〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【初心者必見】FXのトレード記録の書き方やツールを使った記録方法について

FX トレード記録 付け方FXの資金管理

今回は、FXのトレード記録の書き方やエクセルを使った記録方法についてです。

トレード記録つけたいけど、

どんなところも注意して作ればいいかわからない

今回の記事を見ればトレード記録の書き方はバッチリよ!

では、さっそく説明していきます。

トレード記録をつける目的とは?

トレード記録をつける目的についてまずは説明していきます。

なぜトレード記録などまどろっこしいものを作らなければいけないのか。

私は、トレードの向上のためにつけるべきだと思います。

これは、初心者でも経験者でもトレードの向上を考えるのであれば

つけるべきだと私は思います。

トレード記録を作ることで、自分のトレードの良い部分と悪い部分が明確にわかってくるので、

反省点や改善点を見つけることができます。

デイトレードという本にもトレード記録の重要性について記載されています。

スポーツや勉強でも、見直しして何が間違っているのかどうしたらよくなるのかを考えることは

非常に大切なことです。

FXのトレードでも同じ考えです。

トレード記録を書くメリット

トレード記録を書くメリットについてご紹介します。

トレード記録を書くことのメリットはトレードで負けにくくなります。

自分がトレードした結果を分析していくので、必然的に同じ過ちを繰り返すことはなくなり、

負けを減らすということは必然的に勝てるようになるのと同じなので、

トレード記録をつけることで勝てるように自然となります。

トレード記録の書き方について

トレード記録の書き方についてですが、私が作る際の項目をご紹介したいと思います。

・日付

・通貨ペア名

・売りか買いか

・エントリー時間と価格とエントリー理由

・決済時間と価格と理由

・保有時間

・損益(金額やpips)

・勝敗

・反省点

・改善点

トレード記録を書く上で重要なポイント

トレード記録をつける上で重要なポイントについてご紹介したいと思います。

トレード記録を書く上で重要なポイント1:損失を出した要因を探る事

利益を取れているときはさほど問題ないのですが、

損失を出したときはトレード記録をつけるようにしましょう。

そして、なぜそのトレードで負けたのか要因をしっかりと自分の中で細かく分析することです。

トレード記録を書く上で重要なポイント2:次回防ぐ為の解決策を考える事

なぜトレードで負けたのかの要因を分析できれば、次回防ぐ為の解決策を考えることが大切です。

同じトレードを繰り返ししても負ける一方です。

負けたトレードからあなた自身が何を学び取り次回に活かすのかが重要です。

トレード記録を作るためのツールやアプリ

トレード記録を作るためのツールですが、オススメツールについてご紹介します。

トレード記録を作るためのツールやアプリ:Evernote(エバノート)

Evernote(エバノート)

FX トレード記録 付け方

Evernote(エバノート)はかゆいところまで手が届くメモツールになります。

Evernote(エバノート)はPCでもスマホで使えるのでトレード記録を電車内で

確認したりなども可能です。

トレード記録を作るためのツールやアプリ:EXCEL(エクセル)

EXCEL(エクセル)

FX トレード記録 付け方

EXCEL(エクセル)はWindowsのPCに標準で搭載されています。

無難にトレード記録をつけるならEXCEL(エクセル)がオススメです。

その他

FX トレード記録 付け方

もしPCなどが詳しくなければ手書きのノートでも可能です。

とにかく、自分が作りやすく見直しやすい方法でトレード記録を作成しましょう。

まとめ

FXでトレード記録を書くことは初心者のうちは必須だと思います。

とにかく自分のトレードを客観的に分析して良いトレードができるように心がけましょう。

FXの資金管理とメンタルコントロールに関してはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました