〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FXのテクニカル分析】勝率約90%とも言われている!?世界中のトレーダーが重視している『ハーモニックパターン』についてまとめてみた

FX ハーモニックパターンFXのテクニカル分析

今回は、勝率約90%とも言われている!?世界中のトレーダーが重視している

『ハーモニックパターン』についてまとめてみました。

FXでハーモニックパターンを活用するとめちゃくちゃ強い

FX ハーモニックパターン

ハーモニックパターンというのはご存知でしょうか?

フィボナッチを活用するトレーダーであれば知っている人が多いと思います。

このハーモニックパターンと呼ばれるものは

多くのトレーダーが活用しているテクニカル分析の1つの手法になります。

海外などではハーモニックパターンだけで勝率90%以上などと言われるほど

極めれば本当に活用できるFXの分析手法です。

今回はそんなハーモニックパターンについて詳しく解説していきたいと思います。

ハーモニックパターンを極めるのであればまずはフィボナッチを理解する

FX ハーモニックパターン

ハーモニックパターンを極めるのであればまずはフィボナッチを理解することが大切です。

フィボナッチを活用して分析するのがハーモニックパターンですので、

フィボナッチをまずは理解することが重要となります。

【FX初心者】芸術的なトレード!!美しくトレードができるフィボナッチについてまとめてみた
今回は、芸術的なトレード!!美しくトレードができるフィボナッチについてまとめてみました。

ハーモニックパターンとは

ハーモニックを日本語にすると『調和』を意味しております。

何を調和するのかというと『フィボナッチ』に調和します。

ですので前章でハーモニックパターンを学ぶ前に

フィボナッチを理解してくださいとお伝えしたのですね。

ハーモニックパターンというのは基本的に2つの三角形を組み合わせたパターンになります。

この三角形の組み合わせの端で相場が反転するというのが、

ハーモニックパターンと呼ばれるものになります。

ハーモニックパターンはアメリカで主流として活用されるチャートパターンです。

特にヨーロッパなどで人気ですね。

つまり、ユーロやドルなどの通貨ペアではこのハーモニックパターンは非常に意識されやすいです。

FXでハーモニックパターンをトレードで活用する方法

FXでハーモニックパターンをトレードで活用する方法ですが、

基本的には逆張りでトレードすることが大切です。

ハーモニックパターンを学び理解することで、特定のパターンとフィボナッチの比率から

『相場が反転するポイントを絞り込むことができる』

ので、逆張りでトレードすることが良いということですね。

FXのハーモニックパターンの4種類

FX ハーモニックパターン

FXのハーモニックパターンの4種類についてご紹介したいと思います。

ハーモニックパターンはパターンと言われるだけ複数の種類が存在します。

今回は代表的な4つのハーモニックパターン

「バット」「ガートレー」「クラブ」「バタフライ」の4種類についてご紹介したいと思います。

FXのハーモニックパターンの種類1:バットパターン

FX ハーモニックパターン バットパターン

バットパターンの場合は、Aまで下落してBの戻しの割合が『38.2%〜50%』となります。

ハーモニックパターンであるガートレーに比べると戻しの割合が小さいです。

そしてBからCへと押し目が入るのですがこの割合は『38.2%〜88.6%』であり

これはガートレーと同じ割合になります。

その後、Dへと向かいますが全戻し以降の点が、『161.8%〜261.8%』と決まっています。

そして88.6%になります。

バットパターンのポイント

バットパターンのポイントについてです。

・Bの戻しの割合が『38.2%〜50%』になる

・BからCへと押し目の割合が『38.2%〜88.6%』になる

FXのハーモニックパターンの種類2:ガートレーパターン

FX ハーモニックパターン ガートレーパターン

ガートレーパターンはハーモニックパターンでも代表的なパターンです。

Aに下落し始めてBに対する戻しの割合が『61.8%』に止まります。

ガートレーパターンはこの『61.8%』で止まるというのがポイントになります。

そしてBから再度下落しCの値まで落ちていますが、

この押し目の割合が『38.2%〜88.6%押し』の中に収まることも大切です。

Cから反転してDに向かいこの戻しの割合が『78.6%』になります。

ガートレーパターンのポイント

ガートレーパターンのポイントについてです。

・Aに下落し始めてBに対する戻しの割合が『61.8%』になる。

・Dの戻しの『78.6%』になる

FXのハーモニックパターンの種類3:クラブパターン

FX ハーモニックパターン クラブパターン

クラブパターンはAまで下落してBの戻しの割合が『38.2〜61.8%』になると決まっています。

そしてCの押し目が『38.2〜88.6%』になります。

このCはガートレー、バット、バタフライでも一緒です。

そしてDが『161.8%』と固定されていています。

これがクラブパターンの最大の特徴になります。

クラブパターンのポイント

クラブパターンのポイントについてです。

・Aまで下落してBの戻しの割合が『38.2〜61.8%』になる

・Dが『161.8%』と固定されていている

FXのハーモニックパターンの種類4:バタフライパターン

FX ハーモニックパターン バタフライパターン

バタフライパターンは、Aまで下落してBまでの戻しの割合が『78.6%』と固定になります。

ガートレーと同じようにBの割合が固定となっています。

ガートレーの場合は、Bの割合は『61.8%』になります。

バタフライの特徴の1つがBの戻しが大きいので抑えておきましょう。

そしてCの押し目の割合が『38.2%〜88.6%』であり、

これは、ガートレーもバットも同じになります。

バタフライのDの割合は『161.8%〜261.8%』であり変動するので逆張りには使いにくいですね。

バタフライパターンのポイント

バタフライパターンのポイントについてです。

・Aまで下落してBまでの戻しの割合が『78.6%』と固定になる

・バタフライは戻しが深い。

まとめ

今回はFXのハーモニックパターンについてでした。

ハーモニックパターンは理解するのにフィボナッチを学ぶ必要があるので、

まずはフィボナッチについてしっかりとマスターしてから応用としてハーモニックパターンを

トレードでも活用できるようにしましょう!!

FXの自動売買|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました