〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FX初心者】東京時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間の特徴について徹底解説してみた

FX 東京時間 ロンドン時間 ニューヨーク時間FX初心者

東京時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間の特徴について徹底解説してみました。

FXには東京時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間の3つの時間がある

FX 東京時間 ロンドン時間 ニューヨーク時間

FXでは『東京時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間』の3つの時間帯が存在します。

この時間帯はその時間に開いている市場に合わせて呼ばれています。

3つの時間帯にはそれぞれ動きや特徴があります。

各時間帯毎の値動きの意識を持った上でトレードすることで、

より勝てるトレーダーに近付くことができます。

今回はこの3つの時間帯について説明したいと思います。

東京時間とは

FX 東京時間 ロンドン時間 ニューヨーク時間

東京時間は初心者トレーダーにとってもトレードしやすい時間帯です。

ロンドン時間やニューヨーク時間に比べて値動きが比較的に穏やかだからです。

東京時間は比較的に値動きはゆっくり動き、

短時間での激しい動きはロンドン時間やニューヨーク時間よりも少ないです。

東京時間は日本時間で『9時〜15時』になります。

仲値とは

仲値とは『金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレートのこと』です。

仲値は東京時間では『朝の9時55分』に公示されます。

東京時間は比較的に値動きは穏やかですが、仲値を中心に前後の値動きが活発になります。

あとで紹介するロンドンフィックスは日本の仲値とは異なり、

実需、オプション、投資信託などの大型ポジションが売買が活発に行われるので

ボリュームがある取引がされます。

五十日(ごとうび)

五十日(ごとうび)とは、

『5の倍数日に仲値公示の9時55分にかけて円安ドル高になること』が多いです。

なぜ5の倍数日なのかというと、商取引の慣行で大口決済をする企業が多いからです。

五十日(ごとうび)の仲値前は『銀行によるドル買いが入るケースが多い』です。

そのような場合は仲値前から円安ドル高になる傾向があります。

仲値をすぎると銀行のドル買いが収束します。

そして仲値前のドル円買いポジションを持っていた投機筋や個人投資家などによる

利益確定の反対売買が置きます。

ですので仲値後にはドル円が一旦下がるパターンが多く傾向として見られます。

仲値後も円売り、ドル買いが継続する要素があれば円安は続きます。

逆に日経平均株価が下落していたり、円買いが起きるような不安要素があれば

仲値前に上昇から一転して下落トレンドになります。

結論を言うと『仲値後に上昇や下落するのはその相場の状況次第』なります。

仲値後のトレードは状況をしっかりと見極めてトレードする必要があります。

ロンドン時間とは

FX 東京時間 ロンドン時間 ニューヨーク時間

ロンドン市場はFXにおいて世界第一位の取引高を誇っています。

ロンドン時間は夏時間の場合は『日本時間の17時~翌2時まで』

冬時間の場合は『日本時間の18時~翌3時まで』となっています。

時間帯がロンドン時間とニューヨーク時間は一部重なっています。

ロンドンフィックス

ロンドンフィックスとは、仲値と呼ばれる

『銀行が顧客との外貨取引の基準とするレートを決定する時間』です。

夏の場合は日本時間で『24時』で冬の場合は日本時間で『25時』がロンドンフィックスです。

イギリスの場合は現地時間で16時に決定されます。

ロンドンフィックスは実需で大きく動く時間帯で値動きも激しくなります。

この時間帯は大きく動くことを頭に入れておくと良いですね。

イギリスは歴史のある金融立国

イギリスは歴史のある金融立国です。

国民の多くが個人金融資産を保険と年金準備金として回しています。

その影響もありイギリスはヘッジファンドも多い傾向があります。

また中東との関わりがありオイルマネーがロンドン市場を通じて入ってくることもあります。

ロンドン時間は金融中心地のヘッジファンドの動きが活発となり

為替以外の投資商品も動きやすいです。

ロコ・ロンドン

ロンドンは金を始めとした貴金属の現物取引が中心地になっています。

特に金に関してロコ・ロンドンと呼ばれる『金の現物を受け渡す相対取引』が行われており

金の現物取引は世界の中心となっています。

金の現物や貴金属取引のにおいても影響力のある時間帯になります。

また様々な金融商品が取引されるので、為替に影響を与えることもあります。

東京時間に形成された値幅をブレイクする

ロンドン時間では東京時間に形成された値幅を突き破るブレイクする値動きを見せます。

東京時間と同じトレンド方向に動く日もありますし、

東京時間とは逆にブレイクすることも頻繁にあります。

月末になると大きく暴落する可能性がある

月末にはファンド、機関投資家、大口投資家などがFXのポートフォリオを組み直すために

一旦全決済する可能性があり、それが影響して一気に暴落するというケースもあります。

特に月末のロンドン時間は注意する必要があります。

ニューヨーク時間とは

FX 東京時間 ロンドン時間 ニューヨーク時間

ニューヨーク時間は、

夏時間の場合は『日本時間の21時~翌6時まで』

冬時間の場合は『日本時間の22時~翌7時まで』

の時間帯になります。

ニューヨーク時間は取引量はロンドン時間に次いで2位ですが、取引が最も活発に行われます。

ユーロドルを始めとしたドルが絡む通貨ペアには大きな値動きがあります。

また、クロス円でもユーロ円、ポンド円、オージ円などは大きな値動きをする傾向が高いです。

一日の中で最も動く時間帯

ニューヨーク時間は『経済指標や要人発言』で大きく相場が動く時間帯になります。

アメリカの経済指標については以下の記事を参照してください。

【初心者必見】FXの自動売買(EA)で注意すべきアメリカの経済指標ベスト3についてまとめてみた
今回は、FXの自動売買(EA)で注意すべきアメリカの経済指標ベスト3についてまとめてみました。

取引量が非常に多いので相場の動きも当然大きくなり利益も損失も大きくなりやすい時間帯です。

ニューヨーク時間の中で特に取引が活発なのは、

日本で夏時間の場合は『21時~24時まで』

冬時間の場合は『22時~翌1時まで』が最も活発に為替相場が動く時間になっています。

経済指標や要人発言でスプレッドが広くなる

ニューヨーク時間は基本的に取引量が多いのでスプレッドが狭いので利益が得やすい時間帯ですが、

『経済指標や要人発言によってスプレッドの幅が広くなる』こともあります。

オプションカット

通貨オプションとは、あらかじめ定められた期間や期日に

『定められた価格で買う権利または売る権利を売買する取引のこと』です。

ニューヨーク時間には『通貨オプションの権利行使の最終締め切り時間』が存在します。

その時間は夏時間の場合は『23時』で冬時間の場合は『24時』となっています。

例えば、一ヶ月間ドル円を100円で買う権利を100万円だとしましょう。

買った人たちはオプションカットの時間に

ドル円が100円よりも安ければ権利を行使する必要はないです。

ドル円が100円よりも高ければ権利を行使します。

仮にドル円が105円であれば、市場で105円で売りすぐに買い戻せば5円の利益になります。

しかし、ドル円が100円に近ければ権利を買った人は100円よりも上で時間を迎えたいですが、

売った人はそうならないようにドル円を売って行く可能性があります。

そのような思惑が働くことで、

『オプションカットの時間帯では設定された価格付近に近づく傾向』があります。

大体1000本(1本=1億ドル)以上ある場合に値動きに影響すると言われています。

オプションカットを通過すると、

『オプションの影響が無くなるので当日高値を更新する動き』も起きやすくなります。

東京・ロンドン・ニューヨーク以外の時間帯

FX 東京時間 ロンドン時間 ニューヨーク時間

東京・ロンドン・ニューヨーク以外の時間帯が存在します。

ニューヨーク時間から東京時間の間の時間帯はスキマ時間であり、

FXにおいて取引量が非常に薄い時間帯になります。

特に『日本時間の早朝は取引が薄いのでスプレッドも広がる傾向』があります。

ですので、早朝の時間帯に明確な目的が無い限りは早朝の時間帯の取引は避けることが良いです。

東京時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間のインジケーター

FX 東京時間 ロンドン時間 ニューヨーク時間 インジケーター

東京時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間の

高値安値を色つきボックスでわかりやすく表示できるインジゲーターです。

各市場毎の高値安値が視覚的にわかるので非常に便利です。

ロンドン市場で東京市場の高値安値をブレイクアウトしたら、

その流れについていくといった判断もやりやすくなります。

以下のリンクからダウンロード可能です。

[ファイル]⇒[データフォルダを開く] ⇒ MQL4、Indicatorsの順にフォルダを開きます。

Indicatorsフォルダの中にファイルを入れます。

MT4を再起動します。

インストールが成功すれば、ナビケ―ターに表示されます。

ダウンロードはこちら

まとめ

今回は、FXの『東京時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間』

3つの時間帯について説明しました。

時間帯によって値動きが変わってくるのでトレードスタイルによっては時間帯がマッチすることと

マッチしないものがあります。

ただここまで考慮してトレードするのは初心者には難しいので、

余力ができてから時間帯についても考えながらトレードできると

より優位性の高いトレードができると思います。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

1000人限定でFXの自動売買のEAを無料で配布中!!

FX-EA System Projectでは、

【1000人限定で無料でFXの自動売買のEAを配布中】

です!!

・毎日チャートを見てるのに全く稼げなかった

・コンサルや塾に入ったけど全く稼げなかった

・裁量トレードは難しくて挫折した

・ツールやシステムを購入したが全く稼げなかった

・時間がなくて裁量トレードを行える時間がない

・自動で楽に稼ぎたい

という風に思っている方はこの企画はおすすめです。

フォワードテスト・バックテストを

しっかり行ったパフォーマンスの良いEAを提供中です!!

また、どんどん新しいEAも随時無料配布します!!

人数限定なので早いものがちです!!

もしFX-EA System Projectに興味があれば

是非参加してください。

FX初心者
masayaをフォローする
fx-ea-system-project

コメント

タイトルとURLをコピーしました