〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【EA攻略】FX-EA System Projectの『RTQ』で上手くトレードする方法を徹底解説してみた

FX EA RTQFXのEA攻略

FX-EA System Projectの『RTQ』で上手くトレードする方法を徹底解説してみました。

RTQを攻略する

FX EA RTQ

FX-EA System Projectでも使用率の高いRTQですが、

基本的にEAはデフォルトで使用するのも良いですが、

さらに安定させるにはトレーダーが上手くEAを使用することが大切です。

今回はFX-EA System Projectで提供されているEAの

RTQを上手く活用してトレードする方法を徹底解説してみたいと思います。

RTQについては以下の記事を参照してください。

FX-EA System Project最新作のEA『RTQ』を提供開始!!ロジックなどについて徹底解説してみた!!
FX-EA System Project最新作のEA『RTQ』を提供開始!! ロジックなどについて徹底解説してみた!!

RTQのロジック

RTQのロジックは基本的に麺シリーズのロジックを採用しています。

天底から、相場転換を狙います。

転換点を捉えるためにテクニカルは、

・移動平均線8本

・ストキャスティクス3本

・RCI2本

・オリジナルインジケータ2本

を活用しており逆張りエントリーします。

またナンピン7本仕様で、10pips~125pipsでナンピンを行い、最大7本まで持ちます。

またTシリーズのような固定金額で利確されます。

800~1100円の利益を獲得できるモデルです。

RTQの特徴

RTQの特徴についてご紹介したいと思います。

損切りがない

RTQには損切りがないです。

損切りがないということは、利益になるまで追いかけ続けます。

どんな相場でもトレンドというのは永遠とは続かないのでどこかで乖離すれば戻ってきます。

もちろん大きく損失を出す可能性もありますので、

5万円〜10万円などの少ない証拠金でトレードするのは向いていないです。

RTQの損切りが無いというのは一長一短であるということを理解して使用する必要があります。

固定金額で利確される

RTQはpipsでの利確ではなく、固定金額で利確されます。

これはTシリーズのモデルを継承しています。

RTQは800~1100円の利確するようになっています。

1日一回ぐらいのトレード頻度

RTQは1日1回程度しか稼働しません。

RTQを上手くトレードするテクニック

RTQを上手くトレードするテクニックについてご紹介したいと思います。

広いレンジ相場で稼働させる

RTQは基本的に1円以上動くような強いトレンド以外は資金さえあれば基本的に取ってくれます。

FX EA 攻略

負けやすいというのは、勝つこともあります。

負けやすい相場で勝つのは資金力の問題になります。

RTQはトレンドを追いかけ続けるので追いかけても資金があれば

含み損を耐えることができるのでプラスで終わることもできます。

ただ基本的には広いレンジ相場での使用がベストですね。

トレンド方向のみに片方エントリー

RTQは広いレンジ相場で機能しますが、トレンドでも活用することは可能です。

やり方は、トレンド方向のみに片方エントリーするという方法になります。

上位足である1時間足〜日足などの方向性を確認してそのトレンド方向のみにエントリーします。

RTQが追いかけてしまうのは、トレンドとは反対のポジションです。

トレンド方向とは逆の方向にエントリーすれば

どうしても含み損が大きくなりヒヤヒヤすることがあるので、

トレンド方向のみにエントリーしていれば、

少なくともポジションは追いかけることなく利益を得ることが可能になります。

トレンド後の調整はベスト

トレンド後の調整はベストだと思います。一番安心して取れるポイントだと思います。

大きく相場が動いた後は調整という動きが相場に入ります。

FX EA 攻略

調整は値幅が少ないのでRTQは確実に取っていける相場ですね。

調整は、重要な指標がある日の前や大きく動いた相場の後などに起きるので、

積極的に取りに行きたいです。

トレンドの分析

広いレンジ相場で機能するのであれば、

レンジ相場を分析するのではなくトレンドが発生したかどうかを分析すれば話が早いです。

私がトレンドを判断するのに使用するのがパーフェクトオーダーという分析方法です。

パーフェクトオーダーのパラメータは、25,75,200などが一般的です。

基本的に資金力ありきなRTQは資金があれば大抵のことは解決できるのですが、

ただ取りに行きやすいかどうかというのは、

トレンドを追いかける必要性があるかないかになっていきます。

FX EA 攻略

例えばパーフェクトオーダーでトレンドが発生している場合は、

どうしてもナンピン数を増やしながら出ないと取りに行く必要があります。

もちろん追いかけ続けられなければ資金がショートしてしまいます。

少ない人はナンピン数を増やすことなく固定金額の利益を得ることが望ましいので、

パーフェクトオーダーではない=レンジ

なので、パーフェクトオーダーが崩れているタイミングでの稼働が良いですね。

レンジ相場であるので、値動きが少なくナンピン数も減らして利益を得ることができます。

もちろん先程言ったようにトレンド方向のみにエントリーすれば、

大きな含み損を抱える必要性は少なくなりますね。

【FXのテクニカル分析】強力なトレンドフォローで利益が出せる『パーフェクトオーダー』についてまとめてみた
今回は、強力なトレンドフォローで利益が出せる 『パーフェクトオーダー』についてまとめてみました。

オシレーターによる分析

RSI一つ見るだけでも相場がわかります。

例えば広いレンジ相場であればRSI(14)が70〜30%に収まっていますが、

FX EA 攻略

RTQでは取りにくい一方向に動く相場は70%を超えています。

つまりこうした相場を追いかけるとどうしても資金が必要になるので

あえてその相場には乗っからないことも大切ですね。

【FXのテクニカル分析】オシレーターのNo1使用率のRSIについてまとめてみた
今回は、オシレーターのNo1使用率のRSIについてまとめてみました。

fxr-sr-zonesとxit-fibsがオススメ!!

fxr-sr-zonesとxit-fibsのインジケーターがTシリーズはオススメですね!!

もし使っていない人は使ってみてください。

【無料】サポレジとフィボナッチを自動で描画できるインジケーター「fxr sr zones」と「XIT Fibs」についてまとめてみた
今回は無料で活用できるサポレジとフィボナッチを自動で描画できるインジケーター 「fxr sr zones」と「XIT Fibs」についてまとめてみました。

まとめ

今回はRTQについて紹介しました。基本的にRTQは資金力ありきなトレードスタイルになります。

資金が少ない人はどうしてもトレーダー自身でケアする必要が出てくるので、

余裕を持った資金でRTQは活用してください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

1000人限定でFXの自動売買のEAを無料で配布中!!

FX-EA System Projectでは、

【1000人限定で無料でFXの自動売買のEAを配布中】

です!!

・毎日チャートを見てるのに全く稼げなかった

・コンサルや塾に入ったけど全く稼げなかった

・裁量トレードは難しくて挫折した

・ツールやシステムを購入したが全く稼げなかった

・時間がなくて裁量トレードを行える時間がない

・自動で楽に稼ぎたい

という風に思っている方はこの企画はおすすめです。

フォワードテスト・バックテストを

しっかり行ったパフォーマンスの良いEAを提供中です!!

また、どんどん新しいEAも随時無料配布します!!

人数限定なので早いものがちです!!

もしFX-EA System Projectに興味があれば

是非参加してください。

FXのEA攻略
masayaをフォローする
fx-ea-system-project

コメント

タイトルとURLをコピーしました