〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【初心者必見】FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集についてまとめてみた

FX 自動売買(EA) 用語FXの自動売買(EA)

FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集についてまとめてみました。

FXの専門用語ってたくさんある

FX 自動売買(EA) 用語

FXの専門用語って多くありますよね。

正直初心者はカタカナから英語など多く存在しているのでハードル高く感じますよね。

私自身も言葉の意味から勉強しましたので、今回はFXの用語についてご紹介したいと思います。

FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集:単利

単利とは当初預け入れた元本に対してのみ利息がつく計算方法です。

FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集:複利

複利は、単利とは異なり運用期間中に発生する利息を元本に繰り入れます。

それを新しい元本とし再投資、利息を計算する方法です。

発生した利息が元本に加えられ再投資されていくので、利息が利息を生んでいく形になります。

FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集:ファンダメンタルズ分析

その国の経済動向や、政策金利の方向性から為替相場を分析することを

「ファンダメンタルズ分析」といいます。

FXにおいて、「トレンド」といわれる大きく動く相場が生じるのは、

金融政策の方向性が大きく変わったときに主に起こります。

日頃から経済ニュースに多く触れるなどして、常に各国の金融政策をチェックします。

FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集:テクニカル分析

相場動向を表にして示した「チャート」上にて、

チャートの動きから為替相場の動向を分析する方法を「テクニカル分析」といいます。

FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集:レバレッジ

レバレッジ(leverage)とは「てこの作用」を意味し、

FXで使われるレバレッジとは、てこの原理のように小さな力(少額)で

大きなモノ(大きな金額)を動かす力。

つまり、少額で大きな金額の取引を行う仕組みのことをいい、

またレバレッジは「○○倍」と表されます。

FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集:ナンピン

ナンピン(難平)とは、保有しているポジションが予想に反して

損失を出してしまっているときに、更にポジションを買い増すことを指す。

例えば、ドル/円を100円で買いポジションを持った時に、

予想に反して99円に下がってしまう。

ナンピンは99円でさらに買いポジションを増やすこと。

FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集:ピップス

ピップス(Pips)とは、FXで表現する最小値幅単位の事です。

為替が変動するときの最小値の事を1ピップスといいます。

またピップスのことをポイントとも呼びます。「Pips」とは「Pip」の複数形です。

この値は通貨ペアによって異なりますが、ドル円では0.01円、ユーロドルでは0.0001ドル、

といった風に決まっています。

100pips=1円

1pipとは0.01円=1銭

0.1pipは0.001円=0.1銭

FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集:スワップ

取引をした2通貨の金利差を表します。

高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で受取になり、逆の場合は支払いになります。

FXの自動売買(EA)を始める前に知っておきたい用語集:順張り・逆張り

相場の方向性に沿って取引することを順張り、

相場の方向性に逆らって取引することを逆張りといいます。

たとえば、ドル/円相場で、ドル高の傾向にある場合に、

「この先もドル高が続くだろう」という予測のもとにドルを買うのが順張りで、

逆に「そろそろドル高も反転するだろう」という予測のもとにドルを売るのが逆張りです。

まとめ

FXの自動売買(EA)を始める前にこれだけは知っておいて損はないので、

用語を理解した上でトレードしていきましょう。

より詳しい用語は下記の記事をご覧ください。

FXの用語集についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました