公式ラインに登録するだけで無料で裁量システムプレゼント

【FXのテクニカル分析】ビル・ウィリアムズが考案したテクニカル指標『AOオシレーター』について徹底解説してみた

FX AOオシレーター(オーサムオシレーター)FXのテクニカル分析

ビル・ウィリアムズが考案したテクニカル指標

『AOオシレーター(オーサムオシレーター)』について徹底解説してみました。

AOオシレーター(オーサムオシレーター)とは

FX AOオシレーター(オーサムオシレーター)

AOオシレーター(オーサムオシレーター)とは数々のインジケーターを考案した

ビル・ウィリアムズ氏が作成したテクニカル指標になります。

MT4でデフォルトで搭載されているテクニカル指標ですが、

あまり日本では馴染みの薄く使われることはあまりありません。

AOオシレーター(オーサムオシレーター)は、

トレンドの判断やトレンドの勢いなどを同時に判断することができます。

また、ダイバージェンスによってトレンド転換を判断できるバランスの取れたテクニカル指標です。

今回は、AOオシレーター(オーサムオシレーター)について解説していきたいと思います。

AOオシレーター(オーサムオシレーター)の特徴

AOオシレーター(オーサムオシレーター)の特徴について説明します。

・トレンドの判断と強さの両方を判断することができる
・順張り or 逆張りでも利用できる
・AOオシレーター(オーサムオシレーター)は単純移動平均線の差から計算される

トレンドの判断と強さの両方を判断することができる

AOオシレーター(オーサムオシレーター)は、

『トレンドの判断とトレンドの強さ』の両方を判断することができるテクニカル指標です。

順張り or 逆張りでも利用できる

AOオシレーター(オーサムオシレーター)はトレンドの判断と強さだけではなく、

『ダイバージェンスによってトレンド転換を確認する』ことができるので、

『順張り・逆張り』でも利用することができるテクニカル指標になります。

AOオシレーター(オーサムオシレーター)は単純移動平均線の差から計算される

AOオシレーター(オーサムオシレーター)は、

単純移動平均線の『5』『34』の差を計算しています。

移動平均線については以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】億トレーダーも活用している!?移動平均線についてまとめてみた
今回は、億トレーダーも活用している!?移動平均線についてまとめてみました。

また、使用されるのは単純移動平均線の終値ではなく、各バーの中心点を使用して計算されます。

移動平均線をベースにトレードしている方は照らし合わせて活用することで、

根拠や動きがわかりやすくなります。

AOオシレーター(オーサムオシレーター)の計算式

AOオシレーター(オーサムオシレーター)の計算式は以下のようになります。

AO = 5日移動平均線 – 34日移動平均線
※移動平均線の値にはメジアン(高値と安値の中間値)を用いる

AOオシレーター(オーサムオシレーター)の使い方

AOオシレーター(オーサムオシレーター)は2つの色のバーと補助線で構成されています。

2つのバーと補助線でわかることは、以下の3つになります。

①:トレンドの始まりと終わりの判断→ゼロラインを基準に上昇と下降バー
②:トレンドの強弱→バーの色の転換
③:トレンドの転換→バーの高低とダイバージェンス

トレード

FX AOオシレーター(オーサムオシレーター)

AOオシレーター(オーサムオシレーター)は基本的に、

青色であれば上昇トレンドで赤色であれば下降トレンドという判断を行います。

AOオシレーター(オーサムオシレーター)は、

『トレンド発生時』は非常に機能するテクニカル指標になります。

また、AOオシレーター(オーサムオシレーター)には補助線として

『ゼロライン』が表示されています。

AOオシレーター(オーサムオシレーター)の使い方は1つの表にしてまとめたのでご覧ください。

ゼロライントレンドバーの色トレンドの強さエントリー決済
上上昇トレンド強いロングエントリー
弱い待ち
下降トレンド弱い待ち
強いショートエントリー

押し目買いと戻り売り

FX AOオシレーター(オーサムオシレーター) 押し目買い 戻り売り

AOオシレーター(オーサムオシレーター)は押し目買いと戻り売りとしても機能します。

押し目買い:ゼロラインよりも上に推移してゼロライン上で反発
戻り売り:ゼロラインよりも下に推移してゼロライン下で反発

ダイバージェンス

FX AOオシレーター(オーサムオシレーター) ダイバージェンス

AOオシレーター(オーサムオシレーター)は、ダイバージェンスと呼ばれる逆行現象が起きます。

価格とオシレーターの動きが逆になります。

ダイバージェンスについては以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】トレンド転換がわかる!!オシレーターの逆行現象である『ダイバージェンス』について徹底解説してみた
トレンド転換がわかる!!オシレーターの逆行現象である 『ダイバージェンス』について徹底解説してみました。

ダイバージェンスは『相場が転換する可能性が高いこと』を意味します。

また、AOオシレーター(オーサムオシレーター)は以下のように決済するのが一般的です。

・色が変わる場合
・乖離が大きくなった場合

AOオシレーター(オーサムオシレーター)のバーの高さは、

『移動平均線2本の乖離距離』を表しているので『色と乖離』を判断するのが一般的です。

ダイバージェンスと色と乖離を判断して逆張りを行うことも可能です。

AOオシレーター(オーサムオシレーター)の売買シグナル

AOオシレーター(オーサムオシレーター)の売買シグナルについて説明します。

売買シグナルは以下の3つがあります。

・Saucer(ソーサー)
・ゼロ線の交差
・2つのピーク

それぞれの条件が揃ったら買い(売り)シグナルが確定するのを待って、

サインが出たローソク足の高値+1.2pipsもしくは安値-1.2pips程度話したところで、

逆指値注文を行います。もしくは高値を更新したタイミングになります。

では、それぞれについて詳しく説明します。

Saucer(ソーサー)

FX AOオシレーター(オーサムオシレーター)

Saucer(ソーサー)の条件は以下の3つです。

①:最低3本のバーが必要
②:最低3本全てが0ラインより上(下)にあること
③:バーが下向きから上向き(上向きから下向き)に反転する

ゼロ線の交差

FX AOオシレーター(オーサムオシレーター)

ゼロ線の交差の条件は以下の3つです。

①:2本のバーが必要
②:1つ目のバーが0ラインより下、2つ目のバーが0ラインより上で買いシグナル
  1つ目のバーが0ラインより上、2つ目のバーが0ラインより下で売りシグナル
③:必ず交互にシグナルが出る。売りと買いのシグナルが同時には出ない

2つのピーク

FX AOオシレーター(オーサムオシレーター)

2つのピークの条件は以下の3つです。

①:0ラインより下にあり1つ目の先端より2つ目の先端の方が高いとき買いシグナル候補。
  0ラインより上にあり1つ目の先端より2つ目の先端の方が低いとき売りシグナル候補。
②:これらは0ラインをまたぐことなく、バーの連続性が続いている。
③:これらの条件を満たしたまま次の先端が2つ目の先端より高い/低いとき、
  かつ0ラインをまたがないとき、2つ目の買いシグナル/売りシグナル候補が出現する。

AOオシレーター(オーサムオシレーター)と相性の良いインジケーター

AOオシレーター(オーサムオシレーター)と相性の良いインジケーターをご紹介します。

ADX

FX AOオシレーター(オーサムオシレーター) 組合せ 相性

ADXについては以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】海外で人気絶大のテクニカル指標『ADX(DMI)』についてまとめてみた
今回は、海外で人気絶大のテクニカル指標『ADX(DMI)』についてまとめてみました。

ADXのボラティリティによって相場の過熱度を判断して

AOオシレーター(オーサムオシレーター)のトレンド方向性にエントリーするのも良いです。

一目均衡表

FX AOオシレーター(オーサムオシレーター) 組合せ 相性

一目均衡表については以下の記事を参照してください。

【FXのテクニカル分析】世界で唯一無二!!二次元のチャートに三次元の発想を取り入れた『一目均衡表』についてまとめてみた
今回は、世界で唯一無二!! 二次元のチャートに三次元の発想を取り入れた『一目均衡表』についてまとめてみました。

一目均衡表の雲とAOオシレーター(オーサムオシレーター)を活用すると

雲の上+AOオシレーターが青:上昇トレンド
雲の下+AOオシレーターが青:下降トレンド

のようによりトレンドの方向性が明確になります。

まとめ

今回はAOオシレーター(オーサムオシレーター)について解説しました。

あまり日本のトレーダーには使用頻度が少ないテクニカル指標ですが、

使い方次第では非常に効果を発揮するテクニカル指標ですので、

もし興味があればぜひ活用してみてください。

FXの自動売買(EA)|短期集中講座はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました