い摘んで紹介していきたいと思います。

時間足

時間足は『1時間足〜4時間足』でトレードします。

通貨ペア

通貨ペアは以下のペアがオススメになります。

・CAD/JPY
・AUD/JPY
・NZD/CAD
・AUD/CAD
・AUD/NZD
・EUR/CAD
・EUR/GBP
・EUR/AUD

エントリー要素

Davit Pivot Tradingのエントリー要素をピックアップします。

Weekly Fibonacci Pivotのラインで反発

FX手法 Davit Pivot Trading

Weekly Fibonacci Pivotのラインで反発は基本的ベースになっているので、

まずはPivotを確認するようにしましょう。

個人的には以下のようにPivotを活用するのがオススメです。

Pivotラインよりローソク足が上にある:上昇トレンド
Pivotラインよりローソク足が下にある:下降トレンド
61〜78(S/R):順張りベース
100(S/R)以降:逆張りベース

Daily Open Line

FX手法 Davit Pivot Trading

Daily Open LineもPivotラインのようにサポートライン・レジスタンスラインとして機能します。

中には『Daily Open Line+Pivotライン』が重なるラインもあります。

FX手法 Davit Pivot Trading

非常に強力なサポートライン・レジスタンスラインとして機能します。

TDI(Traders Dynamic Index)のダイバージェンス

FX手法 Davit Pivot Trading

TDI(Traders Dynamic Index)はオシレーター系指標と同じように

ダイバージェンス(逆行現象)が発生します。

ダイバージェンスが発生後はトレンド転換のサインとして機能します。

TMS Angleator方向性

FX手法 Davit Pivot Trading

TMS AngleatorでTDI(Traders Dynamic Index)の方向性を確認することで、

トレンドの方向性が理解できます。

ADRで環境認識を行う

FX手法 Davit Pivot Trading

ADRと現在のレンジ幅(TDR)を比較することで、相場の値動き余地を確認することができます。

ADR > TDR:レンジ幅拡大する余地ある
ADR < TDR:レンジ幅拡大する余地ない

3つのADRを比較することで、直近のボラティリティの変化を確認することができます。

ADR(5) >ADR(10) > ADR(20):ボラティリティが増大している
ADR(5) < ADR(10) < ADR(20):ボラティリティが減少している

ADRの%は相場が値動きする力の割合を指します。

緑色:75以下→値動きが少ない
黄色:75〜91の間→程よい値動き
赤色:91以上→値動きが限界に近い

Davit Pivot Tradingのダウンロード

Davit Pivot Tradingのダウンロードは以下のリンクから可能です。

Davit Pivot Tradingのダウンロードはこちら

まとめ

Davit Pivot TradingはFX初心者にとっては難解な手法ですね。

しかし、ある程度FXの知識があれば、

Davit Pivot Tradingをベースにトレードすると良い結果が出るかも知れないです。

Davit Pivot Tradingは海外フォーラムでは人気なのでもし興味があれば活用してみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました