スポンサーリンク
FX-EA System Project

【FXのテクニカル分析】海外で人気絶大のテクニカル指標『ADX(DMI)』についてまとめてみた

FX ADX DMI FXのテクニカル分析

今回は、海外で人気絶大のテクニカル指標『ADX(DMI)』についてまとめてみました。

海外で人気絶大のテクニカル指標であるADX・DMI

FX ADX DMI

今回ご紹介するのは、ADXとDMIと呼ばれるテクニカル指標です。

このADXとDMIとはRSIのデメリットを克服するために作成されたと言われています。

【FXのテクニカル分析】オシレーターのNo1使用率のRSIについてまとめてみた
今回は、オシレーターのNo1使用率のRSIについてまとめてみました。

非常に信憑性の高いインジケーターです。

あまりに日本では馴染みが薄いですが海外では人気なインジケーターです。

FXのテクニカル分析一覧です。
1:ローソク足
2:移動平均線
3:MACD
4:ボリンジャーバンド
5:RSI
6:ストキャスティクス
7:RCI
8:ウィリアムズ%
9:一目均衡表
10:ADX(DMI)

DMIとは

FX ADX DMI

DMIとは、正式名称がDirectional Movement Indexと呼ばれており、

日本語では、「方向性指数」という意味を表しています。

RSIやパラボリックを考案したJ.W.ワイルダーが作成しました。

DMIとは市場のトレンドの有無を判断するために開発されているテクニカル指標です。

DMIでは

・売りの勢いが強いのか

・買いの勢いが強いのか

・トレンドがどれくらいでているのか

この3つを判断することができます。

DMIの計算式

DMIは2つの計算式があります。

それぞれについて解説していきます。

DMIの計算式1

A(N)=A÷N A:N日間の値の合計

(計算過程で平均を行う場合は単純平均を使用します。)

1のパターンは日本において一般的に採用されています。

こちらはJ.W.ワインダーの考案した計算式をアレンジしたものです。

DMIの計算式2

A(N)=A÷N A:N日間の値の合計

二日目以降は修正平均を使用します。

B(N)=(B´×(N-1)+当日の値)÷N  B´:前日の値(N)

DMIの考案者であるJ.W.ワイルダーは平均値を算出するために単純平均ではなく

修正平均をしようしております。

ADX

FX ADX DMI

ADXとは、トレンドの強さを表しています。

+DIと-DIとはある機関の価格の動きのうち±方向の割合を表すものです。

ADXは上昇トレンド・下降トレンドの方向を気にせずにトレンドがある場合に上昇していきます。

ADXが上昇している場合はトレンドが進行中で、下降トレンドの場合はトレンドが調整であり

レンジであると判断します。

また

+DIが-DIより上にあれば:上昇トレンド

+DIが-DIより下にあれば:下降トレンド

と判断します。

つまり、DMIと一緒にADXを活用して、トレンドの方向と強さを判断します。

基本的にDMIとADXはセットで活用します。

ADXとDMIの特徴

ADXとDMIの特徴についてです。

買い手の強さ:+DI

売り手の強さ:-DI

トレンドの強さ(強いトレンドが発生しているかどうか?):ADX

ADXとDMIのトレード方法

ADXとDMIのトレード方法についてご紹介していきたいと思います。

ADXとDMIはMT4にデフォルトで入っています。

インジケーターの「Average Directional Movement Index」を選択すれば

誰でも活用可能です。

ADXとDMIのトレード方法:買いトレード

FX ADX DMI

ADXが上昇傾向にあり+DIが-DIより上にある場合は買いトレードです。

ADXとDMIのトレード方法:売りトレード

FX ADX DMI

ADXが上昇傾向にあり+DIが-DIより下にある場合は売りトレードです。

世界にはADXとDMIだけを活用してトレードするトレーダーがいる

世界にはADXとDMIだけを活用してトレードするトレーダーがいるのは有名な話ですね。

このトレーダーはローソク足やラインチャートなども見ないで、

DMIとADXのみを使ってトレードしています。

そんなことできるの?と思われますが、

具体的そのトレーダーがどうやってトレードしているのかというと

・DMIを活用して方向性を確認

・ADXの上昇具合を見てトレード

という感じで行っているようです。

ここまでは一般的な活用方法ですが、なんとそのトレーダーは

『ADXの上昇を前回と比較する』

ようです。

言わばADXのブレイクアウトを狙ったトレードですね。

例えば、ADXの上昇が50で止まった場合にADXが50超えるまでは待って

ADXが50を超えた段階でトレードするようです。

その際にDMIの開き具合なども確認するようです。

しっかりと±DIが両方ともに広がっている状況でトレードするようです。

そして±DIが同じ方向になったら決済するようです。

まとめ

ADXとDMIは海外では人気なテクニカル分析なので、

もし興味があれば海外のトレーダーのようにADXとDMIだけで稼げるようになるかもしれませんよ?

FXのテクニカル分析についてはこちら

コメント