〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FX初心者】FXのDD方式とNDD方式の違いについてまとめてみた

FX DD方式 NDD方式FX初心者

今回は、FXのDD方式とNDD方式の違いについてまとめてみました。

FXのDD方式とNDD方式

FX DD方式 NDD方式

よくFXなどの情報を調べていると、DD方式とNDD方式が存在しており

初心者はこの違いって何があるのか?と疑問を持つ人がいます。

今回は、このFXのDD方式とNDD方式の違いについて説明していきたいと思います。

DD方式とは

DD方式とは、Dealing Deskの略語です。

顧客が損をすればするほど業者は特をして、

顧客が特をすればするほど業者が損をするのがDD方式です。

DD方式は国内FX業者で使用されます。

DD方式の最大の特徴はスプレッドを狭くすることができます。

本来であればスプレッドというのはインターバンク市場における売値と買値の差分のことで

常に変動しています。

しかし、インターバンクと直接繋がっていないDD方式の国内FX業者は

リアルな為替レートとは異なりスプレッドも業者独自のものなります。

DD方式はインターバンクではなくディーリングデスクを置いて、

顧客対ディーラー

ディーラー対カバー先金融機関

の2段階にトレードが行われます。

店頭取引(OTC)方式とも呼ばれておる、顧客とFX業者との相対取引になっており、

顧客のトレード注文がそのままインターバンクに流れているわけではないです。

ここまで見るとDD方式はスプレッドが狭いので良いのでは?と思われがちですが、

ここには重大なミソが隠されています。

DD方式を取り入れている国内FX業者は顧客のトレード注文を呑むことができるので、

その場で顧客同士のトレード注文を相殺したり、小口注文なら一定の量が貯まるまで

カバーしません。

また、約定力が低く、スリッページが起こりやすい状態を作って

負けやすい仕組みにしているところもあります。

もしDD方式で勝ったとしても、根拠のない言いがかりをつけて

口座を凍結されてしまうこともあります。

つまりDD方式では顧客と業者の相対取引が故に顧客が損をすればするほど

業者は特をして顧客が特をすればするほど業者が損をするのがDD方式です。

NDD方式とは

NDD方式とは、No Dealing Deskの略とであり、ディーラデスクを置かずに

インターバンク直結のトレード方法を活用する方式です。

NDD方式は海外FX業者がほとんどです。

海外では、STP(Siraight Through Processing)方式とも呼ばれており、

顧客の注文をダイレクトにカバー先に流します。

海外FX業者は、呑むことはなく、トレーダーの取引量に応じた手数料が収入源です。

つまり、できるだけトレーダーに多く勝ってっもらいロットを高くトレードしてほしいという

仕組みが成り立ちます。

なので、たくさんのトレードができるハイレバレッジを設定してあったり、

投資金額が増える入金ボーナスなどを行って取引量をできるだけ増やそうと企業努力しています。

FXのトレードをする際にDD方式とNDD方式の業者どちらを選べばよいのか?

FX DD方式 NDD方式 違い

FXのトレードをする際にDD方式とNDD方式の業者どちらを選べばよいのかですが、

海外のFX業者を利用したほうが公平な約定でトレードできます。

なので私は海外FX業者をオススメします。

国内はスプレッドが狭いので手数料は少ないですが、

「呑み行為」

「追証」

「理不尽な口座凍結」

などもあるため私はオススメしません。

海外では追証が発生しないため証拠金以上の損失額はありません。

まとめ

今回は、FXのDD方式とNDD方式について説明しました。

もちろん国内のほうが信用できるからDD方式の業者を

使いたいということであれば構わないですが、追証が発生するのでくれぐれもご注意ください。

FXの自動売買|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました