スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FX初心者】チャートによく現れる『フラッグ・ペナント』について徹底解説してみた

FX フラッグ ペナント FX初心者

今回は、チャートによく現れる『フラッグ・ペナント』について徹底解説してみました。

フラッグ・ペナントは活用次第でトレードの幅を広げる!!

FX フラッグ ペナント

FXの相場分析にはチャートパターンが存在します。

やはり多くのトレーダーは〇〇の法則やインジケータなどを活用しますが、

結局それは過去の相場の統計データになります。

つまり過去にも同じようなパターンは同じように相場が動く可能性が高いので、

トレードする上で有効な考えだと思います。

フラッグとペナントは、エントリーのタイミングがわかりやすいですので

初心者でも活用することができるチャートパターンですね!!

今回はそんなチャートパターンである『フラッグ・ペナント』についてご紹介したいと思います。

これで更にチャートパターンが増えて

トレードの幅が増えそう!!

フラッグやペナントは比較的にチャートで多く現れるから

今回の記事を読んでぜひトレードに活用してほしいわ!

フラッグとは

FX フラッグ ペナント

フラッグとはその名の通り旗のような形をしたチャートパターンになります。

上昇トレンドで起きるのが上昇フラッグ、下降トレンドで起きるのが下降フラッグです。

上昇フラッグを例にしてご説明します。

フラッグは上値を切り下げて、下値を切り上げて下降トレンドが出ているのが

『上昇フラッグ』です。

この上昇フラッグ時に下降トレンドの上下に平行なチャネルラインが引けるのが特徴になります。

チャネルラインを上にブレイクアウトすると再び上昇トレンドが継続されます。

比較的にこのチャートパターンは現れます。

ペナントとは

FX フラッグ ペナント

ペナントとは、細長い旗のような形をしたチャートパターンになります。

上昇トレンドに起きるのが上昇ペナント、下降トレンドに起きるのが下降ペナントです。

私は個人的にペナントをよく見ていますね。

ペナントは上のレジスタンスラインと下のサポートラインがどんどん狭くなります。

徐々に狭めながら上も下も行けない状況です。

ブレイクアウトが起きれば再び上昇トレンドが継続するということになります。

フラッグとペナントの違い

FX フラッグ ペナント

フラッグとペナントについては上記で説明しました。

ではフラッグとペナントにはどのような違いがあるのかについてご紹介します。

フラッグとペナントはどちらもトレンド中のレンジ相場で使用されるチャートパターンです。

違いは見て分かる通り『形』です。

フラッグの場合は上下い平行なトレンドラインが引かれるので、

フラッグつまり『旗』のような形になります。

ペナントは上下トレンドラインは狭くなりペナントと同じ形になります。

フラッグとペナントは大きな時間足で活用する

FX フラッグ ペナント

フラッグとペナントは大きな時間足で活用することが大切になります。

1分足や5分足でのフラッグとペナントはダマシに合いやすいです。

ですのでフラッグとペナントを活用する場合は、

4時間足や日足などの長い時間足で活用することをおすすめします。

長い時間足でフラッグやペナントでブレイクアウトが起きれば大きなトレンドが発生するので

短い時間足でトレンドを取っていくのが良いと思います。

フラッグとペナントを活用したトレード方法

フラッグとペナントを活用したトレード方法について説明していきたいと思います。

フラッグとペナントは順張りでも逆張りでもトレードに活用することが可能です。

こうしたラインを使ってFXでトレードする方法をライントレードと呼びます。

【FX初心者】ライントレードで勝つ!!ラインを利用したトレード方法についてまとめてみた
今回は、ライントレードで勝つ!!ラインを利用したトレード方法についてまとめてみました。

フラッグとペナントを活用したトレード方法:順張りトレード

上記で説明したとおり、長い時間足がブレイクアウトした場合に短い時間足で

トレンドフォローの順張りでトレードする方法です。

フラッグとペナントは力が溜まって大きく動く前段階なので、

トレンドフォローで大きなトレンドに乗っかることで勝率や利益も大きいです。

フラッグとペナントはぜひとも順張りトレードで活用するのをおすすめします。

フラッグとペナントを活用したトレード方法:逆張りトレード

もう一つはまだ長い時間足がブレイクアウトせずにその反発で逆張りトレードする方法です。

こちらは可能ですが、あまりおすすめはできないトレードですね。

ペナントと異なる三角持ち合いパターン

ペナントと異なる三角持ち合いパターンというものが存在します。

それについてご説明します。

ペナントと異なる三角持ち合いパターン1:アセンディングトライアングル

FX アセンディングトライアングル

アセンディングトライアングルは天井で下値を切り上げていく

三角持ち合いのチャートパターンの1つです。

三角の頂点に近づくにつれて値動きが小さくなり、

天井付近で天井をブレイクアウトして一気に上げるチャートパターンになります。

ペナントと異なる三角持ち合いパターン2:ディセンディングトライアングル

FX ディセンディングトライアングル

ディセンディングトライアングルは底で上値を切り下げていく

三角持ち合いのチャートパターンの1つです。

三角の頂点に近づくにつれて値動きが小さくなり、

底付近で底をブレイクアウトして一気に下げるチャートパターンです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はフラッグとペナントについてでした。

このフラッグとペナントを今のトレードに活用することでさらに幅が広がると思います。

ぜひともフラッグとペナントを活用してください。

FXの自動売買|短期集中講座はこちら

コメント