公式ラインに登録するだけで無料で裁量システムプレゼント

【FXのテクニカル分析】エネルギーと人気の2つの観点から相場判断する『篠原(強弱)レシオ』について徹底解説してみた

FX 篠原(強弱)レシオFXのテクニカル分析

エネルギーと人気の2つの観点から相場判断する

『篠原(強弱)レシオ』について徹底解説してみました。

篠原(強弱)レシオとは

FX 篠原(強弱)レシオ

篠原レシオとは、日本人のチャート分析家の篠原正治氏が考案したテクニカル指標です。

篠原レシオの他にABレシオなどとも呼ばれます。

篠原レシオとは『倍率』『割合』という意味があります。

篠原(強弱)レシオには『エネルギー』『人気』という概念を取り入れた

2つのパラメーターで構成されています。

Aレシオ:強弱エネルギー→始値を起点とした上下の振幅
Bレシオ:強弱人気→前日終値を起点とした上下の振幅

中にはCレシオを使って補助として使われますが、一般的にはAレシオとBレシオになります。

1日の値動きをベースとした相場のAとBの2つの指標のエネルギーや人気の変化の累積から

科学的に『相場の動向を予測する』のが篠原レシオになります。

他のオシレーター系とは違う独特な特徴を持っているテクニカル指標です。

篠原(強弱)レシオの計算式

篠原(強弱)レシオの計算式ですが、計算はローソク足が基準なっています。

Aレシオ(1期間)=強エネルギー/弱エネルギー×100=(高値-始値)/(始値-安値)×100
Bレシオ(1期間)=強人気/弱人気×100=(当日の高値‐前日の終値)/(前日の終値‐当日の安値)×100

篠原(強弱)レシオの期間は、一般的に『26日間』が使われます。

篠原(強弱)レシオの見方

篠原(強弱)レシオの見方について説明します。

Aレシオ

Aレシオはエネルギーの強弱が均衡している時に『100%』を中心として動きます。

150%以上:高値圏
60%以下:底値圏

という見方になります。

トレンドの強くなりすぎた結果、価格が反発しないかをチェックするのがAレシオの役目です。

Bレシオ

Bレシオは人気の強弱が均衡しているときに『100%』を中心に動きます。

200%以上:高値圏
100%:ニュートラル

30〜70%あたり:底値圏

BレシオはAレシオとの関係性も踏まえながら、トレンドに切り替わるタイミングを見極めます。

Cレシオ

Cレシオの詳細な分析は、2本ずつの主ベルトと副ベルトの位置関係から判断します。

それぞれのベルトに使う線は以下のとおりです。

短期線 長期線
主ベルト17日先行の40日線26日先行の52日線
副ベルト5日先行の10日線9日先行の20日線

篠原(強弱)レシオのトレード方法

篠原(強弱)レシオのトレード方法について説明します。

AレシオとBレシオの共通の見方は以下のとおりです。

100%以上で右肩上がりまたは横ばい:上昇トレンド
100%以下で右肩下がりまたは横ばい:下降トレンド
150%以上から反転:下降トレンドへの転換
50%以下から反転:上昇トレンドへの転換

篠原(強弱)レシオのダウンロード

篠原(強弱)レシオはMT4に標準搭載されていないので、自身でダウンロードする必要があります。

実線をロングで、破線をショートとして活用します。

篠原(強弱)レシオのダウンロードはこちら

まとめ

今回は、篠原(強弱)レシオについてご紹介しました。

独特なオシレーター系指標で、マニアックな方しか使ってませんが、

もし気になる方は活用してみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました