スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FX資金管理】勝てるトレーダーが教える攻めと守りの資金管理の極意についてまとめてみた

FX 自動売買(EA) 資金管理 FXの資金管理

今回は、勝てるトレーダーが教える攻めと守りの資金管理の極意についてまとめてみました。

FXの資金管理

FX 自動売買(EA) 資金管理

FXの資金管理は勝てるトレーダーの必須条件だと思います。

・ノウハウ

・ツール

など多く出回っていますが、そうした小手先だけを学んで大切な

資金管理を疎かにしている人が多いです。

今回は、FXで利益を上げるために必要な2つの資金管理ついてご紹介したいと思います。

・利益を上げるための資金管理

・損をしないための資金管理

同じ言葉のように聞こえますが違うものになります。

資金管理ができなければどんな手法やツールを使っても稼ぐことは不可能だとまず最初に頭に入れて

記事を読んでください。

FXで利益を上げるための3つのM

FXで利益を上げるために3つのMが存在しています。

・Method(手法)

・Money(資金管理)

・Mind(メンタル)

この3つが合わさり初めて勝てるトレーダーになれます。

この3つはどれが欠けてもFXで勝ち続けることができません。

資金管理は攻めと守りのバランスが一番大事

資金管理は攻めと守りのバランスが一番大事です。

攻める資金管理は大きな利益に繋がり、

守りの資金管理は損失を防ぎます。

利益を出すためにやることと、損失を防ぐためにやること

この2つのを考えることで最大限の利益を得ることができます。

逆にどちらか片方しか考えていない人は最大限の利益を引き出すことができません。

資金管理の方法は多く存在しますし、ブログやサイトでも掲載されています。

大切なことは、いかに攻めと守りのバランスを考えられるようになるかです。

この2つの考え方さえマスターすればFXで大きな損失などを出すことはなくなり

安定してたトレードができます。

利益を出すための資金管理

では最初に、利益を出すための資金管理についてお話していこうと思います。

利益を出すための資金管理とは?

利益を出すための資金管理とは、リスクを取りリターンを取りに行くポジションの考え方です。

具体的には期待値によりトレードのロット数を変えるやり方で、

ポジションサイジングとも呼ばれます。

今回は4つのポジションサイジングについてご紹介していきたいと思います。

それぞれメリットやデメリットが存在しており、やり方次第でより攻める資金管理ができます。

攻める資金管理1:常に同じロット数でトレードする

常に同じロット数でトレードすると言うにも1つの手法です。

ボラティリティや時間帯に関係なく常に一定のロット数でトレードを行うので、

一般的な資金管理方法です。

同じロットなので、自分の器量やメンタルや資金に応じて

スキルアップしてロットを増やしていくとができます。

最初は0.1ロットで徐々に1ロット、10ロットという感じで張ることができます。

ただし、FXでは勝てない時期も当然ありますので、そうした場合

同じロットでトレードしない時計無いためリスクを落とせずに同じスピートで

資金が溶けていくデメリットも存在します。

同じロットでトレードするときは、ロットを上げるタイミングには十分に注意しましょう。

常に同じロット数でトレードする:メリット

単純な資金管理なので相場による損益のブレが少なくて済む。

常に同じロット数でトレードする:デメリット

勝てない時期も同じロットでトレードするのでメンタルに響く。

攻める資金管理2:ナンピン

ナンピンとは、ポジションが逆行し、含み損になった時にポジションを追加することです。

最初のポジションがマイナスが出たとしても、難平したポジションがプラスであれば、

トータルで利益を出すことが可能です。

どこかで反転すればプラスになりやすいので勝率は非常に高くなります。

ですが、ナンピンは高度なスキルが必要になり、

初心者はしっかりとデメリットも把握する必要があります。

ナンピンは利益も損失も破壊力があるポジショニングです。

ナンピン:メリット

平均約低価格が有利になるため含み損からすぐに回復することができる。

ナンピン:デメリット

ナンピンが逆行すれば含み損が倍々で増えていく。

攻める資金管理3:マーチンゲール

マーチンゲールとは、あるトレードで負けたら、次のトレードでロットを倍にしていくやり方です。

例えば、1ロットで負けたら2ロット、さらに負けたら4ロット、8ロット

と勝つまで倍にしていく方法です。

このとき、利食いと損切りの幅は同じにすることが前提です。

マーチンゲールは今までの含み損を無くすという考えではナンピンと同じです。

しかし異なる点は、ナンピンは損切りせずにポジションを増やしていくことと

ナンピンするときのロットが任意なところです。

一方でマーチンゲールでは損切りをして枚数を倍々に増やしていきます。

マーチンゲール:メリット

1回の利益でそれまでの損失をカバーすることができる

マーチンゲール:デメリット

マーチンゲールの連敗が続くと資金が足りなくなり破産する可能性がある。

攻める資金管理4:ピラミッディング

ピラミッディングとは、エジプトのピラミッドの文字を変えたもので、

トレンドに乗っかっている時にポジションを増やしてく方法です。

ナンピンは、含み損が増えるに連れてポジションを増やしていきましたが、

ピラミッディングはその逆で含み益が出るにつれてポジションを増やしていきます。

ピラミッディング:メリット

トレンドが終わるまで最大限の利益が得ることができる

ピラミッディング:デメリット

ポジションを増やした後に逆行すると、すぐ含み益が消えてしまう。

損失を出さないための資金管理

では次に、損失を出さないための資金管理についてご紹介したいと思います。

損失を出さないための資金管理とは?

損失を出さないための資金管理とは、先程の利益を出す資金管理とは逆の考えで

以下に損失を減らすことができるかを考える方法です。

例えば

・運用資金の2%までしかリスクを取らない

・1日10%の損失を出したらその日はトレードしない

・毎月決められたリスク内でトレードする

といったようなものです。

どのルールを守ればいいかということではなく、あなたがあなた自身の資金を守れれば良いので

自分でルールを決めれば問題ないです。

守る資金管理1:証拠金を多く増やしロットが少なくトレードする

FXでは、多くの資金で少ないロット数でトレードすることが一番安全な資金管理方法です。

資金が多ければ多いほど良いですし、ロットは少ない方が安心です。

仮に損失が膨らんでも資金に対する損失の割合は微々たるものなので、

メンタルにも影響が出にくいです。

逆に資金が少ないにもかかわらず、ロット数が多いと最もリスクのあるトレードになります。

とは言っても多くの資金があればわざわざFXをやろうと思わないと思います。

つまりこれからFXを始めようと思っている人や、今FXを実践している人の多くは

資金がない人です。

なので、大切なことは自分がどれだけのリスクを取れるのかをしっかりと把握することです。

守る資金管理2: トレードスタイルによって資金管理を変える

資金管理は、トレードスタイルによって変わります。

逆張りや順張りや時間軸も人それぞれです。

スキャルピングトレーダーがスイングトレーダーの資金管理は合わなかったり、

逆にスイングトレーダーがスキャルピングトレーダーの資金管理が合ったりなど

万人に合う資金管理は存在しません。

資金管理で考える上でその手法やロジックは

・pips数

・ロット数

の2つにフォーカスを当てると良いでしょう。

利益額は同じであっても、pips数重視とロット重視では

エントリーから利確のプロセスは全く異なります。

守る資金管理3:利益だけでトレードする

ある程度トレードで利益が出始めれば、出金して利益だけでトレードすることも大切です。

例えば、30万円からスタートして60万円まで増やせれば、

元本の30万円は出金してしまえば、利益の30万円だけでトレードすることになるので、

すでに勝ちが確定しています。

ですが、資金が少ないうちに頻繁に出金は良くないです。

まずは、安定できる証拠金と維持率をキープできるだけの利益が溜まってから

出金をすることが大切です。

利益が出たら元本を出金すれば、負けることはもうなくなります。

まとめ

FXで稼げないトレーダーほど手法やノウハウ、ロジックに目が行きがちですが

いちばん大切なことはこの資金管理だと思います。

勝てるトレーダーには資金管理を徹底しています。

もしあなたが資金管理を疎かにしているのであれば資金管理について

もう一度見つめ直してみてください。

FXの資金管理とメンタルコントロールに関してはこちら

コメント